2019.11.20

LEXUS、LAオートショーで「LC500」のコンバーチブルモデルを世界初公開

□ オープン・クローズ両方の状態で流麗なエクステリアと細部までこだわり抜かれたインテリア
□ LEXUSの「すっきりと奥深い走り」とコンバーチブルならではのドライビング体験の融合
□ LEXUSの「人間中心」思想が反映された快適な室内空間

LC500コンバーチブルモデル
LC500コンバーチブルモデル

LEXUSは、米国・ロサンゼルスでフラッグシップクーペ「LC500」のコンバーチブルモデルを世界初公開しました。なおLC500のコンバーチブルモデルは、2019年11月18日(月)~12月1日(日)に開催されている2019年ロサンゼルスオートショー*1にも出展されます。

LCは、お客様に驚きと感動を提供するラグジュアリーライフスタイルブランドとしての進化を目指すLEXUSが、その変革の象徴として生み出したフラッグシップクーペです。運転する喜びを提供し、お客様のライフスタイルをより豊かにするクルマとなることを目指しています。

今回発表したLC500のコンバーチブルモデルは、クーペモデルとともにLEXUSラインアップの頂点として、飽くなき美の追求と感性を刺激する唯一無二の体験の提供を目指しています。エクステリアでは、オープン時の開放的な造形を実現するとともに、クローズ時ではクーペモデルの持つ伸びやかなルーフラインを表現することで、それぞれの状態で美しいシルエットを追求しています。インテリアではルーフを開けた際の車外からの見え方にこだわり、シート表皮やトノカバーなどもエクステリアの要素として捉え細部まで作りこみました。また、コンバーチブルだからこそ味わえる自然との一体感や爽快なドライビング体験を提供するため、LEXUSの「すっきりと奥深い走り」をコンバーチブルでも追求。ボディ全体の構造やブレースの最適な配置・形状を徹底的に作りこみ、ドライバーの意図に忠実な運動性能を実現しました。加えてLEXUSのDNAである優れた静粛性を追求した上で、V8エンジンが生み出す伸び感のあるリニアな加速や官能的なサウンドを提供します。さらに季節を問わずオープンドライブを楽しむため、風の流れをコントロールするウィンドディフレクターや、ネックヒーターを採用しています。これらにより、快適な室内空間と心地よい刺激の両立を実現しています。

なお、LC500コンバーチブルモデルの日本での発売は、2020年夏頃を予定しています。

LC500コンバーチブルモデルの主な特長

オープン・クローズ両方の状態で流麗なエクステリアと細部までこだわり抜かれたインテリア
LC500コンバーチブルモデル
LC500コンバーチブルモデル
LEXUSの「すっきりと奥深い走り」とコンバーチブルならではのドライビング体験の融合
LC500コンバーチブルモデル
LC500コンバーチブルモデル
LEXUSの「人間中心」思想が反映された快適な室内空間
LC500コンバーチブルモデル
LC500コンバーチブルモデル

【LC500コンバーチブルモデル 主要諸元】

全長(mm) 4760
全幅(mm) 1920
全高(mm) 1350
ホイールベース(mm) 2870
ルーフ開閉時間(秒)*3 開:15、閉:16
*1.
正式名称は「2019 Los Angeles Auto Show」
11月18日~11月21日: プレスデ-、11月22日~12月1日: 一般公開日
*2.
「パフォーマンスダンパー」はヤマハ発動機(株)の登録商標です
*3.
開閉時間は車両・周辺環境により多少前後する場合があります

以上