Lexus Teammate

Lexus Teammateは、
人とクルマが仲間のように共に走る高度運転支援技術です。
技術が進歩しても人が中心であることを目指し、
ドライバーとクルマが対話の中で
お互いの状態を確認し補い合うことで、
安全な運転、快適な移動につなげていきます。

CONCEPT

Lexus Teammate Advanced Drive
搭載モデルにお乗りのお客様へ

SCROLL

人とクルマの気持ちが通い合う
2つの高度運転支援

高速道路・自動車専用道路で運転支援を行うAdvanced Drive、直感的な操作で駐車支援を行うAdvanced Parkを設定。ドライバーの運転における疲労を軽減して目的地を目指します。

※映像内の車両は現行モデルとは一部仕様が異なります。

Lexus Teammateを支える
マルチセンシングシステム&
AIテクノロジー

最先端のセンシング技術と高精度地図情報を組み合わせ、クルマの周囲を高い信頼性と精度でカバー。また、運転中の様々な状況をAIで予測・対処しすぐれた安全性と走行安定性を実現します。

ソフトウェアアップデートで、
つねに最新の運転支援へ進化

Advanced Driveはオーナーの方々の手に渡った後も、無線通信により制御ソフトや高精度地図ソフトのアップデートが可能です。つねに最新の安全・安心な走行性能を提供し、人に寄り添うパートナーとして進化を続けます。

注意事項

本システムは自動で運転するシステムではありません。
システムを過信せず、運転者は常に自らの責任で
周囲の状況を把握し、
いつでも運転操作できるよう備えてください。

互いに信頼し、
ともに時間を共有する。
気持ちの通った仲間のように。
それが、Lexus Teammate。

LineupLexus Teammate 対象ラインナップ

スマートフォンでクルマを遠隔操作できるリモート機能駐車位置のメモリー機能を搭載し、区画線のないスペースでも駐車を支援支援シーンを拡大し、並列駐車シーンにおいて、前向き駐車・バック出庫・前向き出庫が可能Advanced Park (リモート機能付) カメラと超音波センサーを融合し全周囲を監視することで、適切に認知、判断、操作を支援。ステアリング・シフト・アクセル・ブレーキの全操作を車両が支援するとともに、俯瞰映像に車両周辺の死角や目標駐車位置などをつねに表示し、スムーズな駐車を実現しました。駐車したいスペースの横に停車後、メインスイッチを押して車両周辺と駐車スペース*を確認し、ディスプレイ画面上の開始スイッチを押すとスムーズに駐車を開始します。障害物の位置をディスプレイのカメラ映像上に表示することで、ドライバーに周辺状況をわかりやすく伝えます。障害物に接触する可能性がある場合は、警告するとともにブレーキ制御で接触回避を支援します。*駐車スペースが複数ある場合は変更できます。※Advanced Parkはあくまで運転を支援する機能です。Advanced Parkを過信せず、必ずドライバーが責任を持って周囲の状況を把握し、安全運転を心がけてください。※Advanced Parkは駐車環境や周辺状況によっては使用できない場合があります。※字光式ナンバープレートは装着できません。Advanced Park留意事項Advanced Parkは自動で運転するシステムではありません。システムを過信せず、運転者は自らの責任で常に周囲の状況を把握し、いつでも運転操作をできるように備えてください。詳しくは取扱説明書をご覧ください次のような状況では正常に作動しない場合があります。駐車区画前に歩道がある駐車場駐車スペースに影が出ているとき (カーポートがある駐車場など) レンガ等の繰り返し模様がある駐車場道幅・駐車区画に十分なスペースがない駐車場Lexus Teammate Advanced Parkを正しく使用するために本システムは、駐車環境や周辺状況および天候状態等によっては使用できない、もしくは性能が低下する場合があります。本システムは自動駐車装置ではありません。運転者は常に自らの責任で周囲の状況を把握し、必要に応じてブレーキで減速・停車をして、安全運転を心がけてください。駐車するときは、必ず目標駐車位置に車を駐車できるかを確認してから操作を行ってください。システムを中止する場合は、ブレーキペダルをしっかり踏んで停車し、メインスイッチを押してください。カメラと超音波センサーで周囲を監視しますので、カメラやセンサーに衝撃をあたえたり、傷をつけたりせずに、常に汚れないように保ってください。汚れ・水滴・雪などが付着したり、ふき取りが不十分な場合、性能が低下することがあります。また、改造・分解・塗装をしないでください。シンプルなスイッチ操作でステアリング・シフト・アクセル・ブレーキ操作を制御する高度運転支援 Advanced Parkカメラと超音波センサーを融合し全周囲を監視することで、適切に認知、判断、操作を支援。ステアリング・シフト・アクセル・ブレーキの全操作を車両が支援するとともに、俯瞰映像に車両周辺の死角や目標駐車位置などをつねに表示し、スムーズな駐車を実現しました。駐車したいスペースの横に停車後、メインスイッチを押して車両周辺と駐車スペース*を確認し、ディスプレイ画面上の開始スイッチを押すとスムーズに駐車を開始します。障害物の位置をディスプレイのカメラ映像上に表示することで、ドライバーに周辺状況をわかりやすく伝えます。障害物に接触する可能性がある場合は、警告するとともにブレーキ制御で接触回避を支援します。* 駐車スペースが複数ある場合は変更できます。※Advanced Parkはあくまで運転を支援する機能です。Advanced Parkを過信せず、必ずドライバーが責任を持って周囲の状況を把握し、安全運転を心がけてください。※Advanced Parkは駐車環境や周辺状況によっては使用できない場合があります。※字光式ナンバープレートは装着できません。Advanced Park 留意事項Advanced Parkは自動で運転するシステムではありません。システムを過信せず、運転者は自らの責任で常に周囲の状況を把握し、いつでも運転操作をできるように備えてください。詳しくは取扱説明書をご覧ください次のような状況では正常に作動しない場合があります。駐車区画前に歩道がある駐車場駐車スペースに影が出ているとき (カーポートがある駐車場など) レンガ等の繰り返し模様がある駐車場道幅・駐車区画に十分なスペースがない駐車場Lexus Teammate Advanced Parkを正しく使用するために本システムは、駐車環境や周辺状況および天候状態等によっては使用できない、もしくは性能が低下する場合があります。本システムは自動駐車装置ではありません。運転者は常に自らの責任で周囲の状況を把握し、必要に応じてブレーキで減速・停車をして、安全運転を心がけてください。駐車するときは、必ず目標駐車位置に車を駐車できるかを確認してから操作を行ってください。システムを中止する場合は、ブレーキペダルをしっかり踏んで停車し、メインスイッチを押してください。カメラと超音波センサーで周囲を監視しますので、カメラやセンサーに衝撃をあたえたり、傷をつけたりせずに、常に汚れないように保ってください。汚れ・水滴・雪などが付着したり、ふき取りが不十分な場合、性能が低下することがあります。また、改造・分解・塗装をしないでください。シンプルなスイッチ操作でステアリング・シフト・アクセル・ブレーキ操作を制御する高度運転支援Advanced Park車線が減少する手前で車線変更*1車線減少レーンを走行中、ディスプレイに車線変更をするという表示が出て、車線がなくなる前に車線変更を行います。ドライバーのウインカー操作による車線変更*1*2ドライバーによる安全確認後、ウインカー操作により車線変更を行います。カーブでの速度抑制詳しくは取扱説明書をご覧ください