2018.5.25

米国アカデミー賞公認
  アジア最大級の国際短編映画祭
SSFF & ASIA 2018に国内映画祭初のVR部門
「VR SHORTS」が誕生

五感を刺激する作品に贈呈される
「LEXUS VR FILM AWARD」を新設
INTERSECT BY LEXUS - TOKYO(南青山)とLEXUS MEETS…(日比谷)では
VRショートフィルム作品の上映会を開催

新たなライフスタイルの提案を目指すLEXUSは、人間の五感を刺激する「時間」と「空間」を作り、唯一無二の体験を与えるVRの力に共感し、国内映画祭初のVR部門「VR SHORTS」を新設したアジア最大級の国際短編映画祭ショートショート フィルムフェスティバル & アジア2018(SSFF&ASIA 2018)に協賛しました。

「LEXUS VR FILM AWARD」を設け、入選作品の中から、もっとも五感を刺激しワクワクが感じられる1作品を選定。全世界から集まったノミネート作品の中から各部門の受賞作品を発表するアワードセレモニーにてVR部門の優秀賞を贈呈します。

このVR部門の新設を記念して5月25日(金)~6月25日(月)の期間中、LEXUSのブランド活動発信拠点であるINTERSECT BY LEXUS - TOKYO(南青山)において、VRショートフィルム作品の上映会を実施することが決定。より身近なスペースで、VR作品を体験することができます。ヴェネチア国際映画祭 2017 VR部門を始め、2017年各国の映画祭でVR部門賞を獲得した話題の作品「The Dream Collector」とベルリン国際短編映画祭 2017にて上映された「Time Out 360」を上映する予定です。
さらに2018年3月に新たに日比谷にオープンしたLEXUSの新たなブランド体験型施設LEXUS MEETS...では、6月17日(日)~6月24日(日)の期間中、「LEXUS VR FILM AWARD」受賞作を含むVRショートフィルム13作品を上映します。

LEXUSは今後も自動車のブランドを超え、ラグジュアリーライフスタイルブランドとして新たなステージを目指す活動を実施していきます。乞う、ご期待ください。

LEXUS EXPERIENCE AMAZING   ショートショート フィルムフェスティバル & アジア2018(SSFF & ASIA 2018)
LEXUS EXPERIENCE AMAZING
ショートショート フィルムフェスティバル & アジア2018(SSFF & ASIA 2018)

■VR SHORTS THEATER by ShortShorts@INTERSECT BY LEXUS-TOKYO

・開催期間:5月25日(金)~6月25日(月)
・実施概要:国内外で話題になったVRショートフィルム作品を上映します。作品は、ヴェネチア国際映画祭 2017 VR部門を始めとした、2017年の各国の映画祭のVR部門賞を獲得した話題の作品「The Dream Collector」とベルリン国際短編映画祭 2017にて上映された「Time Out 360」です。

<作品情報>

「The Dream Collector」

監督:Mi Li
【あらすじ】
人々が諦めた「夢」を集め、それを修復しようとする老人と犬の話。
ゴミ捨て場に集まってくる、壊れたギター、破れたグローブ、しぼんだサッカーボール、それは人々が諦めた「夢」。老人と犬はそれらを集めて大切に修復する、再びそれが人々の「夢」になるために。

The Dream Collector
The Dream Collector
The Dream Collector
The Dream Collector
The Dream Collector
The Dream Collector
The Dream Collector
The Dream Collector

【上映歴】
ヴェネチア国際映画祭 2017 VR部門 ※世界三大映画祭の一つ
アヌシー国際アニメーション映画祭 2017 VR部門 ※世界三大アニメーション映画祭の一つ
サンパウロ国際映画祭 2017
釜山国際映画祭 2017 VR部門
ストックホルム国際映画祭 2017 VR部門
FIVARS(Festival of International VR & AR)2017 他


「Time Out 360」

監督:Yannick Violin
【あらすじ】
時計職人のアルバートは止まってしまった巨大時計の中に入り込む。しかしそれは時計の不思議な世界への入り口だった・・・

Time Out 360
Time Out 360
Time Out 360

【上映歴】
ベルリン国際短編映画祭 2017

■SSFF & ASIA 2018アワードセレモニー

・開催日時:6月17日(日)16時30分~19時30分(受付:16時)
・実施場所:明治神宮会館
・実施概要:「LEXUS VR FILM AWARD」の受賞者を発表。また、SSFF & ASIA 2018代表の別所哲也さんと俳優の森崎ウインさん、レクサスブランドマネジメント部の沖野が登壇します。

■SSFF & ASIA 2018 VR SHORTS@LEXUS MEETS...

・開催期間:6月17日(日)~6月24日(日)
・実施概要:LEXUS MEETS...にてレクサス「LEXUS VR FILM AWARD」受賞作を含むVRショートフィルム13作品を上映します。
・詳細URL:
http://www.shortshorts.org/2018/ja/program/vr360-1.php
※VRプログラム1~5の計13作品が上映されます。

<作品情報>

「Sanctuaries of Silence」

監督:Emmanuel Vaughan-Lee, Adam Loften
【あらすじ】
静寂は絶滅寸前であり、地球の片隅さえも騒音公害に影響されていると音響生態学者のゴードン・ヘンプトンは言う。さあヘンプトンと共に北アメリカで最も静かとされているオリンピック国立公園へ音の冒険に出かけよう。

Sanctuaries of Silence
Sanctuaries of Silence

Ashes to Ashes

監督:Ingejan Ligthart Schenk, Jamille van Wijngaarden, Steye Hallema
【あらすじ】
全編一本撮り!失った祖父の最後の願いに振り回される家族を描いたコメディ。あなたは遺灰が入った壺の視点から、それぞれの「世界」で暮らすクセのある家族を目撃する。

Ashes to Ashes
Ashes to Ashes
Ashes to Ashes
Ashes to Ashes

【上映歴】
SXSW映画祭2018(アメリカ)
オランダ映画祭2017(オランダ)- Gouden Kalf賞受賞
釜山国際映画祭2017(韓国)
ベルリン国際映画祭2017(ドイツ)

<INTERSECT BY LEXUS - TOKYO>

「INTERSECT BY LEXUS」は、“都市とつながり、人と人、人とクルマが交わる”というテーマのもと、LEXUSが考えるライフスタイルを体験できるグローバル規模のブランド活動発信拠点。幅広い分野で、LEXUSが考えるライフスタイルを発信する。

《アクセス》
東京都港区南青山4-21-26
∗東京メトロ銀座線・千代田線・半蔵門線 表参道駅A4/A5出口より徒歩3分

INTERSECT BY LEXUS - TOKYO
INTERSECT BY LEXUS - TOKYO

■営業時間:1F CAFÉ SHOP & GARAGE:9:00-23:00  2F BISTRO LOUNGE:11:00-23:00(不定休)
■オフィシャルサイト:
www.intersect-by-lexus.com/tokyo

<LEXUS MEETS...>

「LEXUS MEETS...」は、LEXUSに「出会う、触れる、乗る」をテーマに、全てのお客様が気軽に訪れることができ、LEXUS車の魅力とブランドの世界観を様々なかたちで体験することで、LEXUSをより身近に感じていただくことを目的とした施設。

《アクセス》
〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-1-2
∗東京メトロ千代田線・日比谷線・都営地下鉄三田線「日比谷」駅直結

■営業時間:STEER AND RING(BOUTIQUE):11:00-21:00(不定休)

THE SPINDLE(CAFE):11:00-23:00(月~土)、11:00-22:00(日・祝)(不定休)

THE SPINDLE(CAFE):11:00-23:00(月~土)、11:00-22:00(日・祝)(不定休)

■オフィシャルサイト:
https://lexustokyo.jp/lexusmeets

■SSFF & ASIAとは

米国アカデミー賞公認・アジア最大級の国際短編映画祭。代表は俳優の別所哲也。
1999年に東京・原宿で誕生し、これまでにのべ38万人を動員。オフィシャルコンペティションをはじめ、様々なカテゴリーのプログラムで構成されており、グランプリ作品は次年度のアカデミー賞短編部門のノミネート選考対象になります。SSFF & ASIA 2016グランプリ受賞作『合唱』は第89回米国アカデミー賞短編実写部門でオスカーを受賞。世界に羽ばたく若きクリエイターを応援しています。
www.shortshorts.org/2018
映画祭について一般からのお問い合わせ先:03‐5474‐8844
03‐5474‐8844

以上