DRIVING

  • コンセプト
  • LC500h
  • LC500
  • プラットフォーム
  • サスペンション
  • その他の走行性能

より鋭く、より優雅に

ステアリングを切るときも、コーナーを旋回するときも。ドライバーの意志にクルマが鋭い切れ味で応えながら、優雅に振る舞うLC。その力強い駆動力で、気持ちを高めるエンジンサウンドで、ときに風が頬を撫でるオープンドライブで、走りの楽しさを加速させます。

LC500hパワートレイン

レクサスはハイブリッドの先駆者として、そのポテンシャルを高めることが使命であるとの想いを持って開発したハイブリッドシステムを、LC500hに搭載しました。V6エンジンと2基のモーターから構成されるレクサス・ハイブリッド・システムに変速機構を直列に配置したマルチステージハイブリッドシステム。ワイドレンジのエンジン使用領域を活かして、発進加速時はもとより、あらゆる車速域からのアクセル操作にもダイレクトかつ応答性の良い駆動力を発揮します。特に低開度から中開度領域では、ドライバーの加速要求をより忠実に実現できるようにモーターからも存分にトルクをアシスト。ひとたびアクセルを踏み込めば、ドライバーの意図に即応したダイナミックな加速を生み出します。また高速走行時は、エンジン回転数を低く抑え、低燃費で静かな走りを可能にしました。

  • V6 3.5Lエンジン

    LC500hには、伸びのある加速フィーリングを磨き上げた自然吸気V6エンジンを搭載しました。各種パーツの軽量化により、最高出力回転数6,600r.p.m.を達成。さらに、吸排気バルブの開閉タイミングを最適に制御するDual VVT-iや、筒内直噴と吸気ポート噴射の2つのインジェクターを持ち、高い燃焼効率を可能にするD-4Sを採用。全域にわたり高トルクを発揮し、アグレッシブなスポーツ走行を楽しむことができます。

  • 10段変速制御

    ワイドレンジで使用できるようになったシステムを10段ギヤ比に従って、車速に対しリニアに上昇する制御を採用。10速ATと同様の走行フィーリングを実現しました。適切なタイミングで変速することにより、走りにリズムを生み出します。

  • DMI制御

    DMI制御はドライバーの運転意図を読み取り、最適なギヤ段を選択する先進のシフト制御です。ワインディング走行では、ギヤ段をロー側へ変速、あるいはブレーキング時に最大2速まで積極的にダウンシフト。コーナーの立ち上がりで、より鋭くスムーズな加速を実現します。また、アグレッシブなスポーツ走行では、バッテリーからの出力アシストを行い、トルク感溢れる走りを引き出します。

  • 燃料消費率

    燃料消費率(国土交通省審査値) LC500h 14.4km/L(WLTCモード) 11.4km/L(市街地モード) 14.6km/L(郊外モード) 16.0km/L(高速道路モード) 15.6km/L(JC08モード)

LC500パワートレイン

LC500には、伸び感とレスポンスが際立つV8 5.0Lエンジンと、切れの良い変速のDirect Shift-10ATを搭載。心地よい加速と走りのリズム、官能のエンジンサウンドがLCらしい走りを生み出しています。

  • V8 5.0Lエンジン

    どこまでも加速していくような気持ちの良い伸び感。自然吸気ならではのレスポンス。LC500に搭載したエンジンユニットは、チタン製吸排気バルブや鍛造クランクシャフトなどの軽量化により、トップエンドまで気持ち良く伸び続けるトルク感とレスポンスを際立たせました。特に日常の走行シーンにおいて、LCのポテンシャルを体感できるようチューニング。また、吸気系のデュアルインテーク化による吸気圧損の低減と、排気切替バルブによる背圧の低減により、エンジン性能を向上しています。

  • Direct Shift-10AT

    乗用車モデル世界初*となる10速オートマチックトランスミッション「Direct Shift-10AT」。高効率・小型・軽量という基本性能向上に加え、クルマの走りと調和した心地良い変速のリズムと、大排気量V8エンジンの特性を活かした気持ち良い走りを目指して開発しました。アクセル操作に即応するダイレクト感とスムーズな発進を両立するトルクコンバーター式ATを採用。発進時を除くほぼ全域でロックアップを作動させ、MT車のようなダイレクトな動力伝達を実現しています。10速化と世界最速レベル*の変速が作り出す走りのリズムに加えて、ドライバー意図を読み取って最適なギヤ段を選択する変速制御により、思いのままの気持ち良い走りを楽しむことができます。また、10速のハイギヤ化によりエンジン回転数を低く抑え、低燃費で静かな高速クルージングを実現しています。

  • V8エンジンサウンド

    「天使の咆哮」と呼ばれるLFAのサウンドデザインを継承し、エンジン回転数に呼応して3つの周波数の音を際立たせたサウンドを追求。高周波の突き抜けるようなサウンドを奏でます。この高周波サウンドの一部はサウンドジェネレーターで発生させ、インテークホースを介して車内に取り込み、澄み渡る高周波音のハーモニーをエンジンサウンドに付加しています。また、エキゾーストシステムは排気管の共鳴構造を最適化して躍動感を演出。さらにマフラーバルブの開閉により、加速シーンに合わせてサウンドをコントロールします。 エンジン回転が高回転になるまでは後方からのエキゾーストサウンドにより加速の押し出し感を、エンジン回転が高回転域に達すると前方からのインテークサウンドにより加速の伸び感を演出。走りと一体化した、コンサートホールのような広がりを感じるサウンドがドライビングプレジャーをさらに高めます。

  • 燃料消費率

    燃料消費率(国土交通省審査値) LC500(クーペ) 8.4km/L(WLTCモード) 5.0km/L(市街地モード) 8.9km/L(郊外モード) 11.2km/L(高速道路モード) LC500(コンバーチブル) 8.0km/L(WLTCモード) 4.7km/L(市街地モード) 8.5km/L(郊外モード) 10.9km/L(高速道路モード)

フロントミッドシップレイアウト

「鋭く優雅」な走りの実現のためにFRプラットフォームを開発し、慣性諸元を突き詰めました。慣性諸元とは、重量物の配置により決まる重量配分や慣性モーメントのことで、車両の運動性能を向上させる重要なファクター。LCはその基本となるパッケージにフロントミッドシップレイアウトを採用し、タイヤの四隅配置、前後ショートオーバーハング、補機バッテリーのラゲージルーム配置など、重量配分と慣性モーメントを最適化しました。旋回時や減速・加速時において、自然で滑らかな車両挙動を実現しています。

低い重心高

クルマは重心が低いほど旋回時に発生するロールが小さくなり、姿勢変化に無駄のないスムーズなコーナリングが可能になります。LCは低重心化を図り、フロントミッドシップレイアウトの採用に加えて、エンジンユニットの低配置によりフロントフード、カウル、ルーフそれぞれの高さを低減して車両全高をローダウン。さらに、アッパーボディに軽量化素材のCFRPやアルミニウムを使用したほか、ドライバーのヒップポイントを車両重心高よりも低い位置に設定。低重心パッケージを徹底して追求し、すぐれた操縦安定性を生み出しています。

ドライビングポジション

低配置化に加えて、車両の前後重心点とドライバーのヒップポイントの距離を近づけた「近接配置」としました。ドライバーとクルマの旋回中心がほぼ一致することで、クルマとの一体感を味わうことができます。このように慣性諸元を徹底して突き詰めたパッケージにより、減速・旋回・加速といったコーナーを走り抜けていく一連の動きにおいて、操作に対する応答性の良さと、スムーズで穏やかな姿勢変化を実現。ドライバーとクルマが一体となり、リズミカルなドライビングを楽しむことができます。

コンバーチブル専用 パッケージ

クーペに対してリヤヒップポイントを前出しするとともに、ハイブリッドモデルでバッテリーを搭載しているエリアにソフトトップルーフを格納することで、クーペハイブリッドモデルと同レベルな使い勝手のラゲージスペースを確保。サイドシルエットの美しさとラゲージスペースの確保を両立させています。

高剛性ボディ

世界トップレベル*の高剛性を実現しながら、旋回時に車体がスムーズにねじれる特性を備えたボディを開発し、操舵時の軽快なボディ追従性、質感の高い乗り心地を実現したクーペ。コーナリングにおいて、ドライバーのステアリング操作にクルマが素直に応える走りを生み出すためには、4輪の接地感がステアリングにしっかりと伝わることが重要です。そのために、ねじりを加えたフレームの変曲点を最小化し、フレーム全体のねじり特性を均一化。連続するコーナーで4輪がつねに路面をグリップすることに貢献します。このリニアなねじり特性により、ドライバーは車両挙動を予測しやすくなり、ワインディングやサーキットにおいて、先を読みながらアクセルを踏み込むことが可能となります。アクセルワークでクルマをコントロールするFRならではの走りを一層楽しむことができます。

軽量ボディ

クーペのボディは、高剛性化のみならず、素材のマルチマテリアル化により軽量化も両立しました。アンダーボディなど変形に対する強度が求められる骨格にはスチールを使い、高剛性化。車両重心点から遠いルーフにはCFRP*1、ドアにCFRPとアルミニウムを使用して軽量化を図り、慣性諸元を向上しています。中でもサイドドアは、インナーパネルにCFRP (C-SMC)、アウターパネルにアルミニウムを使用した世界初*2の構造。レクサスが培ったCFRPテクノロジーを継承し、成形のしやすさを特性に持つC-SMCを採用することで、複雑形状のドアパネルへの展開を実現しました。またフロントサスペンションタワーにはアルミダイキャストを採用し、スチール素材に対して大幅な軽量化と剛性向上を両立。ステアリングサポートの材質に高剛性のアルミダイキャストを採用することで、すぐれた操縦安定性を確保しました。

LC500h “S package” LC500h LC500 “S package” LC500

コンバーチブル専用高剛性・軽量ボディ

コンバーチブルは、クーペをベースに高剛性かつ軽量な専用ボディを開発しました。 剛性に関しては、まずコンバーチブル特有のボディのねじれに対する変形を解析。それをもとに、ボディ接着剤の延長、スポット溶接打点増加をはじめ、ガセットやトーションボックス、リヤサスペンションタワーブレース、床下ブレースといった局部変形に対する最適なアイテムを追加することで、変形に偏りのないしなやかなボディを実現。すぐれた操縦安定性と素直な車両応答性を確保しました。またクーペ同様、素材のマルチマテリアル化によってボディを軽量化。特にルーフにおいては、軽さを持ち味とするソフトトップの採用と、マグネシウムやアルミニウムといった軽量金属を使用した構造部材によって軽量化を実現。さらにルーフ格納部を覆うトノカバーにもアルミニウムを採用するなど、積極的に軽量素材を使っています。

マルチリンクサスペンション

ドライバーの操作や路面からの入力に対し、より微細に動きを制御できるフロントダブルボールジョイント式マルチリンクサスペンションを採用。各アームの配置を最適化することで、ステアリングの切り始めから手応えのある、リニアなステアリングフィールを実現しました。また、旋回時の横力に対する高い剛性を確保し、微小な操舵入力からすぐれた応答性を発揮します。リヤサスペンションは、アームの最適配置とフリクションの低減により、高いスタビリティと上質な乗り心地を生み出します。アブソーバーでは、減衰力特性の幅を拡大し、快適な乗り心地と高い操縦安定性能を両立しました。また、フロント・リヤともに各部品の材質や構造などを徹底して検証。バネ下重量を軽くすることで、しなやかなサスペンションの動きを実現し、タイヤの接地感を向上させています。

ドライブモードセレクト

モードスイッチを切り替えることにより、走行シーンやドライバーの気分に合わせてドライビングを楽しむことができます。 <Sport S+> サーキットなどスポーツ走行に対応するモード <Sport S> アクティブな走行や、高速走行に適したモード <Normal> 市街地走行に適したモード <Comfort> 乗り心地を優先したモード <Eco> 環境に配慮したモード <Custom> 嗜好に合わせて設定できるモード

ブレーキシステム

フロント対向6ポッドアルミモノブロックキャリパー、リヤ対向4ポッドアルミモノブロックキャリパーに高摩擦ブレーキパッド*を組み合わせ、高い剛性と耐フェード性能を確保しました。さらに、マスターシリンダーサイズやペダルの配置・踏面形状などの最適化により、高い応答性とコントロールのしやすさを実現しています。ワインディング走行などにおいても安定した効きが得られ、ドライバーの意図する制動力を正確に発揮し、意図通りの速度調整に貢献します。ブレーキを踏み込んでいった際には効き込み感も得られるため、ドライバーに絶大な安心感を提供します。また、フロントには大径2ピースディスクローターを採用し、バネ下重量の低減に寄与しながら、熱変形を抑えて安定した効きを確保しています。

LDH (レクサス・ダイナミック・ハンドリングシステム)

安全とクルマを操る楽しさを両立するために車両を統合制御するVDIMコンセプトのもと、ギヤ比可変ステアリング、電動パワーステアリング、後輪の切れ角を制御するDRSを統合制御するシステムです。ドライバーの操作に対し理想的な車両挙動を実現すべく、車速やステアリング操作などに基づき4輪のタイヤ切れ角を最適に制御。高速走行時の高い車両安定性、山岳路など中速走行時での軽快なステアリングレスポンスを実現します。LCのLDHは、トルセン®LSDを組み合わせ、旋回中の加速性能を向上。さらに、ブレーキ制御と協調したアクティブステアリング制御により、ドライバーが制御されていることを感じることなく、すぐれた旋回加速性、ライントレース性、車両コントロール性を確保します。限界領域まで思いのままの走りを実現し、クルマを操る楽しさと安定した車両挙動を高次元で両立します。

LC500h “S package” LC500 “S package”

アクティブコーナリングアシスト

ワインディング走行等のシチュエーションで、思い描いたラインを走行できるようにサポートします。コーナリング中、アクセルを踏み込んだときに発生しやすい車両のアンダーステアを抑制し、すぐれた旋回性能を確保。高い車両安定性を実現します。

LC500h “L package” LC500h LC500 “L package” LC500* LC500 Convertible*

トルセン®LSD

駆動輪であるリヤタイヤのトラクション性能を確保し、コーナーの立ち上がりなどでよりダイナミックな加速を発揮。減速時にもスムーズで安定感のある挙動を確保します。

LC500h “S package” LC500 “S package”

LC500*1*2 LC500 Convertible*1

パフォーマンスダンパー® (リヤ)

リヤバンパーリインフォースメント部に「パフォーマンスダンパー®」を設定。走行中に生じるボディのねじれや微振動を速やかに吸収し、ハンドリング特性をいっそうシャープにするとともに、すぐれた乗り心地にも貢献します。

LC500 全車

ボディ形状

LCのプロポーションは、風の流れを利用して車両前後の揚力バランスを整える空力性能を追求しています。 低く構えたフロントノーズからフロントピラーへ滑らかにつながる独自の造形により、空気を剥離させることなくスムーズに後方へ誘導。車体下を流れる風は、ダウンフォースを生み出すスポイラー形状により揚力を抑え、さらに、広範囲にわたりフラット化したアンダーカバー下を通り、緩やかに切り上がったバンパー後方へスムーズに導出されます。このように風の流れをコントロールすることで、空気抵抗を低減しつつ、最適なダウンフォースを得て、すぐれた走行安定性を確保しています。

空力機能

高速走行時に気流が乱れやすいタイヤ周辺の空力処理を、デザインと一体化した機能美として織り込みました。ワイドスタンスを強調する縦基調のターンランプデザインと融合したサイドグリルが前面からの風をフロントホイールアーチへスムーズに流し、また、アグレッシブに張り出したリヤフェンダーに設置したロッカーサイドグリルによって、側面からの風をリヤホイールアーチへ抜ける導線で整流。この前後のサイドグリルにより、空気抵抗の低減とホイールハウス内に発生する揚力を抑制して、高速走行を安定化させます。

エアロスタビライジングフィン

デザインや空気抵抗に影響を与えることなく、操縦安定性を確保するため、ドアガラス前方にエアロスタビライジングフィンを採用しました。小さなフィンが作り出す空気の渦がボディ側面の空気の剥離を抑え、空気抵抗の低減とすぐれた車両安定性の確保を両立します。

アクティブリヤウィング (格納式)

高速走行時のダウンフォースを高め、車両挙動を安定化。時速約80km/hでアップし、約40km/hで自動格納。マニュアル操作によるアップ・ダウンも可能です。

LC500h “S package” LC500 “S package”

アクティブノイズコントロール

コンバーチブルでの静粛性を左右するリヤのルーフ格納部からのノイズ。これを低減するため、ホイールハウスで使われるフェンダーライナー材をルーフ格納部のトリム全面に採用し、 吸音材として活用しました。また、エンジンこもり音を抑えるアクティブノイズコントロールをクーペ/コンバーチブルともに設定。特にコンバーチブルではヘッドレストにマイクを搭載してルーフオープン時のこもり音も低減するなど、快適な室内空間を確保します。

LCのご留意事項・補足事項について
掲載している車両は一部、実際の市販モデルとは異なる場合があります。 2速までのダウンシフトはドライブモードSport S+またはSport S時。 燃料消費率は定められた試験条件のもとでの値です。お客さまの使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)に応じて燃料消費率は異なります。 WLTCモードは、市街地、郊外、高速道路の各走行モードを平均的な使用時間配分で構成した国際的な走行モードです。市街地モードは、信号や渋滞等の影響を受ける比較的低速な走行を想定し、郊外モードは、信号や渋滞等の影響をあまり受けない走行を想定、高速道路モードは、高速道路等での走行を想定しています。 2017年3月時点。トヨタ自動車(株)調べ。 燃料消費率は定められた試験条件のもとでの値です。お客さまの使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)に応じて燃料消費率は異なります。 WLTCモードは、市街地、郊外、高速道路の各走行モードを平均的な使用時間配分で構成した国際的な走行モードです。市街地モードは、信号や渋滞等の影響を受ける比較的低速な走行を想定し、郊外モードは、信号や渋滞等の影響をあまり受けない走行を想定、高速道路モードは、高速道路等での走行を想定しています。 CFRPルーフは LC500h “S package”/LC500h、LC500 “S package”/LC500に標準装備。 2017年3月時点。トヨタ自動車(株)調べ。 1.LC500h“S package”/LC500h、LC500“S package”/LC500に標準装備。 2.2017年3月時点。トヨタ自動車(株)調べ。 高摩擦ブレーキパッドはLC500h “S package”/LC500 “S package”に標準装備。LC500にメーカーオプション。トルセン®LSDが同時装着となります。 ブレーキパッドについては、車速、制動力や車両を取り巻く環境 (気温、湿度等) によってはブレーキノイズが発生することがあります。 トルセン®LSDを選択した場合、アクティブコーナリングアシスト[ACA]は装着されません。 1.トルセン®LSDを選択した場合、アクティブコーナリングアシスト[ACA]は装着されません。 2.トルセン®LSDとフロント・リヤブレーキ(高摩擦ブレーキパッド付)は同時装着となります。