車線変更操作と安全確認を支援する
レーンチェンジアシスト[LCA]

レーンチェンジアシスト[LCA] 作動イメージ

高速道路や自動車専用道路 (一部を除く) を走行中、車線維持支援機能が作動中にドライバーのウインカー操作を支援開始の合図として、レーンチェンジのための操舵、加減速、車線変更先車両監視の支援を行います。また、レーンチェンジ終了後にウインカーが自動消灯します。

例えば次のような条件下では、車線維持支援機能、レーンチェンジアシスト[LCA]が正常に作動しない場合があるため、使用しないでください。
●車線と見間違えるような路側構造物がある時(ガードレール、縁石、反射ポールなど) ●分合流付近を走行中  ●急カーブを走行中  ●雨・雪・霧などで車線が見えにくい時 など
例えば次のような条件下ではシステムの作動条件が満たされず車線維持支援機能、レーンチェンジアシスト[LCA]の作動をキャンセルする場合があります。
●車線を見失った時 ●ドライバーの追加運転操作を検知した時(ステアリング、ブレーキ、アクセルの操作など) など
レーンチェンジアシスト[LCA]は約60km/h~130km/hで作動します。公道を走行する時は、法定速度または制限速度を遵守してください。
レーンチェンジアシスト[LCA]はナビゲーションにて自動車専用道路と認識していない場合には作動しません。
車線維持支援機能が先行車に追従する支援を行う場合、先行車が車線を右、または左に片寄って走行、または車線変更した時は、先行車の位置に合わせて自車も片寄って走行し、レーンをはみ出すおそれがあります。
先行車がふらついた時は、自車もふらついて走行し、レーンをはみ出すおそれがあります。
例えば次のような条件下ではシステムの作動条件が満たされず、レーンチェンジアシスト[LCA]が作動しません。
●ステアリング手放し警告をしている場合 ●レーンチェンジアシスト[LCA]が作動できない条件下で、一定時間ウインカーの使用を継続した時 など
例えば次のような条件下では、レーンチェンジアシスト[LCA]が正常に作動しない場合があります。
●周辺車両が接近している時 ●周辺車両が大型車(トラック、バス、トレーラーなど)、二輪車などの場合 ●速度差が大きい追い越し、追い越され時 など
例えば次のような条件下ではシステムの作動条件が満たされずレーンチェンジ中であってもレーンチェンジアシスト[LCA]の作動をキャンセルする場合があります。
●周辺車両が接近している時 ●ステアリング手放し警告をしている場合 など

予防安全機能の中には車種によりオプション装備となっているものもあります。
機能設定の詳細については各車種ページをご覧いただくか、レクサス販売店におたずねください。

レーンチェンジアシスト対応車種

安全にお使いいただく上でご注意いただきたいこと
対応車種一覧表 車種別機能設定一覧はこちら PDF(0.4MB)

ご使用になる際のお客さまへのお願い

運転者には安全運転の義務があります。運転者は各システムを過信せず、つねに自らの責任で周囲の状況を把握し、ご自身の操作で安全を確保してください。
各システムに頼ったり、安全を委ねる運転をすると思わぬ事故につながり、重大な傷害におよぶか、最悪の場合死亡につながるおそれがあります。
車両姿勢が変化する架装・改造や、各システムのカメラ・センサーを遮るような架装・改造を行うと、各システムが正常に作動せず、思わぬ事故につながり、重大な傷害におよぶか、最悪の場合死亡につながるおそれがあります。
ご使用の前には、あらかじめ取扱説明書で各システムの特徴・操作方法を必ずご確認ください。
本ページの機能はドライバーの運転支援を目的としているため、機能には限界があり、道路状況、車両状態および天候状態等によってはご使用になれない場合があります。
本ページの機能は高速道路や自動車専用道路での使用を前提として設計しています。また、車線内自動走行を実現したものではありません。
本ページの機能を過信せず必ずドライバーご自身で運転操作を行ってください。詳しくはレクサス販売店におたずねください。
走行シーンの写真の一部は合成です。
装備および機能紹介の写真の一部はイメージです。
LCA: Lane Change Assist
高速道路での運転支援