2019.11.22

LEXUS初のEV市販モデル「UX300e」を世界初公開
― 電動化ビジョン「Lexus Electrified」第1弾となるEVクロスオーバー ―

□ LEXUSのEVならではの上質な走りと静粛性の追求
□ ハイブリッドで培った電動化技術の高い信頼性と利便性
□ UX譲りの個性的なデザインや高い機能性

UX300e
UX300e

LEXUSは、中国・広州で11月22日(金)~12月1日(日)に開催される広州モーターショーで、LEXUS初の電気自動車(EV)市販モデル「UX300e」を世界初公開します。

2005年のRX400h発売以降、LEXUSは電動化技術のパイオニアとして、常に優れた走行性能と環境性能の両立を追求してきました。2019年の東京モーターショーにおいては、電動化技術を用いて車両の基本性能を大幅に進化させ、お客様へクルマがもたらす楽しさ・喜びを提供し続けることを目指す電動化ビジョン「Lexus Electrified」を発表しました。ハイブリッドで培ったモーター制御技術を軸として、パワートレーン・ステアリング・サスペンション・ブレーキなどを統合的に制御。これにより走行シーンに応じた駆動力コントロールを行うことで理想的な車両姿勢を実現し、より安心安全で運転する楽しさを感じられるクルマを提供することを目指します。

このビジョンのもと初のEV市販モデルとなるUX300eは、EVの潜在能力を活かしてクルマの根源的な価値を磨き上げるべく開発を進めました。具体的には、コンパクトクロスオーバーUXが持ち味とする個性的なデザインや、高い利便性、取り回しやすさはそのままに、LEXUSのEVならではの上質で「すっきりと奥深い走り」と優れた静粛性を追求しました。ドライバーの運転感覚に寄り添った自然な加減速フィールと、高出力モーターによる優れた加速性能を両立したほか、大容量バッテリーの床下配置により、低重心化と航続距離400kmを実現。さらに最新のコネクティッド技術を採用するなど、EVとしての価値を最大化しながら、運動性能や日常の使い勝手との“二律双生”を目指しました。

なお、UX300eは2020年以降、中国や欧州などを皮切りに順次発売し、日本での発売は、2021年前半を予定しています。

<UX300eの主な特長>

LEXUSのEVならではの上質な走りと静粛性の追求

EVの開発においても、LEXUSの「すっきりと奥深い走り」を変わることなく追求しています。UXが持つ素性の良い走りを、EV化によりさらに高いレベルに引き上げ、LEXUSのEVならではの乗り味を実現しました。また、LEXUSがDNAとして持つ優れた静粛性をEVにおいても追求しました。

UX300e
UX300e
ハイブリッドで培った電動化技術の高い信頼性と利便性の実現

ハイブリッドシステムの開発で培った知見を活かし、EVシステム全体の性能向上を図りながらバッテリーの信頼性にもこだわって開発しました。さらに先進のコネクティッド技術を採用し、スマートフォンと連携した高い利便性を実現しています。

UX300e
UX300e
UX300e
【UX300e モーター主要諸元】
  型式 最高出力
(kW[ps])
最大トルク
(Nm[Kgf・m])
フロント 4KM 150[204] 300[30.6]
【UX300e バッテリー主要諸元】
種類 容量 航続距離 充電電力
普通充電(AC) 急速充電(DC)
リチウムイオン
バッテリー
54.3kWh 400km 最大6.6kW 最大50kW
NEDCで計測した数値。走行条件によって異なる
UX譲りの個性的なデザインや高い機能性

LEXUSのコンパクトクロスオーバーUXが備えている個性的なデザインや高い機能性はUX300eにも継承され、車両全体での優れたパッケージングを実現しています。

UX300e
UX300e
*.
正式名称は「Guangzhou International Automobile Exhibition」
11月22日: プレスデ-、11月23日~11月24日: 特別招待日、11月25日~12月1日: 一般公開日

以上