2017.4.4

次世代のクリエイターをLEXUSが育成・支援する国際デザインコンペ
LEXUS DESIGN AWARD 2017のグランプリ受賞者を発表

LEXUS DESIGN AWARD 2017のグランプリ
LEXUS DESIGN AWARD 2017のグランプリ

LEXUSは、今年で開催5回目を迎える次世代のクリエイターを支援・育成する国際デザインコンペティション 「LEXUS DESIGN AWARD*1 2017」において、“YET*2”(二律双生)をテーマに制作された作品の中から、吉添裕人のPIXELをグランプリに決定した。PIXELは、その他の入賞11作品と共に、世界最大のデザインエキジビション「ミラノデザインウィーク*3」でLEXUSが出展する「LEXUS YET」において展示される。世界63カ国から1,152作品の応募があり、審査は世界で活躍する著名なクリエイタ―で構成された審査員により行われた。
審査員の一人である、デザイン評論家のアリス・ローソーン氏は「LEXUS DESIGN AWARD では、いつも、新しい世界に挑戦し続ける情熱的な若手デザイナーとの出会いがあります。特に今年の応募者の質と規模は本当に際立っていました。応募作には非常に斬新なアイディアが集まり、選考は簡単ではありませんでした。12人のファイナリスト、4人のプロトタイプ受賞者、そして最終的にはグランプリの優勝者に至るまで、それらをすべて掘り下げることは非常に困難でした。 それぞれ、4つのプロトタイプ受賞者は、難民や移動を余儀なくされた人々の窮状や、建築に対する環境保護を詩的な方法で提供したり、また伝統的な職人技を新技術と融合させ、子供たちが作り、遊ぶことを奨励する楽器などの作品がありました。すべての受賞12作品は、“YET”というテーマのもと、創造力豊かな素晴らしいものでした。」とコメントした。グランプリを獲得した吉添裕人氏は、「今回LEXUS DESIGN AWARDを受賞できたことにとても驚き、そして光栄に思います。メンターのアレックスとダニエル(スナーキテクチャー)、そしてこのプロジェクトを支えてくれたすべての方々に、心から感謝したいと思います。」と感想を述べた。

またミラノデザインウィークへの出展10回目となる「LEXUS YET」は、2017年4月4日(火)~9日(日)の期間、デザイン美術館「ミラノ・トリエンナーレ(La Triennale di Milano)」で開催され、相反するものを互いに調和させることで、更なる高みを目指すLEXUSの“YET”の思想をテーマに、レクサスブランドのデザインとイノベーションに対する、長きにわたる情熱を表現する。展示は建築・デザイン領域において、世界的に高い評価を得てきたMIT*4 Media Lab准教授のネリ・オックスマン(Neri Oxman)氏と同氏が率いるThe Mediated Matter GroupがLEXUSとコラボレーションすることで、新たなデザインの可能性を創造し、来場者に新しい価値や感動を提供する。

「LEXUS YET」概要

“YET”(二律双生)をテーマに、相反するものを互いに調和させることで、新しい価値や感動を提供する空間。「LEXUS DESIGN AWARD 2017」の展示に加えて、オックスマン氏が「光」と「影」の要素を調和させ、最先端のテクノロジーにより、テーマである“YET”を繊細かつ大胆なデザインで表現する3つのエリアで構成した。

エリア1:ANCIENT YET MODERN(古典的でありながら最先端)

LEXUSの“YET”フィロソフィーにインスパイアされたエントランスのインスタレーションは、波長であり粒子でもある(a wave YET a particle)“光”により、見る人は地面に立っているのに同時に宙に浮かんでいる(grounded YET suspended)かのような不思議な体験をもたらす。 古代から使われているガラスという素材を、The Mediated Matter Groupのガラスの3Dプリンタという最新テクノロジーにより、建築スケールを実現した。

エリア2:LEXUS DESIGN AWARD

グランプリ作品を含む、4つのプロトタイプ授賞作品と、8つのパネル受賞作品が展示され、“YET”フィロソフィーを独創的且つ革新的に表現している。

エリア3:STATIC YET DYNAMIC(静的でありながら動的)

様々な異なる視点からものごとを見つめたとき、そこには想像もしなかったような発見がある。インスタレーション「STATIC YET DYNAMIC」では、LEXUSのデザインへの大胆な挑戦で“YET”フィロソフィーを体現したコンセプトカー「UX Concept」*5が表れる。革新的で力強く、一方で、アーティスティックでありながらプレミアム感を表現するUX Conceptは、LEXUSの従来のラグジュアリーに対する考え方への挑戦として、ユニークなブランドポジションを追求する姿勢を表現している。

エリア4:RETROSPECTIVE(回顧)

ミラノデザインウィーク出展10回を記念した、LEXUSのこれまでの出展の歴史を体感できる展示。LEXUSブランドが長年にわたってデザインとイノベーションへの途切れることのない情熱を注いだ証である過去9回の出展を振り返り、一年ごとに24のフレームで表現したユニークなインスタレーションを実現。

なお、「LEXUS YET」の一部は、ミラノへの出展後、東京・南青山のINTERCECT BY LEXUS - TOKYO*6で5月に凱旋展示を予定している。

*1
豊かな社会をつくり上げる”DESIGN”と、より良い未来づくりのためのアイデアを生み出す気鋭のクリエイターの育成・支援を目的に、2013年に創設した国際デザインコンペティション。今回で開催5回目を迎える。
*2
相反するものを互いに妥協させるのではなく、調和させることで更なる高みを目指し、新しい価値や感動を生み出すLEXUSのものづくりのDNAのひとつ。
*3
イタリア・ミラノで行われる世界最大のデザインエキシビション。家具メーカーやファッションブランドが独自性をアピールする様々なイベントを開催。ミラノサローネとも呼ばれる。2015年のインスタレーション「LEXUS – A JOURNEY OF THE SENSES」は、公式コンペティション「Milano Design Award Competition」において、「Best Entertaining賞」を自動車会社として初めて受賞するなど高い評価を受けた。
*4
Massachusetts Institute of Technology(マサチューセッツ工科大学)
*5
2016年パリモーターショーに出展された、LEXUSのコンセプトカー。次世代LEXUSの力強く大胆なエクステリアデザインの方向性を示し、伝統的な匠の技と先進技術を融合したインテリアと共に独自の世界観を演出。
“YET”フィロソフィーを体現したコンセプトカー。
*6
“都市とつながり、人と人、人とクルマが交わる”というテーマのもと、カフェ、レストランおよび展示スペースを備え、LEXUSが考えるライフスタイルを体験できる東京・南青山のブランド活動発信拠点。

プレスキットなどのダウンロードはトヨタグローバルニュースルームから: http://newsroom.toyota.co.jp/jp/lexus/
詳細は、以下をご参照下さい。
Lexus Design Event: https://www.lexus-int.com/jp/lexus-design/design-events/
Lexus Design Event 出展10回記念ページ: https://www.lexus-int.com/jp/design/the-lexus-design-event-at-10-years-old
Lexus Design Award: www.lexusdesignaward.com/jp
Instagram: https://www.instagram.com/lexusdesignaward/@lexusdesignaward
オフィシャルハッシュタグ: #LexusDesignAward; #MilanDesignWeek; #LexusDesignEvent;

Lexus Design Award 2017 プロトタイプ制作作品
Having nothing, and yet possessing everything.
作品名 HAVING NOTHING, AND YET POSSESSING EVERYTHING
受賞者/国籍 アーラン・ウォン (Ahran Won) /韓国
居住国 アメリカ
作品概要 最小限の持ち物で、どこでもより豊かな生活を送るためのスーツケース
メンター ネリ・アンド・フー
PIXEL
作品名 PIXEL
受賞者/国籍 吉添 裕人/日本
居住国 日本
作品概要 光と影の存在を認識することができる構造体
メンター スナーキテクチャー
Player's Pflute
作品名 PLAYER’S PFLUTE
受賞者/国籍 ジア・ウー(Jia Wu)/中国
居住国 中国
作品概要 楽しみながら学習できる、野菜を使った楽器
メンター マックス・ラム
Structural Color - Static Yet Changing
作品名 STRUCTURAL COLOR - STATIC YET CHANGING
受賞者/国籍 ジェシカ・フーグラー(Jessica Fügler)/アメリカ
居住国 アメリカ
作品概要 ユーザーのニーズに応じて模様が変化するラグ
メンター エレナ・マンフェルディーニ
Lexus Design Award 2017 パネル展示作品
Buoyant Measuring Spoon for the Blind
作品名 BUOYANT MEASURING SPOON FOR THE BLIND
受賞者/国籍 ユージン・パーク(Eunjin Park)/韓国
居住国 韓国
作品概要 目に見えないが、触覚目盛で計量が可能な視覚障害者のためのスプーン
The Landscape of Paper
作品名 THE LANDSCAPE OF PAPER
受賞者/国籍 前田 邦子/日本
居住国 イギリス
作品概要 伝統技法と現代のテクノロジーを使い、通常使い捨てられるものを付加価値を付けて生まれ変わらせた素材
Mass Production to Unique Items
作品名 MASS PRODUCTION TO UNIQUE ITEMS
受賞者/国籍 グループ名:TAKEHANAKE-Bungorogama
竹鼻 良文/日本‚奥田 文悟/日本‚奥田 章/日本
居住国 日本
作品概要 大量生産の陶磁器も、唯一無二の一品へと生まれ変わらせることができる移動型窯
Paper Kettle
作品名 PAPER KETTLE
受賞者/国籍 片山 諒/日本
居住国 日本
作品概要 本来可燃である紙素材を用いた耐火ケトル
Platanaceae
作品名 PLATANACEAE
受賞者/国籍 パウラ・セルメーニョ(Paula Cermeño)/ペルー
居住国 スイス
作品概要 天然の生分解性を持ちながら、合成物質のように鎮静効果をもたらす、バナナの葉を用いた火傷用絆創膏
POD:Homless YET Home
作品名 POD:HOMELESS YET HOME
受賞者/国籍 グループ名:MODlab
エリック・シュワルツバッハ(Eric Schwartzbach)/アメリカ,ベンジャミン・ワード(Benjamin Ward)/アメリカ
居住国 アメリカ
作品概要 移動を余儀なくされた人々のための、一時的なシェルター
RETROSPECTION PROJECT/TIME TUNE RADIO
作品名 RETROSPECTION PROJECT/TIME TUNE RADIO
受賞者/国籍 産田 拓郎/日本
居住国 日本
作品概要 過去から現在までのプログラムを再生することができる、ハイテクでレトロなラジオ
Traffic Light System
作品名 TRAFFIC LIGHT SYSTEM
受賞者/国籍 エヴゲニー・アリーニン(Evgeny Arinin)/ロシア
居住国 ロシア
作品概要 シンプルかつ洗練された信号機
審査員/メンタープロフィール
審査員:
パオラ・アントネッリ(Paola Antonelli)氏/ キュレーター
パオラ・アントネッリ(Paola Antonelli)氏/ キュレーター

1994年よりニューヨーク近代美術館(MoMA)勤務。現在、研究開発部門責任者であると同時に、建築、デザイン部門のシニアキュレーター。1995年「現代デザインに見る素材の変容」展覧会がMoMAのキュレーターとしての初監修展。ダボスの世界経済フォーラム(ダボス会議)などの講演や、建築・デザインの国際的コンペの審査員も務めている。デザインが世界的に影響力のあることが深く認識されるまで、その理解を広めることを目標としており、現代デザインに関する幾つかの特別展を主幹している。

アリック・チェン(Aric Chen)氏/ キュレーター
アリック・チェン(Aric Chen)氏/ キュレーター

米国出身。香港の西九龍文化地区に新設された映像文化博物館、M+のデザインと建築担当のキュレーターに新任。前職は2011年、2012年度の北京デザインウィークのクリエイティブディレクター。それまでは、ニューヨークでインデペンデントのキュレーター、ライターとして、ニューヨーク・タイムズ、メトロポリス、ファースト・カンパニー、アーキテクチュラル・レコード、PIN-UPなどの新聞・雑誌で活躍してきた。

伊東豊雄(Toyo Ito)氏/ 建築家
伊東豊雄(Toyo Ito)氏/ 建築家

1965年東京大学工学部建築学科卒業。主な作品に「せんだいメディアテーク」、「多摩美術大学図書館(八王子キャンパス)」、「2009高雄ワールドゲームズメインスタジアム(台湾)」などがある。現在進行中のプロジェクトに「台中メトロポリタンオペラハウス(台湾)」などがある。受賞歴には日本建築学会賞作品賞、ヴェネチア・ビエンナーレ「金獅子賞」、プリツカー建築賞などがある。

バーギット・ローマン(Birgit Lohmann)氏/ デザインブーム編集長
バーギット・ローマン(Birgit Lohmann)氏/ デザインブーム編集長

ハンブルグ生まれ。工業デザインをフィレンツェで学び、1987年よりミラノを拠点に活動。イタリアを代表する建築家やデザイナーと共にデザイン、製品開発を行う。イタリア司法省や国際的なオークションハウスで働くと共に、世界中の著名大学で工業デザインの講演を行っている。1999年にdesignboomを共同創設し、現在は編集長、教育プログラム代表、エキシビションキュレーターとして活動。

アリス・ローソーン(Alice Rawsthorn)氏/ デザイン評論家
アリス・ローソーン(Alice Rawsthorn)氏/ デザイン評論家

ニューヨーク・タイムズ国際版のデザイン評論家。毎週発信のデザイン・コラムは世界中のメディアで掲載されている。ホワイト・チャペル・ギャラリー、マイケル・クラーク舞踊団の評議員、チャイセンヘール・ギャラリーの主任評議員。近著はデザインが過去、現在、未来の生活に与える影響についての“Hello World: Where Design Meets Life”(ハーミッシュ・ハミルトン刊)。

澤 良宏 (Yoshihiro Sawa) / Lexus International President
澤 良宏(Yoshihiro Sawa) / Lexus International President

京都工芸繊維大学意匠工芸学科卒業。1980年入社。カローラなどの小型車外形デザインを担当。米国駐在、内外装デザインを経て、異色のデザイナー出身チーフエンジニアとして、アイゴの開発を担当し、2016年には常務役員、2017年4月にLexus International Presidentに就任。

メンター:
ネリ・アンド・フー(Lyndon Neri & Rossana Hu)/ 建築家・デザイナー
ネリ・アンド・フー(Lyndon Neri & Rossana Hu)/ 建築家・デザイナー

上海に拠点を置くネリ&フー・デザイン・アンド・リサーチの共同創立者。専門領域を越え、様々な国の多岐に渡るプロジェクトに取り組み、建築に新しい変化を起こしている。プロジェクトのひとつひとつは、独特の文化・社会的コンテクストの問題を抱えている。建築・インテリアデザイン・プランニング・グラフィック商品等のデザインをしていく中で生まれた、“コンテンポラリーな建築の取り組みは、従来の建築の枠を超えている”という気づき。それをもとに、各プロジェクトで異なる文化・社会的課題への理解と、徹底的なリサーチに基づいたデザインを行う。彼らの仕事は、繊細でありながら、材料、フォルムや光のダイナミックなインタラクションに根ざしており、2014年「Wallpaper Magazine」のデザイナー・オブ・ザ・イヤーを受賞、2013年には、U.S.インテリア・デザインの殿堂入りを果たした。

マックス・ラム(Max Lamb)氏/ デザイナー
マックス・ラム(Max Lamb)氏/ デザイナー

家具・プロダクトデザイナー。その繊細なデザインは、創作に関する幅広い知識と素材へのこだわり、そして作り手としての確かな技術によって生み出される。英国のコーンウォール出身で幼い頃から自然に触れて育ち、そこで育まれた好奇心は、やがてロイヤル・カレッジでのデザイン・プロダクト修士号取得、次いでデザインを実践するワークショップの創設へと繋がる。素材と制作のプロセスには、伝統的な手法を重んじながらも斬新な手法を追求し、その実験的かつ実理にかなった家具・プロダクト創作は、率直かつ明瞭である。ロイヤル・カレッジ・オブ・アートでデザイン・プロダクトを教える傍ら、世界中の企業や機関に対し、定期的にデザイン・ワークショップを開催している。

エレナ・マンフェルディーニ(Elena Manferdini)氏/ デザイナー・建築家
エレナ・マンフェルディーニ(Elena Manferdini)氏/ デザイナー・建築家

エレナ・マンフェルディーニは、米国カリフォルニアのヴェニスに拠点を置くアトリエ・マンフェルディーニの創業者兼オーナー。ロサンゼルス現代美術館(MOCA)のパビリオンをはじめ、アメリカ、ヨーロッパ、アジア各地でデザイン、アート、建築など様々なプロジェクトを手がけており、スワロフスキー、セフォラといった世界的企業とのコラボレーションでも知られている。彼女の作品は、Elle、Vogue、New York Timesなど世界各国のメディアでも取り上げられ注目を集めている。また、自らが委員長を務める南カリフォルニア建築大学で教鞭をとる傍ら、マサチューセッツ工科大学、プリンストン大学、清華大学、バウハウスなど、さまざまな大学でも精力的に講義を行っている。最近では2013年、作品のオリジナリティが認められ、ロサンゼルス市文化課のCOLAフェローシップを与えられた。2011年、アメリカアーティスト協会の助成金の対象にもなった。また同年、AlessiのBlossom designでGood Design Awardを受賞している。

スナーキテクチャー(Snarkitecture)/ アーティスト・建築家
スナーキテクチャー(Snarkitecture)/ アーティスト・建築家

スナーキテクチャーは、2008年にダニエル・アーシャムとアレックス・ムーストンにより結成された、アート・建築領域において常に新たな挑戦を続けるユニット。二人はニューヨークのクーパー・ユニオン大学在籍時より共にアートと建築の融合に興味を持ち始め、ユニットの初仕事としてDior Hommeのプロジェクトを手掛けた。スナーキテクチャーのユニット名は、ルイス・キャロルの詩“The Hunting of the Snark”に由来する。様々な建築空間プロジェクト・機能的オブジェを発表し続けるスナーキテクチャーは、作品を通して、新たな物に出会う驚きを提供し、想像を超えた空間を生み出している。

イベント概要
タイトル LEXUS YET
日時 4月4日(火)- 4月9日(日)午前10時30分 - 午後10時
プレスプレビュー:4月3日(月)午前11時 - 午後6時
会場 イタリア・ミラノ「ミラノ・トリエンナーレ(La Triennale di Milano)」
住所:Viale Alemagna 6, Milan, Italy
テーマ YET(二律双生)
展示
  • 招聘デザイナーによる“YET”(二律双生)をテーマとした体験
  • LEXUS DESIGN AWARD 2017の入賞12作品(プロトタイプ4作品とパネル展示8作品)
  • ミラノデザインウィーク出展10回を記念した、LEXUSのこれまでの出展の歴史を体感できる展示
主催 Lexus International
【デザイナー・プロフィール】(敬称略)
ネリ・オックスマン & ザ・メディエイテッド・マター・グループ
(NERI OXMAN AND THE MEDIATED MATTER GROUP)

ネリ・オックスマンは、建築家・デザイナーで、MIT Media Labの准教授として、研究グループのMediated Matter Groupを率いている。オックスマンの作品は、Cooper Hewitt、MoMA、SFMOMA、Centre Georges Pompidou、MFA Boston、FRAC Orléansなどの美術館で常設展示されている。主な受賞歴としては、Graham Foundation Award(2008年)、the Earth Award(2009年)、the Vilcek Prize(2014年)、the BSA Women in Design Award(2014年)などがある。また、2014年にはCarnegie Pride of America Honoreeを受賞、2015年にはROADSの「世界でもっとも勇気ある学際的思想家100人」に、さらに2016年には世界経済フォーラムによるカルチュラルリーダーに選ばれている。

MIT Media Labは、研究分野の垣根を超え、ユニークで領域に縛られない研究を積極的に推進してきた。デザイナー、ナノテクノロジーの技術者、可視化プログラムの専門家、機械エンジニア、素材科学者、産業研究者、そしてコンピューターインターフェースの先駆者たちが協業することで、人間がどのように物事を体験し、テクノロジーがそれをどのようにサポートすることができるのかを繰り返し実証してきた。詳細はwww.media.mit.eduにて。

ネリ・オックスマン

エリア1:ANCIENT YET MODERN(古典的でありながら最先端)

エリア1:ANCIENT YET MODERN(古典的でありながら最先端)

エリア4:RETROSPECTIVE(回顧)

エリア4:RETROSPECTIVE(回顧)