デザイン

UXを受け継ぐデザイン

エクステリア装備

インテリア装備

カラーバリエーション

UXを受け継ぐデザイン

二律双生が生み出す洗練のデザイン エクステリア
写真はUX250h。

二律双生が生み出す洗練のデザイン

UXから受け継ぐ挑戦的なデザインの源には、相反するものの掛け合わせによってこれまでにない価値を生むレクサスの基本哲学「二律双生」があります。
頑強で凝縮した塊感や安心感と俊敏な走りを思わせるエクステリアデザインは俊敏なパフォーマンスを予感させます。

二律双生が生み出す洗練のデザイン インテリア
写真はUX250h。

インテリアデザインは、内と外の境界を曖昧にする日本の建築思想から着想した、インストルメントパネルの上部からフード・フェンダーへと車内外が連続して見えるような造形や、外形が持つ強さを感じられるような内装の骨格など、「内と外の双生」を体現したデザインによって、人とクルマの一体感を創出しました。

空力性能を高めたエアロスタビライジングブレードライト
写真はUX250h。

空力性能を高めた
エアロスタビライジングブレードライト

レクサスの象徴とも言える左右のL字形状をひとつなぎとし、進化させた真一文字のテールランプ。継ぎ目なく発光するシャープかつワイドな光がレクサスの記号性を強調します。また、両端の発光部を縦フィン形状にすることで整流効果を生み出し、走行安定性に貢献。機能とデザインの両立を実現しました。

感性をくすぐる技巧
写真はUX250h。

感性をくすぐる技巧

インストルメントパネルの和紙調シボは、微細な繊維が織りなす和紙の風合いを、思わず指で触れたくなるほどのクオリティで丁寧に再現。体を預けるシートには、伝統的な刺繍技法のひとつである刺し子をモチーフにしたステッチを採用。センタークラスターなどには、塊から削り出した際にあらわれる金属の素材感を表現。細部にわたって磨き上げた互いを引き立て合う質感のコントラストが、感性をくすぐる相乗効果を生み出します。

エクステリア装備

BEV専用デザインのホイールを
新規開発

空力性能を備えた17インチエアロベンチレーティングアルミホイール (切削光輝+ミディアムグレーメタリック塗装)

空力性能を備えた
17インチエアロベンチレーティング
アルミホイール
(切削光輝+ミディアムグレーメタリック塗装)

空気抵抗の低減とブレーキの冷却性を高次元で両立させたエアロベンチレーティングホイールです。
“version C”に標準装備

ボディを支えるような太いスポークが際立つ18インチアルミホイール (切削光輝+ミディアムグレーメタリック塗装)

ボディを支えるような太いスポークが際立つ
18インチアルミホイール
(切削光輝+ミディアムグレーメタリック塗装)

ホイール外周がしっかりと見えるように、リム外周部に切削加工を施しました。また、スピンドルグリルの形を模したものでスポークを挟み込むような目を引くデザインを採用。太いスポークがボディをしっかりと支えているように見える工夫を凝らしています。
“version L”に標準装備
“version C”にメーカーオプション

インテリア装備

心地良いEV走行に貢献する
室内装備・機能
操作性や使い勝手まで
デザインしたインテリア

走行可能距離がわかりやすいBEVモデル用メーター

走行可能距離がわかりやすい
BEVモデル用メーター

走行可能表示を常時表示することで、電欠防止に役立てました。また、Dレンジ中パドルシフト操作時とBレンジ中に、回生ブレーキ力インジケーターを追加しています。

後席への荷物の置き忘れを通知リヤシートリマインダー

後席への荷物の置き忘れを通知
リヤシートリマインダー

後席ドアの開閉でシステムが作動。走行後、車両を停車しイグニッションをOFFにすると、マルチインフォメーションディスプレイに荷物置き忘れ防止の通知メッセージが表示されます。

後席ドアの開閉により荷物を積載したと判断します。使用方法によっては、後席に荷物が積載されていても、システムが作動しない場合があります。
後席ドアを開いて短時間で再びドアを閉じると、システムが作動しない場合があります。
後席ドアの開閉後、一定時間経過してBEVシステムONにした場合、システムが作動しない場合があります。
置き忘れ防止の通知メッセージが一度表示された時点でシステムは終了されます。その後、再び後席ドアが開閉されない限り、後席に荷物を積載したままでも、通知メッセージは表示されません。

好みに応じた減速度を選択できる
回生ブレーキ力選択モード

パドルシフトスイッチを使用して、ドライバーの好みに応じた減速度を4段階から選択できます。加速と減速で走りのリズムをつくれることが、クルマを意のままに操る感覚につながり、ガソリン車に乗り慣れた方でも違和感のない運転を実現。雪道などの低µ路では、減速時にスリップしないよう最適な減速度を選ぶことで、より安全な走行が可能です。また、メーター内に三角の矢印で減速度の強さを表示するなど、視覚的にもわかりやすくアピールします。

動きもデザインも小気味良いシフトレバー&シフトノブ

動きもデザインも小気味良い
シフトレバー&シフトノブ

シフトレバー

シフト操作のON/OFFをはっきりと感じ取れる、クリック感を持ったシフトレバーを採用。操作ストロークをショート化し、小気味良く、確実ですばやいシフト操作を実現しました。

シフトノブ

本革表皮 (スムース革) とサテンメッキ調ベゼルを組み合わせることで無垢の金属を革で包み込んだ印象を持つシフトノブを採用。アウトステッチ仕上げにより見た目の高い質感を実現しました。また、手のひらにしっくりとくる形状を追求し、匠が走り込むことでシフトノブの長さと太さをチューニング。確実で自然な操作性が得られるデザインです。

UX同等の使い勝手を実現したラゲージ (ローデッキタイプ)

UX同等の使い勝手を実現した
ラゲージ (ローデッキタイプ)

最大荷室容量310Lを確保しています。

最大荷室容量はデッキボード上部303L、アンダーデッキ7Lの合計です。
容量はVDA方式で測定。
ゴルフバッグは後席を倒すことで積載可能となります。

カラーバリエーション

エクステリアカラーセレクション

  • ソニッククォーツ〈085〉
    ソニッククォーツ〈085〉
  • マーキュリーグレーマイカ〈1H9〉
    マーキュリーグレーマイカ〈1H9〉
  • ソニックチタニウム〈1J7〉
    ソニックチタニウム〈1J7〉
  • ブラック〈212〉
    ブラック〈212〉
  • グラファイトブラックガラスフレーク〈223〉
    グラファイトブラックガラスフレーク〈223〉
  • マダーレッド〈3T2〉
    マダーレッド〈3T2〉
  • ブレージングカーネリアンコントラストレイヤリング〈4Y1〉
    ブレージングカーネリアン
    コントラストレイヤリング〈4Y1〉
    全車にメーカーオプション
  • テレーンカーキマイカメタリック〈6X4〉
    テレーンカーキマイカメタリック〈6X4〉
  • セレスティアルブルーガラスフレーク〈8Y6〉
    セレスティアルブルーガラスフレーク〈8Y6〉
Photo: UX300e “version L”。

美しさを保つ
セルフリストアリングコート

洗車などによる小さなすり傷を自己修復するセルフリストアリングコートを全カラーに採用。分子レベルで結合しやすい特性を備え、新車時の光沢とカラーを長期にわたり保持することに貢献します。

インテリアカラーセレクション

ブラック ブラック
リッチクリーム リッチクリーム
オーカー オーカー
コバルト コバルト
ホワイトアッシュ ホワイトアッシュ
Photo: UX300e “version L”。
シート
マテリアル
インテリアカラー インストルメントパネル オーナメントパネル
(パワーウインドゥスイッチベース、センタークラスター他)
“version L” 本革 ブラック / オーカー / コバルト / ホワイトアッシュ / リッチクリーム 和紙調シボ ヘアライン加飾
“version C” L tex
(エルテックス)
ブラック / オーカー / コバルト / ホワイトアッシュ ブラックメタリック塗装
走行シーンの写真の一部は合成です。
室内写真の計器盤は機能説明のために各ランプを点灯させたものです。実際の走行状態を示すものではありません。
ナビゲーション画面および一部のディスプレイは合成です。
装備および機能紹介の写真の一部はイメージです。
セルフリストアリングコートは、鍵や硬貨などで引っかいた傷のように破壊された場合には、傷は復元しません。傷の復元する時間は、傷の深さや周囲の温度により変化します。なお、お湯をかけるなど、セルフリストアリングコートを暖めることで復元する時間を短くすることができます。耐用年数は5~8年ですが、その後も一般塗装よりも傷がつきにくい状態を保ちます。ワックスをかける場合はコンパウンド (研磨剤) の入っていないものをご使用ください。ディーラーオプションのレクサスボディーコートを施工しても耐すり傷性の低下はなく、高い性能を有します。
本革シートの一部に合成皮革を使用しています。
L tex (エルテックス) は本革に近い風合いと手触りを追求した合成皮革です。
バージョンおよびシートマテリアルにより、シート各部の素材や色が異なります。詳しくはレクサス販売店におたずねください。
EV: Electric Vehicle
BEV: Battery Electric Vehicle
EVとBEVは表記が異なりますが、同じ意味です。