DRIVING PERFORMANCEPLATFORM & BODY

隅々まで鍛え上げた揺るぎないボディ

徹底的に鍛え上げた基本骨格
GA-Cプラットフォーム

「走る・曲がる・止まる」といったクルマの基本性能を決める骨格には、GA-Cプラットフォームを採用。重心位置や慣性モーメントなど基本諸元の向上を追求した新プラットフォームは、操舵に対して遅れのない追従性や上質な乗り心地、そしてよりいっそうの安心感を実現させます。

スポーティな走りを
予感させる
ドライビングポジション
パッケージ

低重心と力強さの両立を狙ったプロポーション。クロスオーバーらしいシルエットでありながら、ハッチバックのようなキビキビとした走りを予感させる低いドライビングポジションを確保しています。



高剛性かつ低重心をめざした
マルチマテリアルボディ

主要骨格部材への高張力鋼板の最適配置や、左右サイドドアとバックドア開口部の環状構造、レーザースクリューウェルディングや構造用接着剤などの大幅な使用部位増加により、徹底的に剛性を高めました。また、アルミニウムサイドドアや樹脂バックドアによる軽量化に取り組み、さらなる低重心化を追求しています。

快適な乗り降りを実現する
乗降性

降車の際、ロッカーモールの張り出しで足が地面に着きにくくなるのを防ぐため、ロッカーモールの位置をドア下の見切り位置に設定。さらに、ヒップポイントの位置やシートの造形にもこだわり、足を楽に出し入れできるようにすることで、雨でも裾が濡れにくくなるなど、乗り降りの動作を快適にしました。

装備類の詳しい設定につきましては、主要装備一覧表でご確認ください。
装備および機能紹介の写真の⼀部はイメージです。
TSOP: Toyota Super Olefin Polymer