2021.4.19

LEXUS、新型「ES」を世界初公開
― 1989年ブランド創設以来の基幹モデルのたゆまぬ進化 ―

□ ブランドの原点である静粛性、乗り心地の向上を実現
□ LEXUS独自の乗り味であるドライバーの意図に忠実でリニアな応答を追求
□ ESの特徴であるエレガントなデザインをさらにモダンに進化
□ 最新の「Lexus Safety System+」など、優れた先進予防安全技術を採用

新型ES(海外仕様)
新型ES(海外仕様)

LEXUSは、新型「ES」を世界初公開しました。日本での発売は、2021年秋頃を予定しています。ESは、1989年にフラッグシップセダンLSとともに販売を開始しました。世界中の多くのお客様に静粛性と乗り心地、広い室内空間がご好評をいただき、これまでに80以上の国や地域において累計約265万台を販売してきたLEXUSラインアップの基幹モデルです。

新型ESは、LEXUSの原点である優れた静粛性と乗り心地の更なる向上を実現し、上質な快適性を磨き上げました。また、あらゆる走行シーンで減速、操舵、加速がシームレスに繋がる気持ち良さなど、ドライバーの意図に忠実でリニアな応答を追求しました。LEXUS独自の手法により、リヤサスペンションメンバーブレースの剛性を高め、高速のレーンチェンジといったシーンにおける操縦安定性を向上しました。加えてF SPORTに新型のアクチュエータを用いた最新鋭のAVS*1を採用することにより、減衰力の低減や可変幅を拡大することで上質な乗り心地と操舵応答性の向上を両立しました。さらに、進化したLexus Safety System +などの先進安全技術を積極的に採用し、より安全に運転を楽しんでいただくことを目指しました。また、ヘッドランプやフロントグリルの意匠変更や、新開発のインテリアカラーの採用などにより、より洗練されたデザインとしました。

Lexus International チーフエンジニア 青木 哲哉

「目標としたのは、ESの持つ上質さを深化させるとともに新たな価値を付加することです。静粛性と乗り心地を一層向上させるとともに、ステアリング操作に対してドライバーの意図した通りにクルマが動くリニアリティを追求しました。デザインにおいてもESの特徴であるエレガントさに磨きをかけるとともに、新たにモダンさを演出しました。開発にあたっては、お客様の期待を超えるべく、改善要素を洗い出し、細部に至るまで徹底的に造り込みました。『より良いクルマづくり』を目指してAlways Onの思想を貫いた開発陣の想いをESに乗ることでご体感いただきたいと思います。」

《ESの主な特長》

静粛性と乗り心地の向上と走行性能の進化

新型ESは、優れた静粛性と乗り心地を向上させ、上質な快適性を磨き上げました。また、あらゆる走行シーンで減速、操舵、加速がシームレスに繋がる気持ち良さなど、ドライバーの意図に忠実でリニアな応答を追求しました。

<最新鋭AVSソレノイドを採用>

<リヤサスペンションメンバーブレースの剛性を向上>

<ブレーキのコントロール性を向上>

新型ES(海外仕様)
新型ES(海外仕様)
ESの特徴であるエレガントなデザインをモダンに進化

お客様より好評をいただいている上質さやエレガントさを向上させるとともに、エクステリアではフロントグリル、ヘッドランプの意匠を変更しモダンに進化。インテリアも新規開発の内装色モーヴを採用し、落ち着きのあるモダンな空間へと進化させました。加えて、人間中心の考え方に基づき、マルチメディアシステムをタッチディスプレイ化、スイッチをステアリング周辺に集約するなど、細部に至るまで操作性を追求しました。

【エクステリアデザイン】
<フロントグリル意匠変更>

<ヘッドランプ意匠変更>

<ホイール意匠変更>

<エクステリアカラー新規設定>

<オレンジキャリパーを追加設定>

新型ES(海外仕様)

新型ES(海外仕様)

新型ES(海外仕様)

新型ES(海外仕様)

【インテリアデザイン】
<マルチメディアシステム>

<オーナメント加飾>

<インテリアカラー新規採用/デザイン変更>

新型ES(海外仕様)
新型ES(海外仕様)
進化した「Lexus Safety System +」を含む、先進予防安全技術の採用

LEXUSはモビリティ社会の究極の願い「交通事故死傷者ゼロ」を掲げ、安全技術開発を進めています。世界トップレベルの先進安全技術をより早く開発し、より多くのクルマに普及させていくことが重要という考えのもと、フラッグシップモデルに最先端技術を積極的に採用し、そこで培ったノウハウに基づいて普及技術を開発することで、各モデルへの広範な展開を図っています。新型ESのLexus Safety System +も、これまでのモデルで培った安全技術により、さらなる進化を遂げました。従来のLexus Safety System +に採用している「単眼カメラ+ミリ波レーダー」の構成はそのままに、交通事故や事故死傷者の更なる低減と、ドライバーの負担軽減を目指し、緊急時操舵支援などの機能追加や車線認識性能の向上を実現。また、運転支援時にドライバーにとって自然で、安心感のある車両挙動を追求しました。加えてデジタルアウターミラー、インナーミラーともにカメラをアップデート。LEDのちらつきを大幅に低減するとともに画質を向上させ、昼夜ともに優れた視認性を実現しました。

<Lexus Safety System +>

また、駐車場などにおけるアクセルとブレーキのペダル踏み間違い時の衝突や、接近する後方車両との接触事故による被害の軽減に寄与するパーキングサポートブレーキ、車両周辺の安全確認をサポートするパノラミックビューモニターなど、先進安全装備を積極的に導入しています。

<ブレードスキャン™アダプティブハイビームシステム(AHS)>

<デジタルアウターミラー・デジタルインナーミラー>

*1.
AVS: Adaptive Variable Suspension system
*2.
ブレードスキャン™は株式会社小糸製作所の登録商標です
*3.
AHS: Adaptive High-beam System
*4.
LTA:Lane Tracing Assist
*5.
AHB:Automatic High Beam
*6.
RSA:Road Sign Assist
新型ES Presentation
新型ES

以上