LEXUS Safety System

※車両は現行モデルとは一部仕様が異なります。

安全の第一歩となるメンテナンスから、
事故の回避・事故被害の軽減に寄与する予防安全、
事故が起きた際の被害を軽減する衝突安全、
そして事故後の迅速で的確な救護支援まで。

理想の安全へ

レクサスは、交通事故による死傷者を減らすために、
4大事故形態(「車両への追突」「歩行者」「走路逸脱」「交差点での出会い頭の衝突」)に取り組み、
先進技術の開発と普及技術の展開の2本柱で開発を進めています。

SCENE 01

街中での安全運転支援

重大事故を1件でもなくすために

歩行者の存在を直感的にわかりやすく知らせることで、ドライバーの安全運転への注意力を高めます。さらに危険が差し迫った際には、警報、自動 (被害軽減) ブレーキに加えて操舵による衝突回避支援も行う。歩行者事故に代表される重大事故を一件でもなくすことを願い、レクサスは安全システムの新たな次元を切り拓きました。

SCENE 02

高速道路での運転支援

どこまでも安心して移動できるように

ロングクルージングにおけるドライバーの負担を軽減することは、集中力を保ち、安全確保にもつながると考えます。自動運転につながるレクサスの高度運転支援技術は、まるで落ち着き払った熟練ドライバーのように「走る・曲がる・止まる」のサポートを行います。

SCENE 03

駐車場での安全サポート

駐車時のヒューマンエラーをサポート

駐車場などのごく低速領域であっても、誤操作や見落としなどのヒューマンエラーは時として深刻な被害を引き起こします。ペダルを踏み間違えた時、後退時に接近車両や歩行者の存在を知らせてブレーキ制御を行う機能などレクサスは駐車場での安全サポート機能を進化させました。

SCENE 04

夜間の視認性向上

夜間走行時の視認性向上をサポート

歩行者死亡事故の7割を占める夜間の安全確保には、ハイビームの適切な利用が有効です。ハイビーム / ロービームを自動的に切り替えるシステムをはじめ、ハイビームの照射エリア/遮光エリアを細かく制御する最新のシステムの導入により、ドライバーの夜間視認性向上に貢献しています。

SCENE 05

緊急時や万が一のとき

体調の急変を察知できるクルマへ

クルマがドライバーを見守り、体調急変などで運転を継続できない状態を察知できたときには、車線内の停止から救命要請までの支援を自動的に行います。レクサスは、クルマが人のパートナーになる未来像を、いち早く実現しています。

安全性能評価

LEXUSの安全技術対応車種が「予防」と「衝突」、2つの安全で続々と高い評価を獲得しています。

UXとNXが2019年度「予防安全性能アセスメント ASV+++ 」と「衝突安全性能アセスメントファイブスター賞」を獲得。

ESが2019年度「予防安全性能アセスメント ASV+++ 」を獲得。

JNCAP安全性能評価 国土交通省と独立行政法人自動車事故対策機構が公表している自動車の安全性能評価です。