歩行者検知から操舵回避支援までも行う
プリクラッシュセーフティ

プリクラッシュセーフティ
(歩行者[昼夜]・自転車運転者[昼夜]・自動二輪車[昼]検知機能付衝突回避支援タイプ/ミリ波レーダー+単眼カメラ方式)

image

進路上の車両、歩行者、自転車運転者、自動二輪車をミリ波レーダーと単眼カメラで検出。衝突の可能性が高いとシステムが判断した場合、ブザーとディスプレイで危険をお知らせ。ブレーキを踏めた場合はブレーキ踏力をアシスト、踏めなかった場合はブレーキを作動させることで、衝突回避を支援、あるいは衝突被害の軽減に寄与します。なお、対向車に対しては正面から衝突する可能性が高いとシステムが判断した時、警報およびブレーキを作動させることによって、被害軽減を支援します。

  • 対向車に関しては、正面衝突、相手車逸脱による対向車との衝突に対応。プリクラッシュブレーキアシストは作動しません。

交差点衝突回避支援(出合頭車両)

プリクラッシュセーフティ 作動イメージ

従来のプリクラッシュセーフティの作動範囲に加え、交差点で交差する車両・自動二輪車に対しても、衝突回避の支援を行います。衝突する可能性が高いとシステムが判断した時、警報およびブレーキを作動させることによって、被害軽減を支援します。

  • 交差点の形状によっては正しく支援できない場合があります。
  • プリクラッシュブレーキアシストは作動しません。
プリクラッシュセーフティ 作動イメージ

交差点衝突回避支援(右左折)

image

交差点右折時に直進してくる対向車(隣接2レーンまで)および右左折時に対向方向から横断してくる歩行者・自転車運転者をミリ波レーダーと単眼カメラで検出。警報およびブレーキを作動させることで、衝突回避または被害軽減をサポートします。また、プラスサポートモード中の場合は、右折時の対向車に対してより早いタイミングで表示とブザーで接近を伝えます(交差点対向車注意喚起)。

  • 交差点の形状によっては正しく支援できない場合があります。
  • プリクラッシュブレーキアシストは作動しません。

緊急時操舵支援

image

歩行者、自転車運転者、自動二輪車、車両と衝突する可能性が高く、自車線内に回避するための十分なスペースがあるとシステムが判断した場合で、ドライバーの回避操舵があった時、操舵支援を行い、車両安定性確保と車線逸脱抑制に寄与します。また、ドライバーによる操舵がなくてもシステムが弱いブレーキをかけながら操舵を行い、車線内での衝突回避を支援するアクティブ操舵機能をオプション設定しています。

  • “versionL”全車または“FSPORT”全車において、緊急時操舵支援(アクティブ操舵機能付)+フロントクロストラフィックアラート[FCTA]+レーンチェンジアシスト[LCA]は、パノラミックビューモニター(床下透過表示機能付)+パーキングサポートブレーキ(後方歩行者)[PKSB]と同時装着となります。
  • 回避するための十分なスペースがない、また、回避先に物があるとシステムが判断した場合には作動しません。
  • 横断歩行者など一定以上の横速度を持った対象には作動しない場合があります。

低速時加速抑制

image

低速時の自車の直前にいる歩行者、自転車運転者、車両をミリ波レーダーと単眼カメラで認識。前方に対象物がある状態で、停車または徐行状態からアクセルペダルが必要以上に強く踏み込まれた場合には、エンジン出力を抑制または弱いブレーキをかけることで加速を抑制し、衝突回避または被害軽減をサポートします。また、衝突が回避され、かつ車両が停止した場合、ドライバーがアクセルまたはブレーキ操作をするまでブレーキ力を保持します。

  • 本機能はパーキングサポートブレーキ(前後方静止物)[PKSB]の対象物である壁などに対しては作動しないシステムで、パーキングサポートブレーキ(前後方静止物)[PKSB]の代替機能となるシステムではありません。

予防安全機能の中には車種によりオプション装備となっているものもあります。
機能設定の詳細については各車種ページをご覧いただくか、レクサス販売店におたずねください。

プリクラッシュセーフティ対応車種

対車両・対歩行者[昼夜]・
自転車運転車[昼]・交差点右左折時支援
低速時加速抑制
対車両・対歩行者[昼夜]・
対自転車運転車[昼]
安全にお使いいただく上でご注意いただきたいこと
対車両・対歩行者[昼]
プリクラッシュセーフティ
対車両・対歩行者[昼]について
歩行者検知機能を備えた衝突回避支援
作動イメージ

進路上の車両や歩行者をミリ波レーダーと単眼カメラで検出し、衝突する可能性が高いと判断した場合に警報やブレーキの制御により衝突回避、あるいは衝突被害の軽減を支援します。万が一、車両や歩行者と衝突しそうな場面に遭遇した場合には、警報の後、ドライバーがブレーキを踏むと、プリクラッシュブレーキアシストがブレーキ力をアシストし、ドライバーの回避行動をサポートします。また、仮にドライバーがブレーキを踏めなかった場合でも、プリクラッシュブレーキが作動します。例えば停止車両に対し自車の速度が約40km/hの場合は、約40km/h減速し、衝突回避または衝突被害軽減を支援。また、例えば歩行者との速度差が約30km/hの場合には、約30km/h減速し、衝突回避または衝突被害軽減を支援します。

※プリクラッシュブレーキは、対車両の場合は自車速度約10km/h以上、対歩行者の場合は自車速度約10km/h〜80km/hで作動します。

安全にお使いいただく上でご注意いただきたいこと
対応車種一覧表 車種別機能設定一覧はこちら PDF(0.4MB)

ご使用になる際のお客さまへのお願い

運転者には安全運転の義務があります。運転者は各システムを過信せず、つねに自らの責任で周囲の状況を把握し、ご自身の操作で安全を確保してください。
各システムに頼ったり、安全を委ねる運転をすると思わぬ事故につながり、重大な傷害におよぶか、最悪の場合死亡につながるおそれがあります。
車両姿勢が変化する架装・改造や、各システムのカメラ・センサーを遮るような架装・改造を行うと、各システムが正常に作動せず、思わぬ事故につながり、重大な傷害におよぶか、最悪の場合死亡につながるおそれがあります。
ご使用の前には、あらかじめ取扱説明書で各システムの特徴・操作方法を必ずご確認ください。
本ページの機能はドライバーの運転支援を目的としているため、機能には限界があり、道路状況、車両状態および天候状態等によってはご使用になれない場合があります。
本ページの機能は高速道路や自動車専用道路での使用を前提として設計しています。また、車線内自動走行を実現したものではありません。
本ページの機能を過信せず必ずドライバーご自身で運転操作を行ってください。詳しくはレクサス販売店におたずねください。
走行シーンの写真の一部は合成です。
装備および機能紹介の写真の一部はイメージです。
街中での安全運転支援