2015.4.20

LEXUS、直噴ターボエンジン搭載の「RX200t」を上海モーターショーに出展

LEXUSは、中国・上海で開催されている第16回上海モーターショー*1において、2015年ニューヨーク国際オートショーで発表した新型プレミアムクロスオーバーRXの2.0ℓ直噴ターボエンジン搭載モデルRX200tを発表した。

なお、新型RX200tの日本での発売は、2015年秋以降を予定している。
LEXUS RX450h(北米仕様)
LEXUS RX200t

RX200t搭載の直列4気筒DOHCインタークーラー付き直噴ターボエンジンは、ツインスクロールターボチャージャーと可変角を拡大したDual VVT-iW*2を組み合わせ、最高出力170kW以上を目指す。エンジンと6速オートマチックトランスミッションを組み合わせたパワートレーンは、低速域から高速域まで滑らかで力強い加速を実現するとともに、燃費・環境性能を両立している。

なお、RX200tは、予防安全パッケージLexus Safety System +を採用し、高い安全性能を追求している。

*1
正式名称「The 16th Shanghai International Automobile Industry Exhibition」
4月20日(月)~21日(火):プレスデー、22日(水)~24日(金):プロフェッショナルデー、25日(土)~29日(水):一般公開日
*2
Dual VVT-iW:Dual Variable Valve Timing-intelligent Wide

以上