INTERIOR

  • コンセプト
  • 装備
  • シート
  • ラゲージ
  • インテリアカラー

モダンな感性と TAKUMIの技で 乗る人へ配慮された インテリア。

高度なTAKUMIの技で仕上げたシートの美しさと心地良さは全席に。自動でリフトアップし、乗り降りしやすさをサポートする運転席。“EXECUTIVE”/“EXECUTIVE Advanced Drive”の電動オットマン(後左席)は、フルリクライニング時の角度にまで妥協を許さず座り心地を追求しました。エアブラダー(空気袋)でリフレッシュする機能*は、ドライバーが主体の前席とゲストが主体の後席で、それぞれに最適なメニューをご用意しています。LSは、フラッグシップにふさわしい快適さで、皆さまをおもてなしします。

  • コックピット

  • ドアトリム・ オーナメントパネル

  • 後席空間

高度な縫製技術を 駆使したシート意匠

厳選された高い品質の素材を使用し、高度な縫製技術を駆使したLSのシート。より細かいピッチで手間と時間をかけて縫製し、きめ細かくかつシルキーな肌触りとし、さらに革と革の継ぎ目を滑らかにするため、縫製の前に革を叩き、縫い代を小さくするなど随所にTAKUMIの技が活かされています。“EXECUTIVE”/“EXECUTIVE Advanced Drive”と“version L”/“version L AdvancedDrive”のシートの、コントロールパーフォレーション+キルティング処理は、幾重にも交差するステッチの連続性にこだわり、縫製直前に再度裁断し縫製の精度を高める2次裁断を行うことで高品位な仕上がりとしました。しなやかな曲線の粗密な変化による見応えのあるキルティングのデザインは、刷新されたスピンドルグリルのメッシュパターンから発想した、独創的な表情です。また、シートに施したパーフォレーションは、ベンチレーション機能の役割も兼ね備えています。

"月の道"に見立てた コーディネート

レクサスの中に息づく、日本の美意識に由来したデザイン思想「Time in Design」。時のうつろいや変化の中で、その時々の美しさが感じられる日本ならではの感性に基づく表現です。LSはこの考え方を「月の道」という情景からインスピレーションを得て、アートの領域まで昇華させました。ほのかな月明かりが照らす波の揺らぎは、わずかな光の反射にも豊かな表情を浮かび上がらせ、その周辺にある陰影の存在感も際立たせます。LSは月明かりが映し出す光と影のコントラストを外板色「銀影ラスター」で、刻々と表情を変える波の動きを内装素材「プラチナ箔&西陣®」で見立て、内外装のコーディネートとして表現しました。

  • プラチナ箔

    プラチナ箔は金沢を代表する伝統工芸「金箔」の職人たちの手で作られます。金属の塊を1万分の1~2mmという極限の薄さまで延ばす箔打ちの技術は、加賀百万石の時代から400年にわたり継承されてきました。箔打ちの時にできるシワや光沢が繊細な輝きの違いを生み、それを活かしてマットな質感の奥から輝きが見えてくるように仕上げています。オーナメントパネルに貼り付けていくのは箔貼り専門の職人。輝きの違うプラチナ箔を一枚一枚敷き詰めながら全体で一枚に見えるように貼り付け、夜の波を照らす月を表現しました。

  • 西陣®

    ドアトリム表皮の西陣®は、元禄元年創業の老舗織屋との協業により制作しました。古来、西陣織®には「引き箔」と呼ばれる引き箔糸を使った装飾技法があります。引き箔糸とは和紙に箔を貼り合わせたものを細く割いて平糸状にしたもの。LSの西陣®では銀の引き箔糸を使い、織機で織り上げます。従来、手織りでなく、織機を使うことは至難の業とされてきましたが、平らな糸を捻れずに織り上げる技術を追求することで、LSの内装表現として世界で初めて*西陣織®の量産化を実現しました。銀箔糸が面で輝くことで見せる立体的な表情と色の濃淡が、刻一刻と移ろい揺らめく水面を見立てています。

ドアトリム/ オーナメントパネル/ インサイドドアハンドル

工芸品のような印象のドアトリムには数々のこだわりが溢れています。特徴的な形状のオーナメントパネルは、LSのために独自開発し、素材や意匠もアートの領域へ迫りました。そのオーナメントパネルの流れに沿うように3本のキルティングが波紋のように広がる意匠は、室内にエレガントで心地良い雰囲気を醸成します。インサイドドアハンドルは握りやすさと所作の美しさにこだわり、自然と人の手になじむかたちを追求しました。

12.3インチ ディスプレイオーディオ (コネクティッドナビ対応)Plus

画面に直接触れるタッチ操作ができる12.3インチディスプレイオーディオ(コネクティッドナビ対応)Plusを採用しました。画面にタッチしても指紋が付きにくい素材の採用や、ドライブモードセレクトスイッチ操作時に手が当たらない形状など、細やかな配慮が施されています。使用頻度の高いシートヒーター/シートベンチレーション/ステアリングヒータースイッチは、コンソール上に設定されているほか、画面上での操作も可能です。

TFT液晶式メーター

高精細のCGによる立体的なグラフィックにより、すぐれた視認性を実現するメーター。運転に集中しやすい、単眼レイアウトとしました。

TFTカラーマルチ インフォメーション ディスプレイ

ステアリングスイッチを操作することで、表示コンテンツを切り替えることができます。走行に関するさまざまな情報の表示、ナビ連携情報の表示、オーディオモードの選択や選曲、レーダークルーズコントロールの表示などが行えます。

ドライブモードセレクト

モードスイッチを切り替えることにより、走行シーンやドライバーの気分に合わせてドライビングを楽しむことができます。 <Sport S+> レスポンスにすぐれ、スポーツ走行に対応するモード <Sport S> スポーティな走行に適したモード <Normal> 市街地走行に適したモード <Comfort> 乗り心地を優先したモード <Eco> 環境に配慮したモード <Custom> 嗜好に合わせて設定できるモード

リヤシートリマインダー

後席ドアの開閉でシステムが作動。走行後、車両を停車しイグニッションをOFFにすると、マルチインフォメーションディスプレイに荷物置き忘れ防止の通知メッセージが表示されます。

リヤシートエンターテインメントシステム/ リヤマルチオペレーションパネル

前席・後席のシートポジションに連動して見やすい角度に自動調整する機能で乗員をもてなす、後席用11.6インチディスプレイ(左右)を搭載。Blu-rayディスクプレーヤーやSDカードスロットを備え、モバイル端末に保存した映像や音楽等もMiracast®*1 を介して鑑賞でき、HDMI端子でパソコンなども接続可能です。リヤセンターアームレスト上のリヤマルチオペレーションパネルでは、オーディオをはじめ、エアコン、シート機能、リラクゼーション機能、サンシェードとランプの操作を指先で直感的に行えます。

リヤシートエンターテインメントシステム LS500h “EXECUTIVE”*2 LS500h “EXECUTIVE Advanced Drive”*2 LS500 “EXECUTIVE”*2 リヤマルチオペレーションパネル LS500h “EXECUTIVE” LS500h “EXECUTIVE Advanced Drive” LS500h “version L” LS500h “version L Advanced Drive” LS500 “EXECUTIVE” LS500 “version L”

  • クールボックス

    ラゲージルーム内のリヤエアコンで冷却された冷風を取り入れて保冷します。冷風の調整は、クールボックス内の冷風開閉口で行えます。

    LS500 “EXECUTIVE”

  • スマホホルダー

    フロントセンターコンソールにスマホホルダーを設定。さっと置けて、さっと取り出せる使いやすい位置に配置されています。

  • フロントセンターコンソールボックス/ 後席大型センターコンソールボックス

    フロントセンターコンソールボックスは、スマートフォンなどを置くのに適した中段トレイ付き。左右両開きのリッドにより、運転席側からも助手席側からもアクセスが容易です。後席大型センターコンソールボックスは、10インチのタブレット端末、ティッシュボックス、メガネケースを同時に収納可能*な大容量としました。

電動サンシェード

<設置箇所> リヤドア・リヤクォーター・リヤウインドゥ

リヤウインドゥのサンシェードは、シェードの両端をリヤピラーの内側に入れる機構を採用し、リヤウインドゥ全面をシェードで覆います。リヤクォーターのサンシェードは、リヤドアサンシェードと連動して前後に作動し、後席の快適さとプライバシーを確保します。

リヤウインドゥ 全車 リヤドア・リヤクォーター LS500h “EXECUTIVE” LS500h “EXECUTIVE Advanced Drive” LS500h “version L” LS500h “version L Advanced Drive” LS500 “EXECUTIVE” LS500 “version L”

柔らかな感触のシート (フロント・リヤ)

シートバックとクッションに新開発の低反発ウレタン*を使用。フロントシートでは、表皮とクッションパッドの縫い合わせ位置も深くしました。これにより表皮がたわみやすくなり、体圧が分散することで、柔らかな感触と、走行時の振動吸収性を確保します。低反発ウレタンは通気性を備えており、季節を通して快適な座り心地を保ちます。 また、ドアアームレストとフロントセンターコンソールにも低反発ウレタンを使用し、体が触れる部位の感触を統一したインテリアとしています。

さらなる柔らかさを実現した L-ANILINE本革シート

柔らかさと自然な風合いと耐久性を併せ持つ最高級本革です。厳選されたわずか1%の原皮を、時間を惜しむことなく丹念になめし、最大限の柔らかさを出すための特殊工程を経てレクサス独自の触感が生まれます。肌に吸い付くような柔らかさは、セミアニリン本革を凌ぎ、極上のひとときをご提供します。

LS500h “EXECUTIVE” LS500h “EXECUTIVE Advanced Drive” LS500 “EXECUTIVE”

日本古来の美学から発想した アンビエントイルミネーション

日本が古来育んできた光の演出を洗練させたスタイリッシュなイルミネーション。光源を低い位置にしつらえた柔らかな光は、空間に奥ゆきと広がりをあたえ、繊細なステッチを施したアームレストやシートの豊かな表情を引き立てます。

22Way調整式 リヤパワーシート*1/ 電動オットマン/ プリセットポジション

<22Way調整式リヤパワーシート*1 > ペルビックサポート機能付電動ランバーサポート <電動オットマン> 伸縮機構付/後左席 <プリセットポジション> 後左席

ランバー前後上下、腰後部 、ショルダーの調整を行うニューマチック (空気式) システムとモーターを併用し、シート全体で細やかな調整を実現しました。シートの角度調整は、乗り降りしやすい乗降モードから深いリクライニングまで対応。また助手席シートスライドにより、最大約1,020mmのゆとりあるレッグスペースを確保します。後左席の電動オットマンは、体格が大きい乗員にもゆったりとした座り心地を提供する長さまで伸びるようにしました。後左席にはプリセットポジションも設定。ビジネスモードは通常位置。エンターテインモード (リヤシートエンターテインメントシステム装着車)*2は、映像をゆったりとお楽しみいただけるよう、レッグスペースを最大限広げ、後席用ディスプレイと背もたれを最適な角度に調整します。さらに、助手席ヘッドレストを倒すことにより、視界を広げ、開放感を演出します。リラックスモードは、最大限リラックスした姿勢でお休みいただけるよう、助手席と後左席をさらに前後に倒します。フラッグシップセダンならではの上質なくつろぎをご堪能ください。

LS500h “EXECUTIVE” LS500h “EXECUTIVE Advanced Drive” LS500 “EXECUTIVE”

28Way調整式 フロントパワーシート (マルチサポートシステム・ポジションメモリー付)

ドライビング中の身体への負担が軽くなると、より楽しく操縦でき、より疲れが軽減します。ニューマチック (空気式) システムは、後席同様のサポートに加え、前席ではさらにバックサイド、ヒップ、クッションサイドとより厚いサポートを行います。ショルダーサポートは、肩甲骨を支えることでステアリング操作のしやすさに寄与。また、旋回中でも上体がサポートされるので、車両との一体感を得ることができます。ヒップサポートは身体とシートの隙間ができやすい尻後方をサポートし、減速中や旋回中でも骨盤を安定させ、姿勢保持に寄与します。クッションサイドサポートはクッション左右の土手部を立ち上げ、高いホールド性を確保することで、旋回時の操縦安定性に寄与します。アグレッシブなドライビングや、長時間の運転の時などで、ドライバーの身体を多角的にサポートします。

LS500h “EXECUTIVE” LS500h “EXECUTIVE Advanced Drive” LS500h “version L” LS500h “version L Advanced Drive” LS500h “F SPORT” LS500 “EXECUTIVE” LS500 “version L” LS500 “F SPORT”

パワーイージーアクセスシステム*1/ 電子制御エアサスペンション (乗降モード付)&AVS/ 運転席・助手席イージーアクセスバックル*2

<パワーイージーアクセスシステム*1> 運転席オートスライドアウェイ・オートリフトアップ・リターンメモリー/運転席・助手席クッションサイドアウェイ機能付

乗り降りする瞬間にも、行き届いた気遣いに感動するクルマこそが真のラグジュアリーセダン。パワーイージーアクセスシステムに、運転席オートスライドアウェイ・リターン機能に加え、運転席オートリフトアップ機能と運転席・助手席クッションサイドアウェイ機能を採用しました。運転席オートリフトアップ機能は、降車時にシートを上昇させて足腰への負担を軽減し、乗車後はシートを下降させて元のシートポジションに戻します。運転席・助手席クッションサイドアウェイ機能は、ドア側のクッションサイドサポートを開くことで乗車時の腿への当たりを緩和します。また、電子制御エアサスペンションの乗降モードは、乗降時に車高を最大20mm上昇させ、乗り降りしやすい高さに自動調整します。運転席・助手席イージーアクセスバックルは、ドアを開けるとシートベルトバックルが上昇し、乗員が着座しシートベルトを締めるとバックルが下降する、シートベルトの使用をよりスムーズにする機能です。

  • フロント リフレッシュシート

    前席のシートバックおよびシートクッション内のエアブラダー (空気袋) を膨張させることで、乗員の背中から大腿部までを押圧し、心身のリフレッシュに寄与します。全身 (求心〈末端から心臓へ〉、遠心〈心臓から末端へ〉) と部位別 (上半身、下半身、腰) の全5コースからお好みに応じてお選びいただけます。

    LS500h “EXECUTIVE” LS500h “EXECUTIVE Advanced Drive” LS500h “version L” LS500h “version L Advanced Drive” LS500 “EXECUTIVE” LS500 “version L”

  • 温感リラクゼーション機能 (後左右席)

    温感リラクゼーション機能は、シートバックおよびシートクッション内のエアブラダー (空気袋) を膨張させることで、乗員の背中から大腿部までを押圧し、心身のリフレッシュに寄与します。また、肩部の最上段と腰部の下から2段目の2カ所に専用ヒーターを設置し、温める時間と冷ます時間を繰り返す温度のマネージメントを行い、リラクゼーションに寄与します。全身 (リフレッシュ、ストレッチ、シンプル) と部位別 (上半身、下半身、肩、腰) の計7コースから、お好みのリラクゼーションをお選びいただけます。

    LS500h “EXECUTIVE” LS500h “EXECUTIVE Advanced Drive” LS500 “EXECUTIVE”

ハンズフリーパワー トランクリッド (挟み込み防止機能付)

両手が荷物でふさがっている時でも、キーを携帯している状態であれば、リヤバンパーの下に足を出し入れすることでトランクリッドの自動開閉が行えます。

LS500h “EXECUTIVE” LS500h “EXECUTIVE Advanced Drive” LS500h “version L” LS500h “version L Advanced Drive” LS500h “F SPORT” LS500 “EXECUTIVE” LS500 “version L” LS500 “F SPORT”

ラゲージルーム

LS500hでは容量430L*1 (LS500は480L*1) を確保。全車、9.5インチのゴルフバッグを4個*2収納できます。また、LS500h“EXECUTIVE Advanced Drive”/“version L Advanced Drive”は容量337L*1を確保し、9.5インチのゴルフバッグを3個*2収納できます。

  • インテリアカラー バリエーション

    ホワイト

    LS500h “version L” LS500h “version L Advanced Drive” LS500 “version L”

  • クリムゾン&ブラック*

  • オーカー*

    LS500h “EXECUTIVE” LS500h “EXECUTIVE Advanced Drive” LS500 “EXECUTIVE”

  • ヘーゼル

  • シャトー*

  • ブラック*

  • “F SPORT”専用ブラック&ホワイトグレー*

  • “F SPORT”専用フレアレッド*

  • “F SPORT”専用ホワイト*

  • オーナメントパネル

    プラチナ箔

    1万分の1~2mmという極限の薄さまで丹念に延ばす箔打ちの技術で作られたプラチナ箔を精緻に貼り合わせました。同じ表情が一枚としてない、繊細な光沢が特徴です。

    LS500h “EXECUTIVE” LS500h “EXECUTIVE Advanced Drive” LS500 “EXECUTIVE”

  • 切子調カットガラス

    切子職人とともに、さまざまな光で表情を変える美しいカットを追求。飛散防止加工を施すことで、車内オーナメントとして実現させました。

    LS500h “EXECUTIVE” LS500h “EXECUTIVE Advanced Drive” LS500 “EXECUTIVE”

  • アッシュ (オープンフィニッシュ/墨ブラック)

    はっきりとした強い木目が特徴のアッシュバールを墨で染色。杢本来の風合いで重厚感と気品を演出します。

  • レーザーカットスペシャル (ブラック)

    天然杢の自然な表情に、最新レーザーカット技術で刻んだ美しい金属線。一見相反する二つの要素を融合することで、エッジの効いた先進感を創出します。

    LS500h “version L” LS500h “version L Advanced Drive” LS500 “version L”

  • アートウッド (オーガニック)

    薄くスライスした杢目の積層をさらに薄くスライスした素材を自由に組み合わせ、独創的な柄・色を創造しました。

    LS500h “version L” LS500h “version L Advanced Drive” LS500h “I package” LS500 “version L” LS500 “I package”

  • アートウッド (ヘリンボーン)

    楽器の装飾に使用される寄木細工を応用。天然杢を職人が一つひとつ手で寄木しています。Lパターンがひそかに隠れている、繊細なレクサス独自の柄を創出しました。

    LS500h “version L” LS500h “version L Advanced Drive” LS500h “I package” LS500 “version L” LS500 “I package”

  • ウォールナット (オープンフィニッシュ/ダークブラウン)

  • 本アルミ (名栗調仕上げ/シルバー)*

  • サペリ (ブラック)

LSのご留意事項・補足事項について
Photo:LS500h “EXECUTIVE”。ボディカラーはグラファイトブラックガラスフレーク〈223〉。インテリアカラーはオーカー。L-ANILINE本革シート(運転席・助手席・後左右席シートヒーター&ベンチレーション機能付)はメーカーオプション。 Photo:LS500h “EXECUTIVE”。ボディカラーはグラファイトブラックガラスフレーク〈223〉。インテリアカラーはオーカー。L-ANILINE本革シート(運転席・助手席・後左右席シートヒーター&ベンチレーション機能付)はメーカーオプション。 Photo:LS500h “EXECUTIVE”。ボディカラーはグラファイトブラックガラスフレーク〈223〉。インテリアカラーはオーカー。L-ANILINE本革シート(運転席・助手席・後左右席シートヒーター&ベンチレーション機能付)はメーカーオプション。 前席のフロントリフレッシュシートは“EXECUTIVE”/“EXECUTIVE Advanced Drive”、“version L”/“version L Advanced Drive”に標準装備。後席の温感リラクゼーション機能(後左右席)は“EXECUTIVE”/“EXECUTIVE Advanced Drive”に標準装備。 Photo:LS500h “EXECUTIVE”。ボディカラーはグラファイトブラックガラスフレーク〈223〉。インテリアカラーはオーカー。L-ANILINE本革シート(運転席・助手席・後左右席シートヒーター&ベンチレーション機能付)はメーカーオプション。 2020年11月時点。トヨタ自動車(株)調べ。 LS500h “EXECUTIVE Advanced Drive”/“version L Advanced Drive”はAdvanced Drive専用12.3インチTFT液晶式メーターとなります。詳しくは主要装備一覧をご覧ください。 LS500h “F SPORT”、LS500 “F SPORT”は“F SPORT”専用TFT液晶式メーターとなります。詳しくは主要装備一覧をご覧ください。 後席ドアの開閉により荷物を積載したと判断します。使用方法によっては、後席に荷物が積載されていても、システムが作動しない場合があります。 後席ドアを開いて短時間で再びドアを閉じると、システムが作動しない場合があります。 後席ドアの開閉後、一定時間経過してエンジンON (ハイブリッドシステムON) にした場合、システムが作動しない場合があります。 置き忘れ防止の通知メッセージが一度表示された時点でシステムは終了されます。その後、再び後席ドアが開閉されない限り、後席に荷物を積載したままでも、通知メッセージは表示されません。 Photo:Advanced Drive搭載車。 1. Wi-Fi ®を使用し、モバイル端末に保存された映像や音楽等を車内ディスプレイで再生できます。モバイル端末がMiracast®に対応していることを必ずご確認ください。 2. リヤシートエンターテインメントシステムは非装着も選択できます Photo:LS500h "EXECUTIVE" タブレット端末、ティッシュボックス、メガネケースの形状・大きさにより収納できない場合があります。 低反発ウレタンは“EXECUTIVE”/“EXECUTIVE Advanced Drive”、“version L”/“version L Advanced Drive”に採用。ただし、“version L”/“version L Advanced Drive”のリヤシートバックは除きます。 Photo:LS500h “EXECUTIVE”。ボディカラーはグラファイトブラックガラスフレーク〈223〉。インテリアカラーはオーカー。L-ANILINE本革シート(運転席・助手席・後左右席シートヒーター&ベンチレーション機能付)はメーカーオプション。 1. 後左席は22Way、後右席は16Wayとなります。 2. エンターテインモード (リヤシートエンターテインメントシステム非装着車) は、レッグスペースとヘッドレストの設定が異なります。 1.運転席オートリフトアップ機能を作動させるためには、設定変更を行う必要があります。 2.運転席では、降車時にシートベルトを締めたままイグニッションOFF でバックルが上昇し、シートベルトを外すとバックルが下降します。 1.運転席オートリフトアップ機能を作動させるためには、設定変更を行う必要があります。 2.運転席では、降車時にシートベルトを締めたままイグニッションOFF でバックルが上昇し、シートベルトを外すとバックルが下降します。 写真はLS500h"EXECUTIVE"。 リヤエアコン付きの車両はLS500h“EXECUTIVE”が400L、LS500“EXECUTIVE”が440Lとなります。 1. 容量はVDA方式。 2. 9.5インチ口径のゴルフバッグに47インチドライバーを入れて搭載。クラブの長さやゴルフバッグの形状・大きさにより収納できない場合があります。 Photo:LS500h “EXECUTIVE”。 Photo:LS500h “EXECUTIVE”。 “EXECUTIVE”/“EXECUTIVE Advanced Drive”専用色。 Photo:LS500h “EXECUTIVE”。 “EXECUTIVE”/“EXECUTIVE Advanced Drive”専用色。 Photo: LS500h “EXECUTIVE。 Photo:LS500h “version L”。 “EXECUTIVE”/“EXECUTIVE Advanced Drive”は選択できません。 Photo:LS500h “I package”。 Photo:LS500h “F SPORT”。 “F SPORT”専用色。 Photo:LS500h “F SPORT”。 “F SPORT”専用色。 Photo:LS500h “F SPORT”。 “F SPORT”専用色。 “F SPORT”専用。