予防安全パッケージ

統合安全コンセプト

「統合安全コンセプト」とは、クルマに搭載される様々な安全システムを独立で考えるのではなく、 連携を図り安全性を高めていくというものです。
そして、駐車状態から通常運転、衝突直前、衝突後、事故の際の救助まで、それぞれの運転ステージで最適なドライバー支援を追求し、各システムをさらに連携させてクルマを「より危険の少ない状態」に近づけることで、「事故を起こさないクルマ」の実現を目指しています。
レクサスでは、「統合安全コンセプト」に基づき、安全な車両開発・技術開発を目指しています。

理想の安全へ

レクサスは、交通事故による死傷者を減らすために、4大事故形態(「車両への追突」「歩行者」「走路逸脱」「出会い頭」)に取り組み、先進技術の開発と普及技術の展開の2本柱で開発を進めています。LSでは、普及技術の「Lexus Safety System +」を進化させ、さらなる先進の予防安全技術を加えた「Lexus Safety System + A」を設定。「Lexus Safety System + A」は、4大事故形態に対応した先進の予防安全パッケージです。

LEXUS SAFETY SYSTEM +A

MOVIE

LEXUS SAFETY SYSTEM

MOVIE

SCROLL

PARKING SCENE01

駐車時のヒューマンエラーをサポート

駐車場などのごく低速領域であっても、誤操作や見落としなどのヒューマンエラーは時として深刻な被害を引き起こします。ペダルを踏み間違えた時、後退時に接近車両や歩行者の存在を知らせてブレーキ制御を行う機能などレクサスは駐車場での安全サポート機能を進化させました。

Other Safety

パーキングサポートアラート[PKSA] &
パーキングサポートブレーキ[PKSB]
パノラミックビューモニター
(サイドクリアランスビュー /
コーナリングビュー付き)
SCROLL

TOWN & CITY SCENE02

重大事故を1件でもなくすために

歩行者の存在を直感的にわかりやすく知らせることで、ドライバーの安全運転への注意力を高めます。さらに危険が差し迫った際には、警報、自動ブレーキに加えて操舵による衝突回避支援も行う。歩行者事故に代表される重大事故を一件でもなくすことを願い、レクサスは安全システムの新たな次元を切り拓きました。

LEXUS SAFETY SYSTEM +A
プリクラッシュセーフティ(歩行者注意喚起・アクティブ操舵回避支援)
ロードサインアシスト[RSA]
LEXUS SAFETY SYSTEM +
プリクラッシュセーフティ(歩行者検知機能付衝突回避支援タイプ)
ロードサインアシスト[RSA]
SCROLL

INTERSECTION SCENE03

交差点に潜む、“見えない”危険を知らせる

見通しの悪い交差点に進入する際、左右から接近してくる車両の存在が分かれば、「出会い頭事故」のリスクを小さくできると考えます。レクサスは先進的なセンシング技術と直感的にわかりやすい注意喚起により、見えない危険を知らせるシステムを実現しました。

LEXUS SAFETY SYSTEM +A
フロントクロストラフィックアラート
[FCTA]
SCROLL

HIGHWAY SCENE04

どこまでも安心して移動できるように

ロングクルージングにおけるドライバーの負担を軽減することは、集中力を保ち、安全確保にもつながると考えます。自動運転につながるレクサスの高度運転支援技術は、まるで落ち着き払った熟練ドライバーのように「走る・曲がる・止まる」のサポートを行います。

LEXUS SAFETY SYSTEM +A
Lexus CoDrive レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付) レーントレーシングアシスト[LTA] レーンチェンジアシスト [LCA]
LEXUS SAFETY SYSTEM +
レーダークルーズコントロール
レーントレーシングアシスト[LTA]
レーンディパーチャーアラート[LDA] /
レーンキーピングアシスト[LKA]

Other Safety

ブラインドスポットモニター[BSM]
デジタルインナーミラー
デジタルアウターミラー
SCROLL

NIGHT SCENE05

夜間走行時の視認性向上をサポート

歩行者死亡事故の7割を占める夜間の安全確保には、ハイビームの適切な利用が有効です。ハイビーム/ロービームを自動的に切り替えるシステムをはじめ、ハイビームの照射エリア/遮光エリアを細かく制御する最新のシステムの導入により、ドライバーの夜間視認性向上に貢献しています。

LEXUS SAFETY SYSTEM +A
上下2段式アダプティブ
ハイビームシステム[AHS]
LEXUS SAFETY SYSTEM +
オートマチックハイビーム[AHB]
SCROLL

EMERGENCY SCENE06

体調の急変を察知できるクルマへ

クルマがドライバーを見守り、体調急変などで運転を継続できない状態を察知できたときには、車線内の停止から救命要請までの支援を自動的に行います。レクサスは、クルマが人のパートナーになる未来像を、いち早く実現しています。

LEXUS SAFETY SYSTEM +A
ドライバー異常時停車支援システム
(レーントレーシングアシスト[LTA]連動型)

Other Safety

ヘルプネット

Other Safety

パーキングサポートアラート[PKSA]
パーキングサポートブレーキ[PKSB]

MOVIE

LEXUS SAFETY SYSTEM +A

プリクラッシュセーフティ
(歩行者注意喚起・アクティブ操舵回避支援)

MOVIE

ロードサインアシスト[RSA]

MOVIE

LEXUS SAFETY SYSTEM

プリクラッシュセーフティ (歩行者検知機能付衝突回避支援タイプ)

MOVIE

進路上の車両や歩行者をミリ波レーダーと単眼カメラで検出し、警報ブザー、プリクラッシュブレーキアシスト、自動ブレーキ(プリクラッシュブレーキ)で衝突回避または被害軽減を支援します。
自動ブレーキ(プリクラッシュブレーキ)は歩行者に対して約10〜80km/hの速度域で作動し、例えば歩行者との速度差が30km/hの場合は約30km/h減速、衝突回避または被害軽減を支援します。
また、車両に対しては約10km/h〜180km/hの幅広い速度域で作動し、例えば停止車両に対し自車の速度が40km/hの場合は約40km/h減速、衝突回避または被害軽減を支援します。

プリクラッシュセーフティ(歩行者検知機能付衝突回避支援タイプ)
プリクラッシュセーフティの特徴

■ 道路状況、車両状態、天候状態およびドライバーの操作状態等によっては、作動しない場合があります。詳しくはレクサス販売店におたずねください。

■ プリクラッシュセーフティはあくまで運転補助を支援する機能です。本機能を過信せず、必ずドライバーが責任を持って運転してください。

■ 数値は社内測定値。

ロードサインアシスト[RSA]

MOVIE

LEXUS SAFETY SYSTEM +A

フロントクロストラフィックアラート[FCTA]

MOVIE

交差点に進入する際など、前方左右から接近する車両を検知すると、大型カラーヘッドアップディスプレイで車両が近づいてくる方向をアニメーションで表示し、ドライバーが気づきやすい注意喚起を行います。車両が接近しているにもかかわらずドライバーが発進しようとした場合は、表示とブザー音で、さらに注意を促します。また、ディスプレイに表示されるパノラミックビューモニターと連携します。さらに、ITS Connectとも連携し、接近してくる車両に対する注意喚起を行います。

フロントクロストラフィックアラート[FCTA]
フロントクロストラフィックアラート[FCTA]

LEXUS SAFETY SYSTEM +A

Lexus CoDrive

レーダークルーズコントロール (全車速追従機能付)
レーダークルーズコントロール (全車速追従機能付)

Lexus Safety System + Aのレーダークルーズコントロールでは、新開発のミリ波レーダーによる広角の検知角度と、ステレオカメラによる広い前方認識範囲により、特に前方車両に対する割り込み検知にすぐれた認識性能を確保。発進・追従・離脱加速の際は乗員の安心感を確保しながらスムーズに加速し、追従減速の際は減速度の急変を抑えた滑らかな減速感を実現します。

  • 道路状況、車両状態および天候状態等によってはご使用になれない場合があります。Lexus CoDriveは高速道路や自動車専用道路での使用を前提として設計しています。また、車線内自動走行を実現したものではありません。本機能を過信せず必ずドライバーご自身で運転操作を行ってください。詳しくはレクサス販売店におたずねください。
レーントレーシングアシスト[LTA]

MOVIE

レーンチェンジアシスト[LCA]

MOVIE

高速道路や自動車専用道路を走行中、車線維持支援機能が作動中にレーンチェンジのための操舵、加減速、車線変更先車両監視の支援を行います。ドライバーのウインカー操作が支援開始の合図となり、レーンチェンジの操舵支援を行います。レーンチェンジ終了後に方向指示灯が自動消灯します。

レーンチェンジアシスト[LCA] <Lane Change Assist (LCA)作動イメージ>

LEXUS SAFETY SYSTEM

レーダークルーズコントロール (全車速追従機能付)

MOVIE

先行車の車速に合わせて、設定した車間距離を保ちながら追従走行を支援します。前方車両の車線変更を検知し、よりスムーズな加減速制御を実現します。

■全車速追従機能付では、追従制御で停止まで対応。停止状態を維持した後、先行車が発進した場合、スイッチ操作またはアクセル操作により追従走行を再開します。

■車間距離制御には状況により限界があります。装置を過信せず、安全運転をお願いします。

レーンチェンジアシスト[LCA]
  • 車種により設定が異なります。詳しくはレクサス販売店におたずねください。
  • 全車速追従機能付の設定がある車種もございます。詳しくはレクサス販売店におたずねください。
レーントレーシングアシスト[LTA]

MOVIE

  • ご紹介の機能は車種により設定が異なります。
    詳しくはレクサス販売店におたずねください。
レーンディパーチャーアラート[LDA*1]/
レーンキーピングアシスト[LKA*2

MOVIE

道路上の白線や黄線を認識し、車線を逸脱の可能性がある場合に注意喚起します。車線維持に必要なステアリング操作を支援するLKAも一部車両に設定しました。

  • *1.LDA: Lane Departure Alert
  • *2.LKA: Lane Keeping Assist

■本システムは幅約3m以上の車線を自車速度50km/h以上で走行時に作動します。

■レーンディパーチャーアラートはあくまで運転補助を支援する機能です。本機能を過信せず必ずドライバーが責任を持って運転してください。

  • マルチインフォメーションディスプレイのカスタマイズ機能を使用して、警報ブザーとステアリング振動の警報手段を切り替えることができます。
レーンディパーチャーアラート[LDA]/ レーンキーピングアシスト[LKA]
レーンディパーチャーアラート[LDA]/ レーンキーピングアシスト[LKA]
レーンディパーチャーアラート[LDA]/ レーンキーピングアシスト[LKA]

■レーンキーピングアシストは車線内自動走行を実現したものではありません。
必ずドライバーご自身でステアリング操作を行ってください。

Other Safety

ブラインドスポットモニター[BSM]

ブラインドスポットモニター [BSM]は、走行中、ドアミラーでは確認しにくい後側方エリアに存在する車両に加えて、隣接する車線の最大約60m後方までモニターし、急接近してくる車両も検知します。車両を検知するとドアミラー内のインジケーターが点灯、車両を検知した状態でウインカーを操作するとインジケーターが点滅し、より注意を喚起します。また、後方車両への接近警報は、後方車両から衝突される可能性が高いと判断した場合、ハザードランプを高速点滅させて、後方車両に注意喚起します。

デジタルアウターミラー

MOVIE

デジタルアウターミラーディスプレイに車両左右後方の映像を表示し、右左折時や後退時の死角を低減。後方確認のための首振り範囲を抑えることで、安全性向上に寄与します。また、鏡面ミラーより小型のデジタルアウターミラーハウジングを採用したことで、斜め前方の視界も拡大しました。

■デジタルアウターミラーの注意点

  • ⾛⾏前には、必ずミラーの表示範囲調整を安全な場所に停車して行い、⾛⾏中には絶対に⾏わないでください。調整を⾏っていないと、映像が正しい方向を表⽰していない場合があります。
  • デジタルアウターミラーのリバース連動・ウインカー連動・スイッチ操作による表示エリア拡大時には、通常映像時とは映像に映る⼈・物・⾞両のサイズが異なります。あらかじめ両者の映像の見え⽅を確認の上、ご使⽤ください。
  • 後続車のライトがちらついて見える、映像の色と実際の色が異なって見える、夜間に後続車のヘッドライトの周囲が白くぼやけて見えるなどの現象が発生することがありますが、異常ではありません。
  • 体調、年齢などにより、ディスプレイに焦点が合うまで時間がかかる場合があります。焦点が合わせづらいと感じたときは、安全な場所に停車し、ディスプレイの明るさを調整するなどし、焦点が合うまで運転は控えてください。
  • 運転中は、目視による車両周辺の安全確認も行ってください。
  • 立体駐車場など明るい場所と暗い場所が混在する場所や、夜間に後方車両のヘッドライトが映された場合などに、周囲が暗く映る場合があります。
  • カメラに⽔滴、雪、泥などの異物や汚れが付着していると、鮮明な映像を⾒ることができません。霜などはカメラヒーターを作動させ除去し、泥などの異物は大量の水で汚れを流した後、⽔で湿らせた柔らかい布でカメラレンズを拭いてください。

LEXUS SAFETY SYSTEM +A

上下2段式アダプティブハイビームシステム[AHS]

LEXUS SAFETY SYSTEM

オートマチックハイビーム[AHB]

MOVIE

夜間走行時に、周囲の明かりの状況によりハイビームで走行可能と判断した場合、ロービームをハイビームに自動的に切り替え、前方視界確保を支援します。

■ 車速30km/h以上で作動します。

■ ロー・ハイビームの切り替え自動制御には状況により限界があります。運転時にはつねに周囲の状況に注意し、必要に応じて手動で切り替えるなど、安全運転を心がけてください。

オートマチックハイビーム
  • 上下2段式アダプティブハイビームシステムの設定がある車種もございます。
    詳しくはレクサス販売店におたずねください。

LEXUS SAFETY SYSTEM +A

ドライバー異常時停車支援システム (LTA連動型)

MOVIE

LTA制御中にドライバーの無操作状態が継続している場合、音と表示と緩減速による警告でドライバーに操作を促すほか、ハザードとホーンで車外に異常を報知しながら自車線内に減速停車し、自損・加害事故の回避・事故被害低減を支援します。停車後は、ドア解錠やヘルプネット自動接続による救命要請も行い、早期のドライバー救命・救護に寄与します。

<ドライバー異常時停車支援システム作動イメージ>

Other Safety

ヘルプネット

MOVIE

突然の事故や急病のとき、緊急車両の出動を要請