ITS専用周波数で通信し安全運転をサポート。ITS Connect

ITS Connectは、クルマのセンサーでは捉えきれない見通し外の情報や信号等の情報を、道路とクルマ、あるいはクルマ同士が直接通信し、ドライバーに知らせることで安全運転を支援するシステムです。

路車間通信システム (DSSS: Driving Safety Support Systems)

道路とクルマの通信により、対向車・歩行者情報、信号情報などを取得し、ドライバーに注意を促すなどの運転支援を行います。

右折時注意喚起

対向車および歩行者を感知する交差点
対向車および歩行者を
感知する交差点
対向車のみを感知する交差点
対向車のみを感知する
交差点

交差点で右折待ち停車時に、接近する対向直進車や右折先に歩行者がいるにもかかわらず、ドライバーがブレーキペダルから足を離して発進しようとする等、見落としの可能性がある場合に、表示とブザー音による注意喚起を行います。

■交差点に設置されている路側装置 (感知器) の種類によって注意喚起の表示は2パターンあります。

右折時注意喚起

赤信号注意喚起

赤信号注意喚起

赤信号交差点に近づいてもアクセルペダルを踏み続け、ドライバーが赤信号を見落としている可能性がある場合に表示とブザー音による注意喚起を行います。

赤信号注意喚起

信号待ち発進準備案内

信号待ち発進準備案内
信号待ち発進準備案内

赤信号で停車した時、赤信号の待ち時間の目安を表示します。バー表示がグレーになった後、まもなく信号が変わります。

信号待ち発進準備案内

システムをより深くご理解いただき、より安全に走行していただくための重要なお知らせです。
システム全般
  • ※本システムは「路側装置が設置された交差点」または「本システムが搭載された周辺車両」との間でのみ作動します。
  • ※路側装置が設置された交差点であっても、交差点に進入する方向によっては、作動するシステムが異なる場合があります。
  • ※あくまでも補助機能です。システムを過信せず、常に道路状況に注意し、安全運転に心がけてください。
右折時注意喚起
  • ※路側装置が設置された交差点であっても、路側装置 (感知器) の種類や、交差点に進入する方向によっては、対向車のみを検知し、歩行者がいることを注意喚起しない場合があります。
  • ※以下のような場合、注意喚起しないことや、通知内容が実際の道路状況と異なる場合があります。
    • ・対向車や歩行者が路側装置(感知器)の検出範囲外に存在している場合。
    • ・路側装置(感知器)が、車両の特徴や環境条件、経年変化等によって、車両の未検知や誤検知を起こす場合。

車車間通信システム (CVSS: Connected Vehicles Support Systems)

クルマ同士が直接通信し、クルマの周辺状況に関する情報をダイレクトに授受することで、必要に応じた運転支援を行います。

通信利用型レーダークルーズコントロール

通信利用型レーダークルーズコントロール

先行車両が通信利用型レーダークルーズコントロール対応車両の場合、車車間通信により取得した先行車両の加減速情報にすばやく反応して車間距離や速度の変動を抑制し、スムーズな追従走行が可能となります。

通信利用型レーダークルーズコントロール

緊急車両存在通知

緊急車両存在通知

サイレンを鳴らしている緊急車両 (救急車) が存在する場合に、ブザー音が鳴り、自車両に対するおよその方向・距離・緊急車両の進行方向を表示します。

緊急車両存在通知

出会い頭注意喚起

出会い頭注意喚起

交差点で停車しているとき、左右から近づいてくる車両がいるにもかかわらず、ドライバーがブレーキペダルから足を離して発進しようとするなど、見落としの可能性がある場合に、表示とブザー音による注意喚起をおこないます。

緊急車両存在通知

右折時注意喚起

右折時注意喚起

交差点でウインカーを右に出して停車しているとき、対向車がいるにもかかわらず、ドライバーがブレーキペダルから足を離して発進しようとするなど、見落としの可能性がある場合に、表示とブザー音による注意喚起をおこないます。

右折時注意喚起

■画面は車両により異なります

システムをより深くご理解いただき、より安全に走行していただくための重要なお知らせです。
システム全般
  • ※本システムは「路側装置が設置された交差点」または「本システムが搭載された周辺車両」との間でのみ作動します。
  • ※路側装置が設置された交差点であっても、交差点に進入する方向によっては、作動するシステムが異なる場合があります。
  • ※あくまでも補助機能です。システムを過信せず、常に道路状況に注意し、安全運転に心がけてください。
通信利用型レーダークルーズコントロール
  • ※先行車や周囲の車両の走行状態によっては、スムーズな追従走行が行われない場合や、自車の速度や先行車との車間距離に影響がおよぶ場合があります。
緊急車両存在通知
  • ※通信機を搭載していない車両の存在は案内されません。ドライバー自身が周囲の安全を確認してください。
システムをより深くご理解いただき、より安全に走行していただくための重要なお知らせです。
システム全般
  • ※本システムは「路側装置が設置された交差点」または「本システムが搭載された周辺車両」との間でのみ作動します。
  • ※路側装置が設置された交差点であっても、交差点に進入する方向によっては、作動するシステムが異なる場合があります。
  • ※あくまでも補助機能です。システムを過信せず、常に道路状況に注意し、安全運転に心がけてください。
右折時注意喚起 (路車間通信システム)
  • ※路側装置が設置された交差点であっても、路側装置 (感知器) の種類や、交差点に進入する方向によっては、対向車のみを検知し、歩行者がいることを注意喚起しない場合があります。
  • ※以下のような場合、注意喚起しないことや、通知内容が実際の道路状況と異なる場合があります。
    • ・対向車や歩行者が路側装置(感知器)の検出範囲外に存在している場合。
    • ・路側装置(感知器)が、車両の特徴や環境条件、経年変化等によって、車両の未検知や誤検知を起こす場合。
通信利用型レーダークルーズコントロール
  • ※先行車や周囲の車両の走行状態によっては、スムーズな追従走行が行われない場合や、自車の速度や先行車との車間距離に影響がおよぶ場合があります。
緊急車両存在通知
  • ※通信機を搭載していない車両の存在は案内されません。ドライバー自身が周囲の安全を確認してください。

路車間通信システムに対応している交差点 (2021年8月時点)

バルーンをクリックすると、交差点への進入方向と対象サービスが確認できます。(2021年8月時点)
※交差点に設置されている路側装置のメンテナンスなどのため、予告なくサービスを一時休止する場合があります。常に周囲の状況を把握し、安全運転に心がけてください。

  • 東北
  • 関東
  • 中部
  • 近畿
  • 九州

地域:宮城

地域:東京、神奈川、埼玉、茨城

地域:愛知

地域:大阪

地域:福岡

Q&A

ITS Connectの情報を受信するには何を装備する必要がありますか?
ITS Connectをオプション選択いただく必要があります。後付車載器のご用意はありません。
※ETC2.0ユニット (もしくはITSスポット対応ユニット) とは別装備となり、互換性はありません。

ITS Connectの利用料金は必要ですか?
必要ありません。

通信車が近くにいることはわかりますか?
自車の周辺 (距離およそ100m) に通信車がいるときは、マルチインフォメーションディスプレイにITS Connectアイコンが点灯します。

対象交差点かどうかを走行中にわかることができますか?
交差点に近づき、かつシステムが作動可能な状態のときにマルチインフォメーションディスプレイにITS Connectアイコンが点灯します。
※交差点によってアイコンが点灯するタイミングは異なります。(150m~200m)

携帯電話やペースメーカー、除細動器など他の装備品などへの影響はありませんか?
出力される電波は携帯電話等と比較して微弱であるため、影響はありません。