車間距離を保ちながら追従走行する
レーダークルーズコントロール (全車速追従機能付)

レーダークルーズコントロール

ミリ波レーダーによる広角の検知角度と、ステレオカメラによる広い前方認識範囲により、特に前方車両に対する割り込み検知にすぐれた認識性能を確保。発進・追従・離脱加速の際は乗員の安心感を確保しながらスムーズに加速し、追従減速の際は減速度の急変を抑えた滑らかな減速感を実現します。

カーブ速度抑制機能

レーダークルーズコントロールで走行中、システムが必要と判断した場合、ステアリングの切り始めで速度抑制を開始し、同時に大型カラーヘッドアップディスプレイ、マルチインフォメーションディスプレイでシステム作動中であることをお知らせします。高速道路や自動車専用道路(一部を除く)を走行中、レーントレーシングアシスト[LTA]のスイッチをONにした状態では、ナビゲーションの地図データと連携し、ステアリングを切る前から車速の抑制を開始します。

カーブ速度抑制機能作動時の画面表示例
直線に近い緩やかなカーブを走行している時は、カーブ速度抑制機能は作動しない場合があります。
運転者のアクセルペダル操作によって、加速意思があるとシステムが判断した場合、カーブ速度抑制機能は停止されます。
車間距離制御には状況により限界があります。装置を過信せず、安全運転をお願いします。

予防安全機能の中には車種によりオプション装備となっているものもあります。
機能設定の詳細については各車種ページをご覧いただくか、レクサス販売店におたずねください。

レーダークルーズコントロール対応車種

全車速追従機能付
カーブ速度抑制機能

全車速追従機能付

ブレーキ制御付

安全にお使いいただく上でご注意いただきたいこと
対応車種一覧表 車種別機能設定一覧はこちら PDF(0.4MB)

ご使用になる際のお客さまへのお願い

運転者には安全運転の義務があります。運転者は各システムを過信せず、つねに自らの責任で周囲の状況を把握し、ご自身の操作で安全を確保してください。
各システムに頼ったり、安全を委ねる運転をすると思わぬ事故につながり、重大な傷害におよぶか、最悪の場合死亡につながるおそれがあります。
車両姿勢が変化する架装・改造や、各システムのカメラ・センサーを遮るような架装・改造を行うと、各システムが正常に作動せず、思わぬ事故につながり、重大な傷害におよぶか、最悪の場合死亡につながるおそれがあります。
ご使用の前には、あらかじめ取扱説明書で各システムの特徴・操作方法を必ずご確認ください。
高速道路での運転支援