路肩退避や車線内停車を支援するドライバー異常時対応システム

ドライバーモニターカメラがドライバーの姿勢が崩れるなど体調の急変を検知し、運転継続が困難になったとシステムが判断した場合、自車を減速・停止させます。
アドバンスト ドライブ が発する警告に応答せず無操作状態が継続した場合に、ドライバーに異常があるとシステムが判断すると、ハザードランプの点滅など周囲に警告を行いながら減速し、車線内または路肩で停車します。自損・加害事故の回避や事故被害低減を支援するほか、停車後にドア解錠やヘルプネット®*自動接続による救命要請も行い、早期のドライバー救命・救護に寄与します。

路肩に隣接している車線を走行中

路肩に隣接しない車線を走行中

*ヘルプネット®はG-Linkに含まれるサービスです。G-Linkのご利用には別途契約が必要となります。

留意事項

  • アドバンスト ドライブは自動で運転するシステムではありません。
    システムを過信せず、運転者は自らの責任で常に周囲の状況を把握し、いつでも運転操作をできるように備えてください。
  • ドライバー異常時対応システムが作動した場合、同トリップ内のアドバンスト ドライブの使用が制限される場合があります。
CLOSE