2020.8.6

LEXUS、「ES」を一部改良

□ デジタルアウターミラーをはじめとする安全装備の設定を拡充
□ リチウムイオンバッテリーを採用し、燃費性能を向上
□ マルチメディアシステムのスマートフォン連携機能強化による利便性向上

ES300h“version L”(サンライトグリーンマイカメタリック)<オプション装着車>

ES300h“version L”(サンライトグリーンマイカメタリック)<オプション装着車>

LEXUSは、「ES」を一部改良し、全国のレクサス店を通じて8月6日に発売しました。

2018年に日本に導入されたESは、発売時に量産車として世界で初めてデジタルアウターミラー*1を採用しました。今回の一部改良では、デジタルアウターミラーを“F SPORT”に追加設定するとともに、走行時にモニターから見える他の車両、壁、障害物との距離感を測りやすくする距離目安線の表示機能を追加。車速に応じて車両後端から最小5m~最大30m*2の距離を示す線を表示します。さらにパーキングサポートブレーキ(静止物+後方接近車両)[PKSB*3]やブラインドスポットモニター[BSM*4]を全車標準設定し、予防安全装備を充実させました。

また、ハイブリッドバッテリーをニッケル水素電池からリチウムイオン電池に変更し、燃費性能を向上*5させました。加えてマルチメディアシステムはSmartDeviceLink™*6、Apple CarPlay*7やAndroid Auto™*8に対応。お使いのiPhone*7やAndroid™*8スマートフォンを12.3インチワイドディスプレイと連携させることで、リモートタッチによる画面操作や音声操作が可能になりました。また、おくだけ充電の充電トレイと、センターコンソールのスマートフォン収納スペースを拡大し、より大きなサイズのスマートフォンに対応するなど利便性を向上させています。

デジタルアウターミラー距離目安線

デジタルアウターミラー距離目安線

おくだけ充電

おくだけ充電

*1.
デジタルアウターミラー:車両のフロントドア外側のカメラで撮影した車両左右後方の映像を、
フロントピラー部に設置されたディスプレイに表示。カメラ部を雨滴が付着しにくい形状としたほか、
ディスプレイを室内に搭載することで、天候の影響を受けにくい優れた視認性を確保しています
*2
停止時は表示なし
加速時(車速5km/h以上69km/h以下)は3本表示(車両後端から5,10,15m)
減速時(60km/h以下4km/hまで)は3本表示(車両後端から5,10,15m)
高速走行時(車速70km/h以上)は4本表示(車両後端から5,10,15,30m)。
ただし減速時には車速61km/hまで4本表示を維持
*3.
PKSB:Parking Support Brake
*4.
BSM:Blind Spot Monitor
*5.
WLTCモード:22.3 km/ℓ(従来型比+1.7km/ℓ)JC08モード:25.1 km/ℓ(従来型比+1.7km/ℓ)
*6.
SmartDeviceLink™は、SmartDeviceLinkConsortiumの商標、または登録商標です
*7.
Apple、Apple CarPlay、iPhoneはApple Inc.の商標です
iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています
*8.
Android™、Android Auto™は、Google LLCの商標です

【メーカー希望小売価格】

(単位:円)

  エンジン ハイブリッドシステム 駆 動 価格
(消費税込み)
ES300h “version L” A25A-FXS
(2.5ℓ直列4気筒)
Lexus Hybrid Drive 2WD(FF) 7,130,000
“F SPORT” 6,489,000
  5,990,000
北海道地区のみ価格が異なります。またリサイクル料金は含まれません

以上