標準装備・メーカーオプション

標準装備

三眼フルLEDヘッドランプ (ロー・ハイビーム) &
                  LEDフロントシーケンシャルターンシグナルランプ / LEDクリアランスランプ (デイライト機能付)
三眼フルLEDヘッドランプ (ロー・ハイビーム) &
LEDフロントシーケンシャルターンシグナルランプ /
LEDクリアランスランプ (デイライト機能付)
RX450hL専用リヤバンパーロアガーニッシュ (サテンメッキ)
RX450hL専用リヤバンパーロアガーニッシュ
(サテンメッキ)
LEDフロントフォグランプ / 高輝度LEDコーナリングランプ
LEDフロントフォグランプ / 高輝度LEDコーナリングランプ
夜間走行時に交差点などを曲がる際に、ウインカーまたはステアリングを操作した方向を広範囲で照らします。見えにくい車両の側方や上方を明るく照らし、進行 方向の状況や歩行者の存在などをいち早く認識することができます。
LEDリヤコンビネーションランプ (テール・ストップ)
LEDリヤコンビネーションランプ (テール・ストップ)*1
ルーフレール
ルーフレール
 
電子キー & カードキー
電子キー & カードキー*2
本革ステアリング & 本革シフトノブ
本木目+本革ステアリング & 本革シフトノブ
※写真はRX450h “version L”。
※写真の本木目はウォールナット用。
 
アウトサイドドアハンドル照明
アウトサイドドアハンドル照明
タッチスイッチ式オーバーヘッドランプ
タッチスイッチ式オーバーヘッドランプ
アクセサリーコンセント(AC100V・100W/センターコンソール後部)
アクセサリーコンセント
(AC100V・100W/センターコンソール後部)*3
※写真はRX450h。
235/65R18タイヤ&アルミホイール (切削光輝)
235/55R20タイヤ&アルミホイール (切削光輝)
アンビエントイルミネーション
アンビエントイルミネーション
走行状態と連動して室内を照らすイルミネーションです。エンジン始動 / パワーONにすると点灯し、乗る方をお迎え。走行中はドライバーに配慮して減光し、停車 でPレンジにシフトすると光量をアップ。イグニッションOFFで静かに消灯します。
※写真はRX450h “version L”。
※RX450hL、RX450h “version L” / “F SPORT”、RX300 “version L” / “F SPORT”は、インストルメントパネルとドアトリムにもLEDイルミネーションが付きます。
EVドライブモードスイッチ
EVドライブモードスイッチ
パノラミックビューモニター
パノラミックビューモニター*4*5
車両の前後左右に搭載したカメラから取り込んだ映像を合成し、車両を上から見たような映像をナビゲーション画面に表示。運転席から目視しにくい車両周囲の状況をリアルタイムで確認できます。また、ボディやシートを透かして見たようなシースルービューに切り替えることで、目視できないエリアも確認することができます。
ブラインドスポットモニター[BSM]
ブラインドスポットモニター[BSM*6*7*8
走行中、ドアミラーでは確認しにくい後側方エリアに存在する車両に加えて、隣接する車線の最大約60m後方までモニターし、急接近してくる車両も検知します。車両を検知するとドアミラー内のインジケーターが点灯、車両を検知した状態でウインカーを操作するとインジケーターが点滅し、より注意を喚起します。
インテリジェントクリアランスソナー
インテリジェントクリアランスソナー*5
アクセルの踏み間違いや踏みすぎなどで起こる衝突を緩和し、被害の軽減に寄与するシステム。車庫入れなどの運転時、静止物の接近を表示とブザーで知らせる「クリアランスソナー」に、静止物との接触を緩和する機能を搭載。前後進行方向にある壁などの静止物を検知している場合、発進時にエンジン出力を抑制し、さらに距離が縮まると自動的にブレーキをかけます。
リヤクロストラフィックアラート[RCTA] / リヤクロストラフィックオートブレーキ[RCTAB]
リヤクロストラフィックアラート[RCTA*9*7*8 / リヤクロストラフィックオートブレーキ[RCTAB*10*7*8
リヤクロストラフィックアラート[RCTA]は、駐車場から後退する際に、左右後方から接近してくる車両をブラインドスポットモニター[BSM]のレーダーにより検知し、ドアミラー内のインジケーター点滅とブザーでドライバーに注意を喚起。リヤクロストラフィックオートブレーキ[RCTAB]は、レーダーで検知後、衝突の危険性がある場合は自動的にブレーキ制御を行うことで左右後方から接近してくる車両との衝突被害を軽減支援します。
SRSエアバッグシステム
SRS*11エアバッグシステム
ドライブスタートコントロール
ドライブスタートコントロール
シフト操作時における急発進・急加速を抑制し、衝突時の被害軽減に寄与します。例えば、後退時に衝突して慌てたドライバーが、アクセルを踏み込んだままシフトを「R」から「D」へ変更した際、表示で注意を促すとともに、エンジン出力を抑えます。
電動パーキングブレーキ / ブレーキホールド / ヒルスタートアシストコントロール
電動パーキングブレーキ
パーキングブレーキの作動と解除をスイッチ操作で行えます。「AUTO」を選択した場合にシフトレバーを「P」レンジに入れると自動で作動し、ブレーキを踏みながら「D」レンジなど「P」レンジ以外にシフトすると解除されます。
ブレーキホールド
「HOLD」スイッチを押し、システムONの状態にしておくことで、渋滞や信号待ちなどでブレーキを踏んで停車した時にブレーキを保持。アクセルを踏むと解除されます。
ヒルスタートアシストコントロール
坂道発進時にブレーキからアクセルに踏みかえる際の車両の後退を緩和します。坂道で停車すると車両に搭載されたセンサーが坂道であることを検知。ドライバーがブレーキを踏むと作動し、約2秒間ブレーキ油圧を保持して車両のずり落ちを緩和します。
ETC2.0サービス / DSSS運転支援機能
ETC2.0サービス*12 / DSSS*13運転支援機能*14
路上に設置されたITSスポットとの双方向通信を行うETC2.0ユニット (VICS機能付)、およびDSSS機能を搭載したナビゲーションシステムにより、安全運転をサポートする情報を画面表示や音声で提供します。
高速道路で提供するETC2.0サービス
見通しのきかないカーブの先の渋滞や停止車両といった情報をカーブの手前でお知らせしたり、高速道路で合流してくる車両の存在を合流部の手前でお知らせします。また、進行方向先の交通状況もお知らせします。
一般道で提供するDSSS運転支援機能
一時停止や赤信号の見落としの可能性を判断し、ドライバーに注意を促したり、わき道や前方の停止車両の存在をドライバーにお知らせします。

メーカーオプション

ムーンルーフ (チルト&スライド式)
ムーンルーフ (チルト&スライド式)
おくだけ充電
おくだけ充電*15
センターコンソール内の充電エリアに置くだけで、スマートフォンやモバイルバッテリーなどの充電を行えます。
※ご利用は、ワイヤレス充電の規格Qi (チー) に対応した一部の機器、もしくはQiに対応したアクセサリーを装着した機器などに限られます。対応の有無は各商品のメーカーにお問い合わせください。
※トレイ寸法 (タテ約144mm、ヨコ約80mm) を超えるQi対応機器 (アクセサリー類を含む) は、トレイに置くことができないため、充電はできません。
※機種によっては正常に作動しない場合やご注意いただきたい項目があります。ご使用になる前に必ず取扱書をご覧ください。
※「おくだけ充電」、「おくだけ充電」 ロゴは、株式会社NTTドコモの登録商標です。
235/55R20タイヤ&ノイズリダクションアルミホイール
235/55R20タイヤ&ノイズリダクションアルミホイール
235/55R20タイヤ&セレクタブルカラートリムアルミホイール
235/55R20タイヤ&セレクタブルカラートリム
アルミホイール
トリムの脱着が可能なアルミホイール。ディーラーオプションのトリムを含め全4色を設定。
*1.
三眼フルLEDヘッドランプ装着車には、LEDリヤシーケンシャルターンシグナルランプが設定されます。
*2.
植込み型心臓ペースメーカー等の機器をご使用の方は、電波により医用電気機器に影響を及ぼすおそれがありますので、車両に搭載された発信機から約22cm以内に植込み型心臓ペースメーカーを近づけないようにしてください。電波発信を停止することもできますのでレクサス販売店にご相談ください。
*3.
合計100W以下の電気製品をご使用ください。ただし、100W以下の電気製品でも正常に作動しない場合やご注意いただきたい項目があります。ご使用になる前に必ず製品の取扱書をご覧ください。一部地域では駐車または停車中にエンジンを始動させた場合、条例に触れるおそれがありますのでご注意ください。
*4.
カメラが映し出す範囲は限られており、実際より遠く見える場合があります。映像を過信せず、必ず車両周辺の安全を直接確認しながら運転してください。
*5.
字光式ナンバープレートは装着できません。
*6.
BSM: Blind Spot Monitor
*7.
道路状況、車両状態および天候状態等によっては、ご使用になれない場合があります。詳しくはレクサス販売店におたずねください。
*8.
ブラインドスポットモニター[BSM]、リヤクロストラフィックアラート[RCTA]、リヤクロストラフィックオートブレーキ[RCTAB]はあくまで運転補助機能です。本機能を過信せず、運転に際してはドライバーご自身で周囲の安全状況を直接確認してください。詳しくはレクサス販売店におたずねください。
*9.
RCTA: Rear Cross Traffic Alert
*10.
RCTAB: Rear Cross Traffic Auto Brake
*11.
SRS: Supplemental Restraint System (乗員保護補助装置) SRSエアバッグシステムは衝突時の条件によっては作動しない場合があります。SRSエアバッグはあくまでシートベルトを補助する装置ですので必ずシートベルトをご着用ください。
*12.
道路状況、車両状態および天候状態等によっては作動しない場合があります。安全確認は運転する方が十分に行ってください。2009年度から高速道路を中心に路側機等を全国整備し、安全運転支援や広域な道路交通情報提供等のサービスが展開されています。ご利用可能なサービス提供場所 (ITSスポット) については、 (一財) 道路交通情報通信システムセンター (VICSセンター) におたずねください。また、ETC2.0ユニット (VICS機能付) は、今後新たに追加されるサービスやシステム変更には対応できない場合があります。あらかじめご了承ください。詳しくはレクサス販売店におたずねください。
*13.
道路状況、車両状態および天候状態等によっては作動しない場合があります。安全確認は運転する方が十分に行ってください。警察庁と (一社) UTMS協会が推進しているプロジェクトで、クルマと道路のインフラの連携により信号情報や交差点周辺等の見通し外の車両存在情報等を取得し、安全運転を支援するシステムです。2017年12月現在、東京都、神奈川県、愛知県にDSSS用光ビーコンが設置されており、当該地点で機能が作動します。詳しくはレクサス販売店におたずねください。
*14.
ITS Connectを選択した場合は、情報はマルチインフォメーションディスプレイに表示されます。
*15.
植込み型心臓ペースメーカー等の機器をご使用の方は、おくだけ充電のご使用にあたっては医師とよくご相談ください。充電動作が医用電気機器に影響を及ぼすおそれがあります。充電機能を停止することもできますのでレクサス販売店にご相談ください。
装備類の詳しい設定につきましては、主要装備一覧表でご確認ください。
写真は特定のパッケージのものを全モデルに共用している場合があります。
画面は合成です。