2020.2.25

ミラノデザインウィーク2020にて
LEXUS DESIGN EVENT2020 - SENSES ELECTRIFIEDを開催

電動化ビジョン「Lexus Electrified」からインスパイアされた体験型のインスタレーションを実施
空間デザインスタジオLoop.pHを起用

LEXUSは、2020年4月20日(月)~26日(日)、イタリア・ミラノで開催される世界最大のデザインイベント、ミラノデザインウィーク2020*1に出展し、世界中のクリエーションが集結するトルトーナ(Tortona)地区の中心であるスーパースタジオ・ピュー内アートポイント(Superstudio Più)において、「LEXUS DESIGN EVENT2020 - SENSES ELECTRIFIED」を開催します。

LEXUS DESIGN EVENT2020 -LEXUS ELECTRIFIED

通算13回目のミラノデザインウィーク出展となる今回は、LEXUSの電動化ビジョン「Lexus Electrified」からインスパイアされた人の感性に寄り添い、感覚の拡張をもたらす体験型のインスタレーションを実施し、あわせて電動化ビジョンを象徴するEVのコンセプトカー「LF-30 Electrified」を展示します。

「Lexus Electrified」とは、電動化技術を用いて車両の基本性能を進化させ、自動運転や電動化などモビリティ社会が変化し続ける時代においても、クルマがもたらす楽しさ・喜びを提供し続けることを目指すLEXUSの思想です。LEXUSは電動化技術の先駆者として、今一度クルマの原点に立ち返り、走りの楽しさを大きく進化させ未来の高級車の在り方を根本から変えてまいります。

コラボレーションデザイナーとして参画するのはロンドンを拠点に活動する空間デザインスタジオLoop.pHです。Loop.pHの創設者でありディレクターでもあるマティアス・グマクル氏はコラボレーションにあたり次のようにコメントしました。「先進的でHuman-Centered(人間中心)なテクノロジーの活用を考えるLEXUSと共創できることにとてもワクワクしています。SENSES ELECTRIFIEDでは感覚を刺激し、新しい発見やその先にある“Amazing”な体験を楽しんでもらうことを目指しました。本インスタレーションでは、電動化がもたらす感覚の拡張を体験できる空間へ、来場者をいざないます。」

また、会場内では、LEXUS DESIGN AWARD 2020のファイナリスト6名によるプロトタイプ作品を展示します。4月20日(月)のプレスデーでは、ファイナリストたちが作品のプレゼンテーションを行い、グランプリの受賞者が発表されます。イベント詳細に関しては、LEXUS DESIGN EVENTおよびLEXUS DESIGN AWARDの公式サイトで公開されます。

LEXUS DESIGN EVENT 特設サイト:https://lexus.jp/brand/lexus-design/design_events/
LEXUS DESIGN AWARD ウェブサイト:https://lexus.jp/brand/lexus-design/design_award/
公式ハッシュタグ:#LexusDesignEvent、#LexusDesignAward

*1:
イタリア・ミラノで行われる世界最大のデザインエキシビション。家具メーカーやファッションブランドが独自性をアピールする様々なイベントを開催。ミラノサローネとも呼ばれる。

LEXUS DESIGN EVENT 2020 – SENSES ELECTRIFIEDイベント概要

日時 4月21日(火)-4月25日(土)午前10時-午後9時
4月26日(日)午前10時-午後6時
プレスプレビュー:4月20日(月)午前10時-午後5時半
会場 スーパースタジオ・ピュー内アートポイント(Superstudio Più)
住所:Via Tortona, 27 20144 – Milano, Italy
展示 - Loop.pHによるインスタレーション
- LEXUS DESIGN AWARD 2020ファイナリスト6名の入賞作品
主催 Lexus International

コラボレーションデザイナー・プロフィール

Loop.pH

マティアス・グマクル氏
マティアス・グマクル氏

Loop.pHはロンドンを拠点に、デザイン、建築、科学のフィールドで活動する空間設計デザインスタジオです。マティアス・グマクル氏とレイチェル・ウィングフィールド氏により2003年に設立され、専門性の枠にとらわれない新しいクリエイティブの形成を目指しています。未来に向けた新たなビジョンを想像することのできる先進的な体験や環境を、ギャラリーや美術館といった枠から飛び出したパブリックスペースで提案することにより、アートとデザインの役割を探求しています。彼らの活動は、生物学的または技術的に新しい発見が社会・環境にもたらす影響を、近い未来と遠い未来、双方のシナリオから推測し視覚化することです。デジタルとマテリアルを融合したインスタレーションを得意とし、企業の思想を体現するクリエイティブワークをはじめ、講演やワークショップなど世界中で活躍しています。

過去の代表作には、LEXUS Russiaとコラボレーションした「Lexus Hybrid Art」(2010年)、TED2015の「OSMO @ TED2015」、ロンドンのデザインミュージアムにて実施した「Mind Pilot」(2018年)、などが挙げられます。
http://loop.ph/

Lexus Hybrid Art
Lexus Hybrid Art
©Mathias Gmachl
OSMO @ TED2015
OSMO @ TED2015
©Mathias Gmachl
Mind Pilot
Mind Pilot
©Felix Speller

LEXUS DESIGN AWARD概要

2013年に創設されたLEXUS DESIGN AWARDは、世界中の新進気鋭のクリエイターに焦点を当てる国際デザインコンペティションです。よりよい未来を形成する力を持った作品を制作するデザイナーやクリエイターを支援することによって、社会に貢献するアイデアを育むことを目的としています。同賞は、世界的に認知された一流のデザイナーをメンターとして、提案したデザイン案のプロトタイプ化に取り組む貴重な機会を6名の入賞者に提供し、入賞作品はデザイン界でも最大級のイベント、ミラノデザインウィークで展示されます。2020年で通算8回目。本年は全世界より2,042作品の応募がありました。

以上