INTERIOR

  • インテリア
  • インテリアカラー
  • Convertible インテリア
  • Convertible インテリアカラー
  • 装備
  • ラゲージ

操作の所作まで美しく 設計されたインテリア

人が機械に合わせるのではなく、人の気持ちに寄り添う配慮を徹底し、クルマとの対話をより楽しむことができるコックピット。ドライビングポジションは、ヒップポイントとヒールポイントの高低差の少ないスポーティな姿勢を基準に、ホールド性の高いシート、操舵角を認識しやすいステアリング傾角、自然なペダルワークを促すペダル踏面角を検証。クルマに思い通りの入力を与えられる、スムーズで正確な操作性を追求しました。さらに、シートに座るとまずステアリングとメーターが目に入るように設計し、走りへの気持ちが自然と高まるようにしました。操作系では、レイアウト、操作感、素材の手触りまで追求し、一連の操作が心地良く感じられ、無意識に所作が美しく見えるように綿密に造り込みをおこなっています。

  • コックピット

  • センターコンソール

  • ドアトリム

  • アルミ製スポーツペダル&フットレスト

ステアリングホイール

ドライバーの意志をクルマに伝えるステアリングホイールは、人の感性を重視し、走行性能開発を担当するTAKUMIドライバーが走り込みを重ねて開発しました。操舵角が掴みやすいステアリング傾角、握る位置に合わせて最適化したグリップ形状を造り込み、手のひらのフィット感にも着目。握る際にできる手のひらの窪みとホイール形状がフィットする、心地良いグリップ感を感じていただけます。また、マグネシウム素材を採用したパドルシフトは、ステアリングを握る手を持ち替えることなくシフトチェンジが可能な形状に設計しています。

  • シフトノブ

    無垢の金属を革で包み込むという、LCのインテリアイメージのもとにデザインしたシフトノブ。手を触れた時にも本革らしい質感の良さが伝わるように、縫製には生地の表に糸を見せないインステッチという手法を採用しています。またデザイン開発にはTAKUMIドライバーも加わり、手のひらのフィット感、運転中の操作性まで追求。確かな操作感が味わえるショートストロークのシフトレバーです。

  • 表皮巻き

    本革やアルカンターラ®等の表皮で室内の細部まで巻き込んだインテリア。金属素材とのコントラストが際立ち、深みのあるエレガンスを醸し出します。表皮巻きやステッチはすべて職人の手作業により行われ、端末の処理も美しく仕上げられています。室内を覆う表皮は、部位ごとに最適なテンションで張り込む細心の手作業によって、革独自の風合いを均一に整えています。

  • L字レリーフ

    レクサスのイニシャルをかたどったL字パターン。精緻なレリーフ技術を駆使して、助手席側インストルメントパネル、アナログクロック、ステアリングホイール、そしてドライブモードセレクトスイッチや、オーディオ・エアコンレジスターのダイヤルなどの各所に施しています。

  • アナログクロック(GPS時刻補正機能付)

    文字盤にはレクサスのイニシャルであるL字パターンのレリーフ装飾を施しました。運転席から見た時に目盛りと指針が合うよう、目盛りを立体にしています。

  • インサイドドアハンドル

    ロックボタンのないシンプルな構造で、自然に手に馴染む曲線を追求。ドアハンドル操作でアンロックが行え、ロック時はグリーンの照明が点灯します。

アンビエントイルミネーション

ドアトリムを彩る、ドレープ形状のオーナメント。夜間には、トリム上端のメッキモールに沿って光るアンビエントイルミネーションがドレープに陰影を生み出し、昼間の表情とは異なる、エレガントな雰囲気を醸し出します。アンビエントイルミネーションの繊細な光は、細いメッキモール裏側に設置可能な細径の光源ユニットにより実現しました。助手席側インストルメントパネルにもイルミネーションを設置し、パネルに刻印されたL字のレリーフを美しく浮き上がらせます。

  • インテリアカラー バリエーション

    オーカー*

  • ブラック

  • フレアレッド

  • ブラック&オレンジ*

    LC500h LC500 LC500h “L package” LC500 “L package”

「インテリアもエクステリアである」 と考えたコンバーチブルインテリア

「インテリアもエクステリアである」というコンセプトのもとにコンバーチブルの内装をデザイン。シート肩口の金属と革を調和させたベルトガイド、ヘッドレストのブランドをさりげなく主張するLマークのエンボス、そしてシート背面のウォークインレバーに施した金属調の縁取りなど、コンバーチブルならではのディテールを作り込んでいます。また、インテリアカラーと同色にした室内天井、フロントピラー、ドアトリムが、ルーフクローズ時には室内を統一感あるラグジュアリーさで包み込み、ルーフオープン時にはアクセントカラーとなってインテリアの非日常感を引き立たせます。ルーフを開いても閉じても、どんなシーンにおいても、人の目を惹きつける。これがLC500 Convertibleの目指したインテリアデザインです。

ベルトガイド

コンバーチブルのベルトガイドでは、金属の塊から削り出したような造形で剛性感を表現。また、革ベルトとのコンビネーションにより、オープン時でも見応えのある質感です。

LC500 Convertible

ウインドディフレクター

主に60km/hまでの街乗りシーンで快適性に貢献。車内への巻き込み風を後席の下方向へコントロールし、乗員の顔まわりに来る風を約20%低減 (60km/h走行時) します。

LC500 Convertible

ウインドスクリーン

主に高速走行シーンで快適性に貢献。車内への巻き込み風を抑制し、乗員の顔まわりに来る風を約70%低減 (100km/h走行時) します。また、後方視認性や風切音にも配慮したメッシュパターンを採用しています。

LC500 Convertible

  • Convertible インテリアカラー バリエーション

    オーカー*

  • ブラック

  • フレアレッド

  • ブルー&ホワイト*

TFT液晶式メーター

分かりやすさと美しさを兼ね備えたモーショングラフィックスによる、先進のインターフェース。情報の優先度に沿って、限られた表示エリア内で重要な情報を瞬時に認識できる多様な機能を搭載しています。例えば、パドルシフト操作時のシフトポジション拡大表示機能、選択したドライブモードごとにメーター表示を切り替える機能、メーターリングが瞬時にスライドして詳細な情報を表示するマルチインフォメーションディスプレイ。その時々に応じた必要な情報を最適なデザインで提供します。またLC500 Convertibleでは、光の反射を抑えるARコートを液晶に追加。ルーフオープン時にもすぐれた視認性を確保しています。

カラーヘッドアップディスプレイ

運転に必要な情報をウインドシールドガラスの視野内に投影します。車速、レーン表示のほかに簡易ナビゲーションなど、さまざまな情報をエンジンフードの上部にあるかのような距離感でワイドに表示。内容に応じてアイコンの重要なパートをカラーで表示することで、情報を瞬時に分かりやすく認識することができます。

全車

10.3インチワイドディスプレイ

見やすく、使いやすいインターフェースデザインにより、スムーズな操作が可能です。画面左側に設定した「サブメニュー」では、メニュー内の各種機能を切り替えることができます。 「Miracast™」 Wi-Fiを使って、モバイル端末の画面を車内のディスプレイに表示します。お気に入りの映画、音楽、スポーツなど、さまざまなコンテンツを10.3インチのワイド画面で楽しむことができます。

リモートタッチ (タッチパッド式)

ピンチイン・ピンチアウトによる地図の縮小・拡大など、10.3インチワイドディスプレイのリモート操作を指先で行えます。タッチパッドの前後には 「」(戻る) ボタンと、マルチメディアや空調など各メニュー内で機能を切り替えられる「サブファンクションスイッチ」を設定しています。

フロントシート

ドライバーのパフォーマンスを引き出すためにシートに求めた性能。それは、高い旋回Gに耐えるシート剛性、すぐれたホールド性と快適な座り心地です。その実現のために、骨盤がしっくりと収まり、着座圧力を最適に分散した凹形状のシートクッションを開発しました。アルカンターラ®/セミアニリン本革スポーツシート*1は、ホールド性を高めた専用サイドサポート、および表皮一体発泡工法によるすぐれたフィット感のクッションによって、サーキット走行の高Gコーナリングでより安定した運転姿勢を確保します。またセミアニリン本革シート*2は、サイドパーツにメインパーツを被せたレイヤー構造を採用し、先進的な造形美を表現しています。さらにLC500 Convertible専用のセミアニリン本革シート*3には、着座時に体が沈み込むたわみ代を拡大することでクッション性に余裕を持たせた深吊り構造を採用。路面から伝わる振動を軽減し、快適な乗心地を実現しています。

  • パワーイージーアクセスシステム (運転席オートスライドアウェイ&リターンメモリー機能付)

    乗降時に運転席とステアリングが自動的にスライドし、スムーズな乗り降りをサポートします。

  • ワンタッチウォークインシート

    フロントシートのショルダー部に設置したレバーでシートバックを前倒しすると、連動してシートのスライド・リフトの各機能を制御し、自動で乗り込みやすい位置まで移動。シートバックを起こすことで、元のポジションに自動復帰するメモリー付です。なおコンバーチブルでは、レバーに専用デザインを採用。縁取りに金属調処理を施すことで、力強さと上質な印象を演出しています。

ラゲージルーム

<LC500h> 容量約172L <LC500> 容量約197L <LC500 Convertible> 容量約149L

LCのご留意事項・補足事項について
LC500 “S package”。インテリアカラーはオーカー。ボディカラーのラディアントレッドコントラストレイヤリング〈3T5〉、カラーヘッドアップディスプレイ、“マークレビンソン”リファレンスサラウンドサウンドシステムはメーカーオプション。 LC500 “S package”。インテリアカラーはオーカー。ボディカラーのラディアントレッドコントラストレイヤリング〈3T5〉、カラーヘッドアップディスプレイ、“マークレビンソン”リファレンスサラウンドサウンドシステムはメーカーオプション。 Photo:LC500h “L package”。 インテリアカラーでオーカーを選択した場合、メーターフードはアルカンターラ®となります。 Photo:LC500h “L package” Photo:LC500h “L package” Photo:LC500h “L package” インテリアカラーでブラック&オレンジを選択した場合、ルーフ/サンバイザー/ピラー・ルーフサイドガーニッシュ/パッケージトレイはアルカンターラ®となります。 Photo:LC500 Convertible。 Photo:LC500 Convertible。インテリアカラーはオーカー。 ウインドスクリーン装着時は2名乗車となります。 フロントシートを後方に倒しても干渉しない位置に設置しています。 ウインドスクリーンを装着したままでもルーフは開閉可能です。 Photo:LC500 Convertible。 インテリアカラーでオーカーを選択した場合、メーターフードはアルカンターラ®となります。 Photo:LC500 Convertible。 Photo:LC500 Convertible。 Photo:LC500 Convertible。 インテリアカラーでブルー&ホワイトを選択した場合、カラーヘッドアップディスプレイが同時装着となり、メーカーオプション価格が別途加算されます。 サングラス (特に偏光サングラス) をかけた際に、カラーヘッドアップディスプレイが見えづらくなる場合があります。 モバイル端末が「Miracast™」に対応していることを必ずご確認ください。走行中は安全のため画像が消え、音声のみとなります。 1.LC500h “S package”/LC500h、LC500 “S package”/LC500に標準装備。 2.LC500h “L package”、LC500 “L package”に標準装備。 3.LC500 Convertibleに標準装備。 写真はLC500 Convertible。 容量はVDA方式で測定。 Photo:LC500h。