困った時の対応

ドアの施錠・開錠ができない場合、エンジンがかからない場合、侵入センサーの作動を一時的に停止したい場合の対応方法をご紹介します。

ドアの施錠、開錠ができない場合
LEXUSは電子キーやカードキーを採用していますが、万一、電池が切れたり電波状態が悪くドアの施錠・開錠ができない場合は、キーに内蔵されているメカニカルキーをご使用ください。
エンジンがかからない場合
電子キーやカードキーでエンジンがかからない場合は、再度ブレーキペダルを踏み、パワースイッチにキーを触れさせてから、5秒以内にスイッチを押してください。
侵入センサーを解除したい場合
立体駐車場などをご利用される際、大きな振動などによって車両に装備されている侵入センサーが作動する場合があります。
また、動物など動くものを車内に残してロックし、車両から離れる際は侵入センサーの停止が必要です。
このような場合は、まず、パワースイッチまたはエンジンスイッチを押してオフにします。続いてオーバーヘッドコンソールにある『侵入センサーオフスイッチ』を押してください。これで侵入センサーの作動を一的に停止出来ます。