2017.10.25

LEXUS、自動運転の実用化を見据えたフラッグシップコンセプトカー
「LS+ Concept」を世界初公開
―あわせて “F” 10周年を記念した特別仕様車を発表―あわせて “F” 10周年を記念した特別仕様車を発表

LEXUSは、10月25日(水)から11月5日(日)までの12日間*1、東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催される第45回東京モーターショー2017において、実用化を見据えた自動運転技術を提案するコンセプトカー「LS+ Concept」を世界初公開した。また、LEXUSのスポーツモデル “F” 誕生10周年を記念して限定販売するRC F・GS Fの特別仕様車もあわせて発表した。

LEXUSは交通事故死傷者ゼロを目標とし、「統合安全コンセプト*2」に基づく先進技術を積極的に投入し、それらの普及を図ってきた。また、安全でスムーズな移動体験と運転の愉しさを全ての人に提供することを目的として、最先端の自動運転技術開発に取り組み、2020年代前半には一般道での自動運転を実現する「Urban Teammate」を実用化することを目指す。

<LS+ Conceptの主な特長>

LS+ Conceptは、フラッグシップセダン「LS」の将来像を示唆し、最先端技術を搭載したコンセプトカー。
先進的かつ威厳のあるデザイン、2020年の実用化を見据えた自動運転技術の搭載など、LEXUSの先見性を象徴するモデルとして開発された。

LS+ Concept
LS+ Concept
LEXUSフラッグシップセダン「LS」の将来像をイメージした先進的で威厳のあるデザイン
実用化を見据えた最先端の自動運転技術
< “F” 10周年記念特別仕様車の主な特長>

LEXUSのスポーツモデル “F” は2007年に「IS F」を発売して以降、「走りを楽しみたい人なら誰でも、運転スキルに関係なく笑顔になれるスポーツカー」を開発テーマとし、LEXUSのスポーツイメージをけん引してきた。 “F” 誕生10周年を記念した今回発表の特別仕様車は、操縦安定性を向上する「パフォーマンスダンパー®*4」や、軽量チタンマフラーを特別装備し、“F”の持ち味である走行性能を一層高めているほか、外装部品にCFRP*5を採用することで、スポーティなイメージを強調している。また、外板色をマットグレーとし、内装色は “F” のシンボルカラーであるヒートブルーをアクセントとした特別色とするなど、個性を際立たせている。

2018年春頃に全国のレクサス販売店を通じてRC F・GS Fの特別仕様車を台数限定で発売する予定。

RC F特別仕様車
RC F特別仕様車
GS F特別仕様車
GS F特別仕様車
*1.
10月25日~26日: プレスデ-、10月26日:特別招待日、10月27日:オフィシャルデー・プレビューデー、10月28日~11月5日:一般公開日
*2.
統合安全コンセプト:車両に搭載された個々の安全技術・システムを独立で考えるのではなく、連携を図り、全ての運転ステージにおいて、より高次元な運転支援を提供していくという考え方
*3.
L-finesseとは、先鋭(Leading-edge)と精妙(finesse)を二律双生(一見矛盾する事柄を調和させて新たな価値を生み出すことを意味する造語)させて新たな価値へ昇華するという、LEXUS独自のデザインフィロソフィー
*4.
「パフォーマンスダンパー」はヤマハ発動機(株)の登録商標です
*5.
CFRP:Carbon Fiber Reinforced Plastics

以上