ヘルプネット

突然の事故や急病時にオーナーをお守りするため、レクサスでは警察や消防へスピーディに接続する緊急通報サービス“ヘルプネット”を搭載しています。ボタンを押すだけで、登録ナンバーや現在位置などの情報をヘルプネットセンターへ自動送信。
エアバッグ作動時などお車に一定以上の衝撃が加わった場合には、自動的にヘルプネットセンターへつながり、呼びかけにお応えがない場合は、即座にオペレーターが救急車の出動を要請いたします。
※ 車種によって設定が異なります。対象の車種につきましては、販売店におたずねください

突然の事故や
急病のとき、
緊急車両の出動を要請

ヘルプネットについてのよくある質問

Q.急に気分が悪くなり、とても運転できない。こんなときはどうすれば?
A. 天井のヘルプネットボタンを押してください。ヘルプネットデスクが応対します。
オーナーの現状を確認、救急車など緊急車両の手配を行います。
また、登録ナンバーや現在位置も瞬時に自動送信しますので、迅速な対応が可能です。
Q.脱輪などで走行できなくなったときも、ヘルプネットボタンで連絡してよいのですか?
A. ヘルプネットは警察、消防など緊急車両の出動を要する場合のみにご利用ください。
自走不能な場合などは、レクサスオーナーズデスクへご連絡いただければ、
レクサス緊急サポート24にて、適切な対応をいたします。
Q.エアバッグが作動するような大きな事故で、気を失ってしまったら、どうなるんでしょうか?
A. エアバッグが作動した場合には自動的にヘルプネットセンターにつながります。
そして、ヘルプネットデスクの呼びかけに応答がないときは、ただちに救急車の出動を要請します。
エアバッグの作動と同時に登録ナンバーや現在位置を自動送信していますから、ご本人が意識不明であっても現場への急行が可能です。
Q.ヘルプネットに接続すると即座に位置の確認ができるのはなぜですか?
A. ヘルプネットボタンとエアバッグ作動のどちらの場合も、
ヘルプネットへの接続と同時に車載システムがヘルプネットセンターへ車両位置、
直前までの状況など「緊急情報」を瞬時に送信しますので、ヘルプネットデスクはすばやい対応が可能になります。
Q.救急車で運ばれた後の車などの処理が心配です。自分ができない場合はどうなるのでしょうか?
A. 状況に応じてレクサスオーナーズデスクと連携をとり、車両の移動や各方面への連絡など、
さまざまな手配をいたしますのでご安心ください。

2種類の接続方法で迅速に対応

ワンタッチで通報

万一の事故発生や急な体調変化の場合、ヘルプネットボタン*1を押すだけで「ヘルプネットセンター」を介し、すみやかに警察、消防などへ接続します。車両位置情報などが送信されるので、状況や要請内容をお伝えいただくだけでオペレーターが所轄の警察と消防に連絡でき、的確・迅速な対応が可能になります。

自動で通報

エアバッグ作動時などお車に一定以上の衝撃が加わると、G-Linkが自動的にヘルプネットセンターに通報。ドライバーが事故で意識を失っていたり、気持ちが動転していてもオーナーに代わってヘルプネットセンターが警察や消防などの関係機関に連絡することで、すみやかな対応が可能になります。

  • ※ お手持ちの携帯電話を使用しなくてもオペレーターとの通話が可能です。
  • *1. ヘルプネットボタンの位置は車種により設定が異なります。対象の車種につきましては販売店におたずねください。

G-Linkの「お見舞い金制度」のご案内車両盗難・車上荒らし・ヘルプネット自動通信の保証サービス

車両盗難・車上荒らし・ヘルプネット自動通信の保証サービス

レクサスならではの安心・安全のサービスがさらに充実。
万一に備えた「お見舞い金制度」が2006年1月よりスタートいたしました。
G-Linkをご利用のお客様が、万一、車両盗難や車上荒らしの被害にあわれた場合、エアバッグ作動に連動して
ヘルプネットの自動通報が作動する事故に遭われた場合は、以下の「お見舞い金」をお支払いいたします。

「車両盗難」お見舞い金

お車が盗難されたとき 発見されなかった場合 200,000円
発見された場合 20,000円
お車が盗難されたとき
発見されなかった場合 発見された場合
200,000円 20,000円

G-Securityのアラーム通知後、盗難車両の位置追跡をレクサスオーナーズデスクにご依頼いただき、追跡開始から30日以内にお車が発見されなかった場合は、お見舞い金として20万円をお支払いいたします。

「車上荒らし」お見舞い金

お車や付属品が車上荒らしの被害にあわれたとき 20,000円
お車や付属品が
車上荒らしの被害にあわれたとき
20,000円

G-Securityのアラーム通知により、お車や付属品が車上荒らしの被害にあわれたことが確認された場合は、お見舞い金をお支払いいたします。

  • オートアラームが作動した場合でも、G-securityのアラーム通知の設定を「解除中」にされていた場合は、お見舞い金をお支払いいたしかねます。

「ヘルプネット」お見舞い金

ヘルプネットの自動通報が作動する事故にあわれたとき 50,000円
ヘルプネットの自動通報が作動する
事故にあわれたとき
50,000円

エアバッグ作動に連動してヘルプネットの自動通報が作動する事故にあわれた場合は、お見舞い金をお支払いいたします。

  • 車種により設定が異なります (対象の車種につきましては、販売店におたずねください) 。
申請方法
お見舞い金の申請書は、車両盗難や車上荒らしの被害が確認された際や、ヘルプネットの自動通報が作動した際に、G-Linkサポートセンターよりお客様に送付させていただきます。申請書が届きましたら、必要事項をご記入の上、G-Linkサポートセンターにご返送ください。
  • 「車両盗難」「車上荒らし」のお見舞い金の申請には、警察署に提出した被害届の受理番号が必要です。
対象のお客様
既にG-Linkにご契約されているお客様、および、今後G-Linkにご契約されるお客様が対象です。
対象の期間
新車登録日から3年間のG-Link無料サービス期間中に発生した被害や事故が対象です。
  • 新車登録日から3年間のG-Link無料サービスは、新車をご購入頂きましたお客様に限りご提供させて頂きます。
お支払いについて
お見舞い金は、トヨタコネクティッド(株)がお支払いいたします。上記3ケースの内、一度お支払いしたお見舞い金につきましては、365日以内に再度同じ被害にあわれても、お見舞い金をお支払いいたしかねます。
  • 別の被害の場合は、365日以内であっても、お見舞い金をお支払いいたします。
    (例:車両盗難でお支払い後、車上荒し・ヘルプネットではお支払いいたします。)

ヘルプネットのテクノロジー

2種類の通報方式
G-Linkの緊急通報サービス「ヘルプネット」には、2種類の通報方法があります。

オーバーヘッドコンソールにある「ヘルプネット」ボタンによる手動通報と、エアバッグ作動時などお車に一定以上の衝撃が加わると自動的に緊急信号がセンターに通報される方法が可能です。緊急通報機能が起動すると、車載システムはヘルプネットセンターに、車両位置、直前までの状況など「緊急情報」を瞬時に送信します。

ヘルプネットセンターは、緊急情報を受けると、事故の詳細を確認する為、乗員にコンタクトします。このコンタクトは、DCMが有する音声通話機能を使って行います。DCM装着車の音声通話は、DSP (Digital Signal Processor) を用いたデジタル信号処理により、ハウリング、エコーを除去することで、車載マイクおよびスピーカーを介したクリアなハンズフリー通話を実現しています。

自動で通報の場合、乗員からの応答がない場合、意識不明と判断し、無条件で救急車の出動を手配します。
確実、迅速な緊急通報を支えるしくみ
ヘルプネットセンターでは、車載システムからの「緊急情報」を受信すると、オペレーター卓画面上に、会員情報、車両情報、及び緊急事態発生地点の地図を表示します。オペレーターは、この画面を見ながら乗員との音声通話により救援活動に必要な情報の確認を行います。これらの情報をもとにオペレーターは、接続する救急機関 (警察/消防) の所轄部門 (事故地点を管轄する部門) に回線を接続し、事故の状況を伝達します。

ヘルプネットセンターでは、事故地点の緯度経度情報に基づき、全国数千箇所に及ぶ救急機関の中から適切な機関を自動的かつ瞬時に検索し、回線を接続することができるため、通報時間を大幅に短縮することが可能になります。
※ 掲載写真はすべてイメージであり、実際と異なる場合があります。