リコール・改善対策情報

届出番号
4556
リコール開始日
8月29日

SC430のリコール

平成17年から平成22年に生産したSC430の一部車両につきまして、令和元年8月28日に下記内容のリコールを国土交通省へ届け出しました。

ご愛用の皆様にはご迷惑をおかけし誠に申し訳ございませんが、レクサス販売店からご案内させていただきますので、お早めに点検・修理をお受けいただきますようお願い申し上げます。

お客様のご愛用車が対象車両かどうかは、リコール等情報対象車両検索でご確認いただけます。

なお、トヨタ車につきましては、平成15年から平成20年に生産したカローラなどが対象となります。詳細につきましては、トヨタHPのリコール情報でご確認いただけます。

リコールに関するご質問はレクサスインフォメーションデスクへ、ご来店日時についてはご愛用車取り扱い販売店へお問い合わせください。

レクサスインフォメーションデスク お問合せやご意見・ご要望はこちらまで
[フリーコール]
0800-500-5577
[受付時間]
9:00~18:00 (365日年中無休)

リコールの概要

【1. 不具合の状況】

助手席用エアバッグのインフレータ(膨張装置)において、ガス発生剤の吸湿防止が不適切なため、温度および湿度変化の繰り返しによりガス発生剤が劣化することがあります。このため、エアバッグ展開時にインフレータ容器が破損するおそれがあります。

【2. 改善の内容】

全車両、予防的措置としてエアバッグインフレータを代替品と交換します。

【3. 対象車両】
型式 通称名 対象車の含まれる車台番号 製作期間 対象車の台数 備考
DBA-UZZ40 SC430 UZZ40-9000000~
UZZ40-9021961
平成17年 8月 1日~
平成22年 7月16日
3,196  

備考:
本届出の対象範囲は、平成27年6月25日から平成28年3月2日提出の届出番号「3591」「3781」にてリコール届出をしたものであり、改善措置により乾燥剤が入っていないタカタ製の新品インフレータに交換したものについて、再度リコール届出をするものです。

注意:
1.対象車の含まれる車台番号の範囲には、対象とならない車両も含まれます。
2.対象車の製作期間はご購入の時期とは異なります。

交換修理用として出荷し、組付けられた可能性がある車両が特定できないもの

対象製品 部品番号 対象部品の出荷期間 対象数 備考
エアバッグアッセンブリ 73960-12030 平成28年 4月 7日~
平成31年 2月 8日
5  
73960-12110 2
73960-12120 4
73960-22010 3
73960-22020 1
73960-24020 4
73960-24040 2
73960-28090 26
73960-52070 3
73960-52100 2
73960-52101 4
73960-53011 2
73960-58010 9
73960-58020 25
73960-77010 2
73970-05090 6
73970-12110 5
73970-12150 3
73970-28080 2
73970-44060 2

交換修理用部品が組付けられた車両は、同様の改善を実施します。

お客様へのお願い

ご愛用の皆様には、ご迷惑をおかけして誠に申し訳ございませんが、レクサス販売店からご案内させていただきますので、お早めに、レクサス販売店へご来店日時をご予約いただき、点検・修理(無料)をお受けいただきますようお願い申し上げます。

ご愛用の皆様には大変ご迷惑をおかけ致しましたこと、心からお詫び申し上げます。

リコールに関するご質問はレクサスインフォメーションデスクへ、ご来店日時についてはご愛用車取り扱い販売店へお問い合わせください。

レクサスインフォメーションデスク お問合せやご意見・ご要望はこちらまで
[フリーコール]
0800-500-5577
[受付時間]
9:00~18:00 (365日年中無休)