ものがたりのある ≪襖 引手≫

引手に日本の美意識を。
空間を仕切る襖が
物語をつくりだす。

「ものがたりのある ≪襖 引手≫」は、匠自身の持つ陶磁器ブランド「SIONE」のテーマ「読むプロダクト」をコンセプトとしており、匠自身の執筆したオリジナルの物語を図案化とした作品。京都の唐紙職人と作った"本"をイメージしたケース≪引手 BOOK≫に収納している。日本建築を仕切る襖の引手に取り付けることで、空間に物語を与える。

河原 尚子 SHOWKO KAWAHARA

陶板画作家・
陶磁器デザイナー

京都府 / KYOTO

河原 尚子

京都府出身。茶陶の窯元「真葛焼」に生まれる。佐賀での陶芸の修行の後、2005年より独特の技法での陶板画制作をはじめる。2009年、プロダクトブランド「SIONE(シオネ)」を立ち上げる。陶板画制作・デザイン・老舗のブランディングやアートプロジェクトなどを通じて、もてなしの時間や空間を創造し、国内外で作品を発表している。