"PROT×PLOT"−sayu

人、時、場所。
使い手に想いを馳せ、
「自由」を残した釜づくりを。

燕市の鎚起銅器の技術と、地域の金属加工技術を組み合わせ完成した「白湯の釜」。匠が大切にするのは、使い手の生活空間を想像すること。
ブランド名の「PROT=基本形」、「PLOT=見立て」が意味するように、サイズやカラー・テクスチャといったそれぞれのパーツは、好みで自由にカスタマイズ可能。完成品にも「自由」という美しい余白を残すことで、使い手の創造力をかきたてる。

渡邉 和也 KAZUYA WATANABE

鎚起銅器職人

新潟県 / NIIGATA

渡邉 和也

1978年新潟県三条市生まれ。2001年長岡造形大学工芸デザインコース卒業後、銅器製作の老舗玉川堂に入社。鎚起銅器の伝統技術を学び、2006年に独立。鍛工舎を開設する。第43回日本現代工芸美術展新人賞、第47回日本現代工芸美術展現代工芸賞、他多数受賞。2010年より個展を中心に活動。