STORY OF THE RXPERFORMANCE &
TAKUMI CRAFTSMANSHIP

一体感のある滑らかな走り

クルマとひとつになるような走りの楽しさ。めざしたのは、RXならではの上質な乗り心地を追求しながら、ドライバーがまるで自分の手足のように操作できるリニアなステアリングフィールと正確なライントレースをもたらすこと。これらを叶えるために、まずは走りの根幹を担う高剛性ボディの開発に取り組みました。旋回時のボディの変形を抑えるために、スポット溶接の打点数や構造用接着剤の接着範囲も拡大。RXの基本骨格から鍛え上げることで、切った分だけ曲がるハンドリングと快適な乗り心地が味わえる、高剛性ボディへと仕上げていきました。

走りの熟成は足回りにも及びます。サスペンションにおいてはリヤスタビライザーバーの径を拡大して前後ロール剛性バランスの適正化を図り、すぐれた操縦安定性を確保しました。また、ショックアブソーバーに微低速域での減衰力を最適化するフリクションコントロールダンパーを加えることで、ロールの少ないフラットな乗り心地を実現。さらに、開発範囲を車軸にまで広げ、ハブベアリングのプレロードを適正化することで、レスポンスの良いハンドリングも可能にしています。
開発の仕上げは、数値にも表れない感性の領域にまで達しました。テストコースはもちろん、海外での街路や山岳路といった実際の路面でもテストドライブを繰り返し、感覚が納得いくまで走りの味をチューニング。アクセルを踏んだときの初動から、コーナーでのハンドリングに至るまで、操縦安定性と乗り心地を徹底的に追求していったのです。
一切の妥協を許さず磨き上げられたRXの走り。
エンジニアたちの匠とも呼べる技術と情熱が生んだ走行性能は、ラグジュアリーSUVの名にふさわしい、滑らかで心地良い走りをもたらします。

STORY OF THE RXPERFORMANCE &
TAKUMI CRAFTSMANSHIP