2021.6.12

LEXUS、新型「NX」を世界初公開
― 次世代LEXUSの幕開けを象徴する第1弾モデル ―

― 電動化ビジョン「Lexus Electrified」のもと、LEXUS初のPHEVを導入し、HEVとともに電動車の普及を加速

― 次世代LEXUSの礎となる、走り、デザイン、先進技術を全面刷新したグローバルコアモデル

― 駆動力コントロール、空力、軽量化等の基本性能を徹底的に磨き上げ、「Lexus Driving Signature」を継承・深化

― 運動性能や機能に寄与するプロポーションの“独自性”とテクノロジーに根差した“シンプリシティ”を追求した、次世代LEXUSのデザイン

― 人間中心の考え方に基づいた、最新の先進安全技術と利便性向上

LEXUS NX(プロトタイプ)
LEXUS NX(プロトタイプ)
LEXUS NX(プロトタイプ)

LEXUSは、カーボンニュートラル社会の実現と、多様化するお客様のニーズやライフスタイルに寄り添うクルマづくりを推進させる次世代LEXUSの第1弾モデルとして、新型「NX」を世界初公開しました。日本での発売は、2021年秋頃を予定しています。

LEXUSは、1989年の創業以来、常にイノベーションの精神を貫き、お客様に新たな技術や価値を提供することに挑戦し続けてまいりました。1998年に初代RXを発売し、ラグジュアリークロスオーバーSUVというカテゴリーを新たに創出し、同カテゴリーを牽引してきました。2014年にはNXを発売し、「Premium Urban Sports Gear」をコンセプトに、都会を機敏に駆け抜ける高い走行性能と、SUVらしい力強いデザインがお客様からご好評をいただき、2021年4月末時点で90以上の国と地域で累計約100万台を販売し、RXと共にLEXUSのグローバルコアモデルへと成長しました。

新型NXは、生命的な躍動感(Vital)と先進技術(Tech)を融合したスポーツギア「Vital x Tech Gear」を開発コンセプトとし、走り、デザイン、先進技術を全面刷新し、次世代LEXUSの幕開けを象徴する第1弾モデルです。電動化ビジョン「Lexus Electrified」に基づき、LEXUS初のPHEVをグローバルコアモデルであるNXに設定し、HEVとともに電動車の普及を加速させていきます。また、今後の電動車においてもLEXUSならではのドライビング体験をご提供すべく、駆動力コントロール、空力、軽量化等の基本性能を徹底的に磨き上げ、「Lexus Driving Signature」を継承・深化させました。更に、2.5L自然吸気、2.4Lターボなど多様なパワートレーンラインアップを揃えていくことで、多様化する世界各国のお客様のニーズにお応えします。

<新型NXの主な特長>

①カーボンニュートラル社会への貢献や多様化するお客様のニーズに寄り添った多彩なパワートレーンを採用

②駆動力のコントロールに着目した接地感、力感(りきかん)、安心感のあるLEXUSらしい走り

③運動性能や機能に寄与するプロポーションの“独自性”とテクノロジーに根差した“シンプリシティ”を追求した、次世代LEXUSのデザイン

④人間中心の考え方に基づいた、最新の予防安全技術と利便性を高める先進技術の採用

<Lexus International チーフエンジニア 加藤 武明>

新型NXの開発は、LEXUSの新たな挑戦の連続でした。考え抜いた設計構造を、コンピューターモデルを駆使して様々な条件で評価し、生産性を確認して品質を確保する「デジタル開発」を実施。走りではプロのレーシングドライバーによる下山テストコースでの走り込みを行い、クルマの体幹を徹底的に鍛えあげ、駆動力コントロール技術によりLEXUSの走りの味を継承・深化させました。パワートレーンはLEXUS初のPHEVや新開発の2.4Lターボに新開発の電子制御フルタイムAWDなど多彩にラインアップ、また、数多くの先進技術や新世代のマルチメディアも新たに開発しました。魅力的なデザインや各性能は仕入先様のご協力をはじめ、多くの生産技術の革新や工夫で実現しました。移動の制約など困難な環境下で企画、開発、生技、製造が国境を越えてオンラインでつながり、LEXUS初、世界3拠点での生産を実現します。これらすべてはお客様の笑顔のためにチーム一丸となって全力で取り組んできたことです。ぜひ、新世代LEXUSの挑戦、そして我々開発チームが情熱を注いでお届けする新型NXをご体感ください。

【新型 NX 主要諸元】

全長 4,660(+20)mm
全幅 1,865(+20)mm
全高*2 1,640(+5)mm
ホイールベース 2,690(+30)mm
パワートレーン 2.5L 直列4気筒プラグインハイブリッドシステム
2.5L 直列4気筒ハイブリッドシステム
2.5L 直列4気筒自然吸気
2.4L 直列4気筒ターボ
タイヤサイズ 235/50R20
235/60R18

( )括弧内は従来型比

*1
2021年6月現在発表済みの車種において、LEXUS調べ
*2
新型・従来型共に、シャークフィンアンテナの高さは含まない
電動車の普及を加速させるLEXUS初のPHEV

LEXUSは、2019年に発表した電動化ビジョン「Lexus Electrified」に基づき、車両の基本性能を大幅に進化させることで、モビリティ社会が変化し続ける時代においても、お客様へクルマがもたらす楽しさ・喜びを提供し続けることを目指しています。新型NXでは、LEXUS初のPHEVを導入し、グローバルコアモデルとして実用的なEV航続距離、力強い加速性能、高い静粛性を実現することで、HEVとともに電動車の普及を加速させていきます。

<プラグインハイブリッドシステム>

充電モード(プロトタイプ)

充電モード(プロトタイプ)

PHEV システム (プロトタイプ)

PHEV システム (プロトタイプ)

PHEV バッテリー(プロトタイプ)

PHEV バッテリー(プロトタイプ)

リニアな操舵感と駆動力のバランスをSUVでも実現したLexus Driving Signature

新型NXでは、GA-Kプラットフォームを採用・改良し、軽量で高剛性なボディと低重心化したパッケージとしました。車両の基本性能を大幅に向上させ、LEXUS独自の乗り味であるドライバーの意図に忠実でリニアな応答を継承しました。またLEXUS初のPHEVを含む6つのパワートレーンを導入、駆動力をコントロールし、あらゆる走行シーンで減速、操舵、加速がシームレスに繋がる気持ち良さと接地感、力感、安心感のある走りを実現し、「Lexus Driving Signature」をさらに深化させました。

<6種のパワートレーン>
2.5L PHEV E-Four(「A25A-FXS」エンジン+THSⅡPlug-in +リヤモーター)

2.5L HEV E-Four(「A25A-FXS」エンジン+THSⅡ+リヤモーター)
2.5L HEV FF(「A25A-FXS」エンジン+THSⅡ)

2.4L-T AWD(「T24A-FTS」エンジン+Direct Shift-8AT+電子制御フルタイムAWD)

2.5L AWD(「A25A-FKS」エンジン+Direct Shift-8AT+電子制御スタンバイAWD)
2.5L FF(「A25A-FKS」エンジン+Direct Shift-8AT)

Turbo エンジン(プロトタイプ)

Turbo エンジン(プロトタイプ)

Turbo システム (プロトタイプ)

Turbo システム (プロトタイプ)

<高剛性・軽量ボディ>

LEXUS NX(プロトタイプ)
LEXUS NX(プロトタイプ)

<サスペンション、ブレーキ、タイヤ>

新開発のサスペンションは、フロントはマクファーソンストラット式、リヤはトレーリングアーム式ダブルウィッシュボーンを採用。新開発のアブソーバーは、摺動部品の変更により、微低速の減衰力を確保。F SPORTには最新AVSを標準装備し、操安性・乗り心地を高次元で両立させています。ホイールとの締結構造は、スタッドボルトとハブナット締結からハブボルトによる締結に変更。高剛性化とばね下の軽量化(ハブナット締結時比約0.7kg減)により、すっきりとした手応えのある操舵フィールと質感の高い乗り心地に貢献します。20インチタイヤにはExtended Mobility Tire(EMT)を採用*2し、万が一のパンクの際も一定距離を走ることができる性能を確保しながら、上質な乗心地を提供します。ステアリングには、LEXUS初のバリアブルラックギアを採用*3。高速域の安定性を保ちつつ、コーナリングでのクイックなレスポンスを両立しています。また、低速域での取り回しの良さにも寄与しています。ブレーキは、人間工学に基づいて新形状のブレーキペダルパッドを開発し、踏み変え/踏み込み操作のしやすさを追求。PHEVとHEVにはペダル戻し減衰機構をLEXUS初採用し、ペダル抜き操作の動的質感を高めました。また、最新のLexus Safety System +に対応するブレーキアクチュエーターを開発しました。

<空力性能>

空力操安技術にも徹底的にこだわりました。ドア意匠面からガラス面までの段差を最小化したフラッシュベルトモールを採用し、風流れを整流することで、操縦安定性を向上。床下においては、エンジンアンダーカバーにディンプル形状を設け、微小渦を床下に発生させることで接地感を高めるとともに、高速域の走行安定性に寄与します。フロントバンパーは風流れの整流とダウンフォースに考慮した形状とし、リヤバンパーには開口を設け、ばね上の上下運動を低減しました。

<静粛性>

LEXUSに相応しい静粛性を目指し、車室内に侵入するノイズを低減するために車両各部の吸音材、遮音材の最適配置に加えて、ボディの気密性を飛躍的に向上しました(従来音圧レベル比約15%低減)。更に、高速域での静粛性にこだわり、LEXUS初採用となるオープニングウェザーストリップとフロントドアガラスラン形状を新開発し、ドアのシール性を向上。フロントドアガラスには、高遮音タイプを採用しました。エンジンフードには、LEXUS初採用となるツインロック構造を用いることで、空気の乱れによるエンジンフードの振動を抑制し、静粛性向上に寄与。2.4LターボモデルにはActive Noise Control/Engine Sound Enhancementを採用することで、4気筒ターボ特有のノイズを除去しつつLEXUSらしい調和の取れたサウンドで気持ちいい走りを演出しています。

フロントサスペンション(プロトタイプ)

フロントサスペンション(プロトタイプ)

HEV/PHEV リアサスペンション(プロトタイプ)

HEV/PHEV リアサスペンション(プロトタイプ)

LEXUS NX 空力イメージ

LEXUS NX 空力イメージ

*1.
ノーマルルーフのみ採用
*2.
18インチはノーマルタイヤのみの設定
*3.
PHEVを除く
躍動感と先進技術が融合した、次世代LEXUSを切り開くデザイン

新型NXでは、次世代LEXUSのデザインランゲージ確立に向けた挑戦として、運動性能や機能に寄与するプロポーションに根差した“独自性”と、テクノロジーに根差した“シンプリシティ”の追求を目指しています。「プロポーションに根差した独自性の追求」とは、動的性能に基づく独創的なパッケージに艶のあるフォルムとLEXUSならではの切れ味の両立を目指すとともに、今回の新型NXのエクステリアではプラットフォームの変更による骨太なダイナミックさと艶やかな造形の表現を指します。「テクノロジーに根差したシンプリシティの追求」とは、イノベーティブな機能や技術をシンプルな意匠によって表現することです。それをもとに、インテリアは、それぞれの乗員をもてなす空間づくりをベースに、クルマとドライバーがより直感的につながり、より運転操作に集中できる新たなコックピット思想「Tazuna Concept」を初めて取り入れました。

<新プラットフォーム採用によるダイナミックな骨格と後席空間の拡大>

<LEXUSの独自性を追求したプロポーション>

<次世代スピンドル立体表現に挑戦したフロントビュー>

LEXUS NX(プロトタイプ)
LEXUS NX(プロトタイプ)

<ダイナミックで軽快な走りを想起させるサイドビュー>

LEXUS NX(プロトタイプ)
LEXUS NX(プロトタイプ)

<凝縮感とスタンスの良さを表現したリヤビュー>

LEXUS NX(プロトタイプ)
LEXUS NX(プロトタイプ)

<多様なエクステリアカラー>

<Tazuna Conceptに基づいたコックピットとすべての乗員に寄り添ったインテリアデザイン>

コックピット(プロトタイプ)

コックピット(プロトタイプ)

ドライブモードスイッチ(プロトタイプ)

ドライブモードスイッチ(プロトタイプ)

タッチセンサースイッチ(プロトタイプ)

タッチセンサースイッチ(プロトタイプ)

LEXUS NX インテリアカラー ブラック&リッチクリーム(プロトタイプ)

LEXUS NX インテリアカラー ブラック&リッチクリーム(プロトタイプ)

室内イルミネーションイメージ(プロトタイプ)

室内イルミネーションイメージ(プロトタイプ)

<F SPORT>

LEXUS NX(プロトタイプ)
LEXUS NX(プロトタイプ)
LEXUS NX(プロトタイプ)
LEXUS NX(プロトタイプ)
LEXUS NX インテリアカラー“F SPORT”専用フレアレッド(プロトタイプ)
LEXUS NX インテリアカラー“F SPORT”専用フレアレッド(プロトタイプ)

<先進性と利便性を高めたマルチメディアシステム>

14インチタッチワイドディスプレイ(プロトタイプ)

14インチタッチワイドディスプレイ(プロトタイプ)

サウンドシステム(プロトタイプ)
サウンドシステム(プロトタイプ)
*1.
ガラスパネルと液晶の隙間を埋めて貼り合せる技術。光の屈折率を最小限に抑え、画面の映り込みを緩和できます。
*2.
Apple、Apple CarPlay、iPhoneはApple Inc.の商標です
iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています
*3.
Android™、Android Auto™、YouTubeは、Google LLCの商標です
*4.
マークレビンソン、Mark Levinsonは、ハーマンインターナショナルインダストリーズ社の商標です
人間中心の考え方に基づいた、最新の先進安全技術の搭載と利便性向上

モビリティ社会の究極の願い「交通事故死傷者ゼロ」の実現に向けて、新型NXでは、進化したLexus Safety System +を採用しています。ミリ波レーダーおよび単眼カメラの検知範囲拡大により、各機能の性能向上や一般道での支援を行う新機能を追加。事故の防止や交通事故死傷者のさらなる低減とドライバーの負担軽減を目指しています。また、人とクルマが気持ちを通わせながらお互いを高め合い、仲間のように共に走るというトヨタ自動車独自の自動運転の考え方「Mobility Teammate Concept」に基づいて開発した高度運転支援技術「Lexus Teammate Advanced Park」を搭載し、安全/安心でスムーズな駐車を支援します。さらにスマートフォンにより、リモートで駐車できる機能を新たに搭載しました。また、ドアのラッチ/アンラッチを電子制御で行うe-ラッチシステムとブラインドスポットモニターセンサーを連動させた安心降車アシスト(ドアオープン制御付)が、安全/安心な降車をサポートします。その他にも、スマートフォンによるクルマの操作を可能とするデジタルキーを採用し利便性を向上しています。

【機能の拡充と性能向上を図った最新のLexus Safety System +】

<プリクラッシュセーフティ[PCS*1]>

フロントクロストラフィックアラート

フロントクロストラフィックアラート

アクティブステアリングアシスト
アクティブステアリングアシスト

<レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)>

<その他>

プロアクティブドライビングアシスト
プロアクティブドライビングアシスト

【安全/安心と利便性を拡張する新たなアイテム】

e-ラッチシステム(アウターハンドル)(プロトタイプ)右下図:マニュアル開放操作

e-ラッチシステム(アウターハンドル)(プロトタイプ)
右下図:マニュアル開放操作*13

e-ラッチシステム(インサイドドアハンドル)(プロトタイプ)右下図:マニュアル開放操作
e-ラッチシステム(インサイドドアハンドル)(プロトタイプ)
右下図:マニュアル開放操作
高度運転支援技術アドバンストパーク
高度運転支援技術アドバンストパーク
安心降車アシスト(ドアオープン制御付)
安心降車アシスト(ドアオープン制御付)

ご参考①:NX発売時リリース(2014年7月29日)
https://global.toyota/jp/newsroom/lexus/28176379.html

ご参考②:マイナーチェンジ時発売時リリース(2017年9月14日)
https://global.toyota/jp/newsroom/lexus/19057860.html

*1.
PCS:Pre-Collision System
*2.
FCTA:Front Cross Traffic Alert
*3.
LDA:Lane Departure Alert
*4.
LTA:Lane Tracing Assist
*5.
LCA:Lane Change Assist
*6.
RSA:Road Sign Assist
*7.
TMN:Traffic Movement Notification
*8.
PDA:Proactive Driving Assist
*9.
OTA:Over The Air
*10.
SEA:Safe Exit Assist
*11.
BSM:Blind Spot Monitor
*12.
2021年6月現在発表済みの車種において、LEXUS調べ。
*13.
特定の条件下(バッテリーあがり等)で作動します

以上