47都道府県150人。
若き匠の技と感性が交わる3日間。

主催:LEXUS
共催:京都市、京都新聞、LEXUS NEW TAKUMI PROJECT実行委員会

「TAKUMI CRAFT CONNECTION -KYOTO by LEXUS NEW TAKUMI PROJECT」は、
2016年に開始された「LEXUS NEW TAKUMI PROJECT」を通じて47都道府県の匠、約150名が生み出した作品を一堂に公開するほか、匠とトップクリエイターとのコラボレーションによって創作される新たな作品によるインスタレーション、匠と京都の交わりをテーマとした展示などからなる、「日本の匠の未来」に触れていただくクラフトの祭典です。
工芸の中心地として長い歴史を歩んで来た京都の地で、全国の若き匠たちと人、土地、才能が交わることで、令和元年の日本が新たな時代を迎えた今、「新時代の匠たち」の姿を発信します。

JAPAN connection
若き匠約150人の作品が集結。
47都道府県の技と感性をめぐる旅へ。
CREATORS connection
5人のトップクリエイター×若き匠。
日本のモノづくりを世界へ。
未来を拓く、新たな才能の出会い。
KYOTO connection
京都の文化の担い手×5人の若き匠が紡ぎ出すインスタレーション。
五感で楽しむ、新しい体験がそこに。

総合監修

小山 薫堂 氏

イベント紹介動画

トークイベント

JAPAN connectionの会場である京都新聞社の2階にて、CREATORS conncectionのクリエイターと匠達、KYOTO connectionのアーティストと匠達のトークイベントを開催。作品に掛ける思いや日本のクラフト(ものづくり)の可能性まで、語っていただきます。

  • 2019年11月29日(金)11:00-12:00 谷尻 誠 × 関野 亮 (モデレーター:川又 俊明)
  • 2019年11月29日(金)14:00-15:00 森永 邦彦 × 百瀨 聡文 (モデレーター:川又 俊明)
  • 2019年11月30日(土)13:00-14:00 辰野 しずか × 鮫島 悦生 (モデレーター:下川 一哉)
  • 2019年11月30日(土)15:00-16:00 廣川 玉枝 × 伊藤 実 (モデレーター:下川 一哉)
  • 2019年12月1日(日)12:30-14:00 隈 研吾 × 平井 健太・岩本 大輔 (モデレーター:生駒 芳子)
  • 2019年12月1日(日)14:30-16:00 伊藤 東凌 × 中山 福太朗 × 東 福太郎 / 伊藤 東凌 × 林 智⼦ × 津⽥ 六佑

トークショーへの申込(参加無料・先着)はこちらから → https://lexus-newtakumi.peatix.com/
※申込受付期間:2019/11/11(月)~各トークショー実施日前日23時まで
※詳細は、上記リンクよりご確認ください。

LEXUS NEW TAKUMI PROJECT 公式Facebookでイベント情報を更新しています。
TAKUMI CRAFT CONNECTION KYOTOの最新情報をぜひご確認ください。

JAPAN connection

若き匠約150人の作品が集結。47都道府県の技と感性をめぐる旅へ。

作品を出展する匠一覧 ※参加する匠は、今後変更がある可能性があります。

■隈研吾氏が手がける展示空間に、全国約150名の匠の作品が集結

LEXUS NEW TAKUMI PROJECTの開始以来、LEXUSがサポートしてきた約150名の若き匠のプロダクトを一堂に集めて展示。プロジェクトから生まれた作品を一般に披露する展示の開催は、本プロジェクトとしても初の試み。会場は京都新聞ビル 地下1階。会場・空間演出は隈研吾氏が担当。
また同会場にて、京都市による「京ものユースコンペティション」の過去受賞者の作品も展示予定。
さらに、クリエイターによるトークイベントも本会場で実施予定。

■会場

  • 京都新聞ビル 地下1階

    開場時間: 10:00~17:00

展示企画

隈 研吾 氏

展示構成

生駒 芳子 氏

下川 一哉 氏

川又 俊明 氏

CREATORS connection

5人のトップクリエイター×若き匠。日本のモノづくりを世界へ。未来を拓く、新たな才能の出会い。

  • 隈 研吾

    建築家・東京大学教授

    隈 研吾

    近作に、サントリー美術館、根津美術館、浅草文化観光センター、長岡市役所アオーレ、歌舞伎座、豊島区庁舎、ブザンソン芸術文化センター、FRACマルセイユがあり、現在、16カ国で多数のプロジェクトが進行中。著書は『小さな建築』(岩波新書)『建築家、走る』(新潮社)、『僕の場所』(大和書房)『広場』(淡交社)他、多数。
    平井 健太

    木工作家

    平井 健太

    1984年静岡県生まれ。2010年飛騨高山で木工技術を習得後、アイルランドへ渡り「joseph walsh studio」に3年間勤務。 帰国後、奈良県川上村に移住し2017年「studio Jig」を開業。身に着けた特殊な技術により針葉樹の可能性を日々探っている。 国際家具デザインフェア旭川2017 ブロンズリーフ賞受賞。ウッドデザイン賞2017 優秀賞(林野庁長官賞)受賞

    岩本 大輔

    組子細工職人

    岩本 大輔

    高知県高知市生まれ。高校卒業後、建具製作技能士を取得。その後宮城県にて伝統的建具技法および、組子細工の修行後、2011年に帰郷。2016年株式会社土佐組子設立。組子を伝統工芸品だけではなく、現代の生活に合わせた商品開発を企画、制作、販売。また組子教室やワークショップ等を通じ伝統文化普及活動も行っている。

  • 廣川 玉枝

    SOMARTA クリエイティブディレクター

    廣川 玉枝

    ファッション、グラフィック、サウンド、ビジュアルデザインを手掛ける「SOMA DESIGN」を設立し、同時にブランド「SOMARTA」を立ち上げ東京コレクションに参加。第25回毎日ファッション大賞新人賞・資生堂奨励賞受賞。2017年SOMARTAのシグニチャーアイテム”Skin Series”がMoMAに収蔵され話題を呼んでいる。

    伊藤 実

    染の創作ぞうり 四谷三栄の3代目

    伊藤 実

    1975年、新宿区で生まれる。1998年神奈川大学を卒業後、すぐに初代、伊藤喜代次の下、四谷三栄に就く。 「履き心地の良いぞうり」を作るために、日々、鼻緒のスゲを探求する他、ぞうりのデザインにも力を入れている。 ハースト婦人画報社 発刊『美しいキモノ』にて毎号多数のぞうりのデザインを手掛けている。

  • 森永 邦彦

    ANREALAGE 代表取締役社長・デザイナー

    森永 邦彦

    2003年「アンリアレイジ」として活動を開始。2005年、ニューヨークの新人デザイナーコンテスト「GEN ART 2005」でアバンギャルド大賞を受賞。同年、東京タワー大展望台にてコレクションを開催、以降東京コレクションに参加。2014年秋よりパリコレクションデビュー。2017年、ANREALAGE FLAGSHIP SHOPをオープン。18年東京でAT TOKYOコレクションを発表。国内外50店舗で販売されている。

    百瀨 聡文

    挽物師

    百瀨 聡文

    1983年生まれ。静岡デザイン専門学校卒業後、静岡市伝統工芸技術秀士の挽物師 岸本政男氏、真紀氏に師事。2010年山間の古民家(築150年)を拠点とする。11年「挽物所639」を設立。2013年moyocami galleryをオープン。木工ろくろ、旋盤を使い、木の皿など丸いものなら何でも製作する。数十年前は大勢いた挽物師も今は数えるほど。静岡挽物を広めるため、今できることに挑戦している。

  • 辰野 しずか

    クリエイティブディレクター・プロダクトデザイナー

    辰野 しずか

    英国のキングストン大学プロダクト&家具科を首席で卒業後、デザイン事務所を経て2011年に独立。2017年より株式会社 Shizuka Tatsuno Studioを設立。家具、生活用品、ファッション小物のプロダクトデザインを中心に、企画からディレクション、付随するグラフィックデザインなど様々な業務を手掛ける。2016年 ELLE DECOR日本版「Young Japanese Design Talents」賞など受賞多数。

    鮫島 悦生

    薩摩切子職人

    鮫島 悦生

    1978年鹿児島県生まれ。1996年鹿児島県立甲陵高等学校卒業。2004年薩摩びーどろ工芸株式会社入社。2014年「かごしまの新特産品コンクール」鹿児島県特産品協会理事長賞受賞。薩摩切子のガラス生地の良さを引き出すカットデザインを模索しながら、作品作りに取り組んでいる。

  • 谷尻 誠

    建築家・起業家・SUPPOSE DESIGN OFFICE Co.,Ltd. 代表取締役

    谷尻 誠

    1974年 広島生まれ。2000年建築設計事務所SUPPOSE DESIGN OFFICE設立。'14年より吉田愛と共同主宰。広島・東京の2ヵ所を拠点とし、インテリア、住宅、複合施設など国内外合わせ多数のプロジェクトを手がける。「社食堂」や「絶景不動産」「21世紀工務店」を開業するなど、活動の幅も広がっている。

    関野 亮

    ガラス工芸家

    関野 亮

    1978年大阪府生まれ。1997年大阪デザイナー専門学校プロダクトデザイン学科卒業。2004年Keith Rowe Glass Studio制作スタッフ、2005年大阪芸術大学工芸学科ガラス工芸コース副手・技術指導員を経て、2012年に吹きガラス工房SORTE GLASS設立。全国の百貨店やギャラリー、韓国などで個展開催。NEW GLASS REVIEW 28入選(USA)、大阪工芸展 大阪府知事賞など様々な賞を受賞。

■世界から認められるクリエイター×若き匠によるコラボレーション

LEXUS NEW TAKUMI PROJECTでは、匠が世界へ羽ばたくことを支援するべく、世界から高い評価を受けるクリエイターとのコラボレーションが実現し、プログラムに参加する6名の匠が決定。
また、参加クリエイターには、隈研吾氏をはじめとした異なるジャンルの最前線で活躍するクリエイターが登場。約半年間のプログラムの中で生まれる6つのコラボレーション作品は、平安神宮 額殿に展示予定。会場・空間演出は、JAPAN connection同様、隈研吾氏が担当する。

■会場

  • 平安神宮 額殿

    開場時間: 10:00~17:00

展示企画

隈 研吾 氏

展示構成

生駒 芳子 氏

下川 一哉 氏

川又 俊明 氏

KYOTO connection

京都の文化の担い手×5人の若き匠が紡ぎ出すインスタレーション。五感で楽しむ、新しい体験がそこに。

COLLABORATION

  • 中山 福太朗

    茶人

    中山 福太朗

    1986年生まれ。2013年、陶々舎の立ち上げに参加。鴨川でお茶を振る舞う「鴨茶」、無印良品での定期的なワークショップ「当世日本茶湯見聞記」、「Shimaya Stays Komatsu residence」(京都市)の屋上茶室設計、「electronic evening 2019電子音楽の夕べ」(京都市・法然院)での茶会など、今に接続する茶の湯を様々な形で具体化する活動を続けている。

    東 福太郎

    伝統工芸士

    東 福太郎

    1981年和歌山県の桐の材木屋に生まれる。京都伝統工芸専門学校にて、京の名工、内藤邦夫・内藤政一に師事し京指物を学ぶ。卒業後、家業を継ぎ桐箪笥職人となる。桐箪笥職人の傍ら材木業も行い双方の知識と技術から、和歌山県重要文化財の名手八幡神社の内装工事などを行う。現在は桐箪笥の製作の傍ら体に無害な桐の雑貨ブランドActive Zoneをシリーズ化するため商品開発中。

  • 林 智⼦

    美術家

    林 智⼦

    兵庫県生まれ。幼少期のアメリカの砂漠地帯での暮らしや、多国籍な街ロンドンで学生時代を送る中で、人と人の距離感について興味を持ち、現代人の親密さと交感をテーマにした作品を模索し始める。卒業後にダブリンに渡りMIT Media Lab Europeとコラボレーション作品を制作し、2005年に英国Victoria and Albert 美術館、2007年に大阪国立国際美術館で展覧会に参加。現在は京都に戻り、東洋の円環的で直観的な思考に触発されながら新たな作品を模索し続けている。

    津⽥ 六佑

    加賀⽔引 5代⽬

    津⽥ 六佑

    立体的な水引細工・折型の創始者である津田左右吉氏の玄孫にあたり、水引折型に囲まれた環境で育ち、大学卒業後はWEBデザイナーとして企業に10年勤務する。その後、2014年から5代目として家業を継ぐ。2016年石川県立伝統産業工芸館にて「加賀水引展」を開催。またアーティストのステージ衣装の提供や企業CMのアート作品の製作・監修なども行う。

  • 望⽉ めぐみ

    切り絵作家

    望⽉ めぐみ

    1978年神奈川生まれ。東京学芸大学在籍中より切り絵作家として活動開始、現在は京町家「あじき路地」に工房を構える。紙をナイフで刻んで生まれる透過美を追求し、近年は50メートルに及ぶ一枚紙を手で彫り上げた大型作品を国内外で発表。作品を通して人の手仕事の持つ可能性を伝える。主な活動に知恩院個展、秋吉台国際芸術村・海外派遣アーティスト選抜、飛鳥大仏コラボレーションなど。著書に「平安絵巻の素敵な切り絵」(PHP研究所)。スイス切り絵協会会員。

    ⼗川 賀菜⼦

    ガラス作家

    ⼗川 賀菜⼦

    1986年大阪府生まれ。17歳の頃、ヴェネツィアの吹きガラス工房を訪れた際に、熔けたガラスの動から静へと表情が変化する面白さと可能性に、高校で学んだ日本画の技法を活かして新しい表現ができないかと思い、大阪芸術大学工芸学科ガラスコースへ入学。キルンワークという鋳造技法と墨や胡粉、箔を使って作品制作を行う。現在は主にアメリカで作品発表している。

  • ⽵内 誠⼀郎

    建築家

    ⽵内 誠⼀郎

    1983年東京生まれ。 2006年東京大学工学部建築学科卒業。2006年から2016年まで安藤忠雄建築研究所。 2016年竹内誠一郎建築研究所設立。現在は京都を拠点に、都市型貸別荘、ホテルなどの建築プロジェクトを京都、東京、大阪で進行中。代表作にresidence jo mibubanba (第7回京都建築賞奨励賞受賞)、 node hotelなど。

    濱⽥ 洋直

    ⼟佐和紙職⼈

    濱⽥ 洋直

    1977年高知県いの町神谷で浜田和紙の長男として生まれる。1997年人間国宝である祖父・濵田幸雄に師事。2011年浜田和紙、四代目を継承。2013年弟の治と株式会社浜田兄弟和紙製作所「hamadawashi」を設立。多彩な和紙の使い方により、国内外様々なアーティストとコラボレーションする。「土佐典具帖紙」は、2001年に国の重要無形文化財に指定されている。

  • 美素食 -meisushi-

    アーティスト

    美素食 -meisushi-

    素食- s u s h i - は中国、台湾の精進料理であリ、日本の精進料理の基盤でもある。松永智美は、素食を通し素材の力を追求し研究していくなかで、独自の造形味・造形美を見出す。「美素食- m e i s u s h i - 」は、それらを食として取り入れることで命の質の向上を目指している。よりアート性を重んじ、食空間の創出を目的とした「美素食」の料理席として現象アーティスト斉/S a i ・デザイナー若林麻耶らとともに新たな展開をしている。
    (写真は左から若林麻耶、松永智美、斉/S a i)

    和⽥⼭ 真央

    陶芸家

    和⽥⼭ 真央

    1985年大阪生まれ。2008年サウスダコタ州立大学卒業。2009年昼馬和代氏に師事し、2010年第16回新美工芸会展「読売テレビ賞」受賞。2012年京都工芸ビエンナーレ入選、2013年第5回菊池ビエンナーレ、第22回日本陶芸展、第6回現代茶陶展、神戸ビエンナーレに入選。2014年第3回萩大賞展入選。

■京都の文化の担い手と共に紡ぎ出す、五感で楽しむインスタレーション

LEXUS NEW TAKUMI PROJECT出身の若き匠5名と、茶人や作家など京都ならではの文化を担うアーティストとのコラボレーションが実現。 キュレーターを務めるのは両足院の副住職 伊藤東凌氏。「情の風光 ~もののあはれ~」をテーマに、両足院の空間を活かした、五感で楽しむインスタレーション展示を実施予定。会場は両足院(建仁寺山内)。

■会場

  • 両足院(建仁寺山内)

    拝観料: 600円

    開場時間: 10:00~17:00

キュレーター

伊藤 東凌 氏

MESSAGE

■主催

  • 沖野 和雄

    Lexus International レクサスブランドマネジメント部 室長

    沖野 和雄

    MESSAGE
    各地域の匠の皆さんへのサポートを通じ、一人ひとりが伝統の技を磨き、使い手の気持ちやどういう瞬間にお客様が笑顔になるかを考えてモノづくりをしている姿に出会い、多くのことを学ばせていただきました。LEXUSでも精緻なモノづくりだけではなく、その先にあるお客様の気持ちまで考え抜く精神を「CRAFTED」と呼び、大切にしています。ぜひ、京都にお越し頂き、日本人の持つ「CRAFTED」な精神が宿るモノづくりを直に感じられる機会を、多くの方に楽しんでいただきたいと思っています。

■共催

  • 門川 大作

    京都市長

    門川 大作

    MESSAGE
    作り手と使い手、精神文化とモノづくり。その相互のすばらしい関係の中で、互いに刺激を与え合い、進化・発展してきた匠の技は、我が国の大切な宝です。
    その担い手である日本各地の匠の皆さんを3年間にわたり応援し続けてこられたLEXUS NEW TAKUMI PROJECTに、非常に感銘を受けております。
    文化は交流の中から生まれます。約150名の若き匠たちの作品が京都に集い、京都の職人や文化と交流するこの祭典は、新たな文化や価値が生まれるきっかけとなります。さらに、本市が実施する「京ものユースコンペティション」との連携により、新たな時代の匠の更なる活躍につながることと確信しております。

SUPPORT MEMBER PROFILES

■サポートメンバー

  • 小山 薫堂

    プロデューサー

    小山 薫堂

    1964年に熊本県天草市に生まれる。大学在学中に放送作家としての活動を開始し、これまでに「カノッサの屈辱」「料理の鉄人」「東京ワンダーホテル」「ニューデザインパラダイス」など斬新な番組を数多く企画・構成。初の映画脚本となる「おくりびと」では、第60回読売文学賞戯曲・シナリオ部門賞、第32回日本アカデミー賞最優秀脚本賞、 第81回米アカデミー賞外国語映画賞を受賞した。
    企画の原点は自らの誕生日会であり、どのように人を楽しませればいいかを幼い頃から考えていた。子供の頃になりたかった職業は詩人。企画を考えるときに自分に問いかけるのはこの3つ。
    「それは新しいか?」「それは誰を幸せにするか?」「それは自分にとって楽しいか?」。くまモンの生みの親でもある。
    MESSAGE
    このプロジェクトが始まった頃から、どんな作品が出来上がるかと同じくらい、その作品が誰に出会うかが非常に重要だと言ってきました。
    3年目を迎え、今では匠同士がそれぞれの感性や技術を交換しあい、新しいコラボレーションを次々に生み出しています。伝統と革新の融合。日本のみならず世界中から注目があつまる匠の聖地である京都は、この3年分の発表にふさわしい場所だと思っています。このイベントを通じ、より多くの方がNEW TAKUMIの作品に触れることによって、また新しい化学反応が起こることを、信じております。
  • 隈 研吾

    建築家・東京大学教授

    隈 研吾

    近作に、サントリー美術館、根津美術館、浅草文化観光センター、長岡市役所アオーレ、歌舞伎座、豊島区庁舎、ブザンソン芸術文化センター、FRACマルセイユがあり、現在、16カ国で多数のプロジェクトが進行中。著書は『小さな建築』(岩波新書)『建築家、走る』(新潮社)、『僕の場所』(大和書房)『広場』(淡交社)他、多数。
    MESSAGE
    今回、コラボレーションさせていただく私の一番の役割は“ひらく”ことだと思っています。
    コラボレーションを通じて、その人たちがやってきたことを横に“ひらく”ことができる、すなわち違う領域に向かって拡張することができる、ということです。日本ではよく“掘る(深掘る)”方に意識がゆきますが、横に“ひらく”ことは、また新しいところを掘ることだってできるようになります。そういう意味で、日本の技・匠の技というのは非常に拡張性が高いものだと感じています。
  • 生駒 芳子

    ファッション・ジャーナリスト/アート・プロデューサー

    生駒 芳子

    VOGUE, ELLEの副編集長を経て、2004年〜marie claire の編集長を務める。2008年に独立後は、ファッション、アート、デザイン、エシカル、クール・ジャパンなど、幅広いトピックで編集・企画・プロデュースを行なう。2010年からはクール・ジャパン官民有識者会議の委員を務め、伝統工芸開発プロジェクト「FUTURADITION WAO」をプロデュース。文化庁日本遺産プロデューサー、三重テラスクリエイティブ・ディレクター、JFW(ジャパンファッションウィーク)委員など。
  • 下川 一哉

    デザインプロデューサー、エディター、株式会社 意と匠研究所代表

    下川 一哉

    1963年、佐賀県生まれ。1988年、早稲田大学政治経済学部経済学科卒業。同年、日経マグロウヒル(現・日経BP社)入社。日経イベント編集、日経ストアデザイン編集などを経て、1994年に日経デザイン編集に配属。1999年より副編集長。2008年より編集長。2014年3月31日に日経BP社を退社、4月に意と匠研究所を設立。
  • 川又 俊明

    クリエイティブプロデューサー

    川又 俊明

    1975年茨城県生まれ。早稲田大学卒業後、DESIGN ASSOCIATION NPOを経て、2015年シンクシンク株式会社設立。15年に渡り、DESIGN ASSOCIATION NPOで統括プロデューサーとして、数々のクリエイティブ・プロジェクトのプランニング、プロデュース、ディレクションを担当。商品開発、イベント、展示、広告、CI、販促、映像制作、空間デザイン、映像制作、店舗開発、アート制作、デザインアワード等、その領域は多岐にわたる。現在、福島県クリエイティブ伝統工芸創出事業のプロデュースや青森県弘前市や佐賀県嬉野市などの地方創生プロジェクトに携わっている。

■キュレーター

  • 小山 薫堂

    両足院 副住職

    伊藤 東凌

    MESSAGE
    両足院という空間を活かした展示にしていくために、通路や廊下、庭も含めてあまり境界を設けない、良い意味での曖昧さを残していきたいと考えています。「情」というものがそうであるように、隣り合う作家さんの作品同士も分け切って考えず、その境界線をなくしていただこうと思っています。今回、京都らしい文化的活動をされているアーティストの皆さん にご参加いただいております。この空間だからこその響きあい、インスピレーションを是非感じていただきたいです。

開催概要

TAKUMI CRAFT CONNECTION
▶︎KYOTO
by LEXUS NEW TAKUMI PROJECT〜47都道府県150人。若き匠の技と感性が交わる3日間。〜
開催日
2019年 11月29日 ▶︎ 12月1日
会場
JAPAN connection
CREATORS connection
KYOTO connection
京都新聞ビル 地下1階 (map)
平安神宮 額殿 (map)
両足院(建仁寺山内)(map)
主催
LEXUS
共催
京都市、京都新聞、LEXUS NEW TAKUMI PROJECT実行委員会