車線内の停車と救命要請を自動で行う
ドライバー異常時対応システム

レーントレーシングアシスト[LTA]制御中にドライバーの無操作状態が継続している場合、音と表示と緩減速による警告でドライバーに操作を促すほか、ハザードとホーンで車外に異常を報知しながら自車線内に減速停車し、自損・加害事故の回避・事故被害低減を支援します。停車後は、ドア解錠やヘルプネット®自動接続による救命要請も行い、早期のドライバー救命・救護に寄与します。

ヘルプネット®はG-Linkに含まれるサービスです。G-Linkのご利用には別途契約が必要となります。詳しくはLEXUS TOTAL CAREをご覧ください。
ドライバー異常時対応システムは自動車専用道路 (一部を除く) を約50km/h以上で走行している場合に作動します。体調異常を直接検知できるわけではないため、システムが正常な運転操作と判定した場合は作動しません。

予防安全機能の中には車種によりオプション装備となっているものもあります。
機能設定の詳細については各車種ページをご覧いただくか、レクサス販売店におたずねください。

ドライバー異常時対応システム対応車種

対応車種一覧表 車種別機能設定一覧はこちら PDF(0.4MB)

ご使用になる際のお客さまへのお願い

運転者には安全運転の義務があります。運転者は各システムを過信せず、つねに自らの責任で周囲の状況を把握し、ご自身の操作で安全を確保してください。
各システムに頼ったり、安全を委ねる運転をすると思わぬ事故につながり、重大な傷害におよぶか、最悪の場合死亡につながるおそれがあります。
車両姿勢が変化する架装・改造や、各システムのカメラ・センサーを遮るような架装・改造を行うと、各システムが正常に作動せず、思わぬ事故につながり、重大な傷害におよぶか、最悪の場合死亡につながるおそれがあります。
ご使用の前には、あらかじめ取扱説明書で各システムの特徴・操作方法を必ずご確認ください。
本ページの機能はドライバーの運転支援を目的としているため、機能には限界があり、道路状況、車両状態および天候状態等によってはご使用になれない場合があります。
本ページの機能は高速道路や自動車専用道路での使用を前提として設計しています。また、車線内自動走行を実現したものではありません。
本ページの機能を過信せず必ずドライバーご自身で運転操作を行ってください。詳しくはレクサス販売店におたずねください。
G-Linkは、新車・CPO (レクサス認定中古車) をご購入いただいたお客さまに限り、ご提供いたします。ご利用には別途契約が必要となります。G-Link基本利用料は、新車ご購入の場合は新車登録後3年間無料、CPOご購入の場合はご購入後2年間無料です。無料期間終了後のG-Link基本料や利用手続きについては、レクサス販売店にお問い合わせください。G-Linkは、LTE (Long Term Evolution) 通信を利用しており、電波の届かない場所ではご利用になれません。G-Linkはトヨタコネクティッド (株) が提供するサービスです。
“ヘルプネット®”は (株) 日本緊急通報サービスの登録商標です。
G-Linkは東京ガス株式会社の登録商標で、使用許諾を受けて使用しています。
緊急時や万が一のとき