KAMIHITOE

「永遠」をつなぐデザイン。
持ち運べる組子細工という
新しい挑戦。

KAMIHITOEは欄間や障子など、建具の装飾として使われる組子細工に樹脂をハイブリッドさせることで誕生した。そのデザインモチーフは、レクサスのスピンドルグリル。エターナル(永遠)という名を付けた組子文様は、終わることのない人と人との結びつきを表現。土佐組子の伝統を守りながら、大胆な挑戦を吹き込んだ。

岩本 大輔 DAISUKE IWAMOTO

組子細工職人

高知県 / KOCHI

岩本 大輔

高知県高知市生まれ。高校卒業後、建具製作技能士を取得。その後宮城県にて伝統的建具技法および、組子細工の修行後、2011年に帰郷。2016年株式会社土佐組子設立。組子を伝統工芸品だけではなく、現代の生活に合わせた商品開発を企画、制作、販売。また組子教室やワークショップ等を通じ伝統文化普及活動も行っている。