EVENTS

Dec 25,2017. UPDATE

food creation 諏訪綾子さんによる 「taste of INSPIRATION for LEXUS」レセプションパーティー開催

12.19 Tue 19:00 START

2017年12月19日、東京・南青山のINTERSECT BY LEXUSで、12月28日まで開催される企画展「taste of INSPIRATION for LEXUS」のレセプションパーティーを開催しました。

オープンを待つ人々が列を成すほど、多くのゲストが足を運んだこの日のINTERSECT BY LEXUS。「インスピレーションの『種』をあじわう」をテーマにした特別なメニューが並び、会場を訪れた人々は、五感を研ぎ澄ませ、感情に向き合い、インスピレーションに出会うという、AMAZINGで唯一無二な体験を楽しみました。

会場には、今回のテーマに合わせた装いの4人のフードパフォーマーが、この日のためだけの特別メニュー「あじわうインスピレーション」を訪れた人々にサーブ。food creation諏訪綾子さん監修による、ほかでは味わうことができない感覚に訴えかける8種類のフードやドリンクは、見た目も味も繊細かつ刺激的で、まさにインスピレーションの源。

諏訪さんが「訪れたゲストの方々の、感覚神経をイメージしたもの」と語るパフォーマーのコスチュームは、SOMARTAの廣川玉枝さんによる「Skin Series」。「パフォーマーは、あなたの中の感覚神経が研ぎ澄まされて、体外に出てきた姿。そんな自分自身の研ぎ澄まされた感覚神経が、あなたの内面にあるインスピレーションをサーブします。普段私たちは、どこの食材をどう調理したなどの情報であじわっている部分が大きい。目の前にある見たことがないものを食べたいと感じた り、好奇心を強烈に掻き立てられるような、感覚を研ぎ澄ませる体験になれば」と諏訪さんは続けます。

企画展「taste of INSPIRATION for LEXUS」では、12月20日〜28日までの間、taste of INSPIRATIONをテーマにした「インスピレーション・テイスティングバー」がお目見え。1階GARAGEには、中央にフルーツやスパイスといった食材によって彩られた円柱形の空間が現れ、周囲に並んだ「インスピレーションの種」をテイスティング。この空間は、それ自体がアート作品のようでもあります。

30種類のインスピレーションの種は、「都市の中で自然をあじわうことからうまれるインスピレーション」を口にする「フードエクスペリエンス」としてひと粒ずつ試すことができます。口にすることで、自らの感覚が研ぎ澄まされ、感情や気分がシフトする食体験。直感によって選んだひと粒を口にし、じっくりと自分の内面に向き合う行為は、インスピレーションそのものを味わうような新体験。繊細な味を感じ取り、体内にインスピレーションの種が溶け込んでいく過程では、どんなアイデアや感覚が芽吹くでしょうか。

「たとえ食べ慣れているものであっても、植物の種や実、花や葉、根などを『自然のかけら』として、感覚を研ぎすませて、都市の中であじわう。ひと粒食べることで、マインドシフトできる。都市で生活していると、情報が溢れていて、映画や音楽、本やスマートフォン内からの影響を受けることが多いですが、ポケットにしのばせた自然のかけらをあじわうことで、他者からのインスピレーションではなく自分の内側からインスピレーションを立ち上がらせる。そういう体験をしてもらえたら」と諏訪さんは話します。

同期間、会場では、LEXUS の世界観に合わせた「AMAZING」「MINDSHIFT」「VISIONARY」などのテーマでブレンドした 6 種類のインスピレーションの種(3 個セット 1500 円、1 個 500 円)の販売も行っており、会場でのフードエクスペリエンスを買って持ち帰っていただき、日常の中でもその体験をしていただけます。
※売切れ次第、販売を終了させていただきます。

taste of INSPIRATION for LEXUS 展示
場所:INTERSECT BY LEXUS(東京都港区南青山4-21-26)
日程:12月20日(水)〜12月28日(木)
※「フードエクスペリエンス」は12:00〜20:00。それ以外の時間(9:00〜23:00の間)は展示のみ見学可能
https//lexus.jp/brand/intersect/tokyo/garage/taste-of-inspiration-for-lexus-2017.html

food creation主宰・アーティスト 諏訪綾子(すわ あやこ)
石川県生まれ。金沢美術工芸大学卒業後、2006 年よりfood creationの活動を開始、主宰を務める。2008 年に金沢 21 世紀美術館で初の個展「食欲のデザイン展 感覚であじわう感情のテイスト」を開催。たべものを人間の「感情」としてあじわう「感覚であじわう 感情のテイスト」を発表する。現在までに東京・福岡・シンガポール・パリ・香港・台北・ベルリン・バルセロナなど国内外で、パフォーマンス「ゲリラレストラン」やディナーエクスペリエンス「Journey on the table」、フードインスタレーションなどを発表している。2014-15 年には金沢 21 世紀美術館 開館 10 周年記念展覧会「好奇心のあじわい 好奇心のミュージアム」を、東京大学総合研究博物館とともに開催。人間の本能的な欲望、好奇心、進化をテーマにした食の表現を行い、美食でもグルメでもない、栄養源でもエネルギー源でもない、新たな食の価値を提案している。


food creation
「そのコンセプト 胃まで届けます」。
諏訪綾子の理念を基に、特定のコンセプトを「食」で伝える活動が「フードクリエイション」です。国内外で美術館・ギャラリーでの作品展覧会やパフォーマンス、企業や自治体とのコラボレーションを通じて食にまつわる体験のデザイン・表現活動を行っています。フードクリエイションは、食を「感覚的コミュニケーションの素材」と捉え、映像や音楽以上に感覚・感情に訴えることのできる伝達手段として扱い、ゲストや顧客にメッセージを伝えるための状況を創作しています。フードクリエイションの創りだす食は、味覚や外見だけにとどまりません。それを体感するための関係性・状況・ドラマツルギーをも「あじわい」としてつくり出すことで、五感であじわう新たな食の表現方法を探求し続けています。その結果「コンセプトフード」「フードインスタレーション」「フードパフォーマンス」という唯一の表現スタイルを確立してきました。