DRIVING PERFORMANCEBODY & CHASSIS

クルマとの一体感をもたらす走り

走りの根幹から鍛え上げた高剛性・軽量ボディ構造

すぐれた操縦安定性と上質な乗り心地。RXの走る楽しさを支えるのがボディの剛性です。旋回時のボディの変形を抑えるべく、スポット溶接の打点数や構造用接着剤の接着範囲も拡大するなど、骨格を高剛性にすることで、気持ちの良いハンドリングと乗り心地を追求しました。これにより、リニアな応答性はもちろん、あらゆる路面入力を抑えたフラットで快適な乗り心地を実現。また、エンジンフードやバックドア、バンパー内部の素材にアルミニウムを使用するなど、強度を追求しながら軽量化も両立しています。

俊敏なハンドリングを可能にするプラットフォーム&サスペンション

ドライバーの意思に即応する俊敏なハンドリングをもたらすために、RXではエンジンの重心に対してより近い位置でこれをボディに懸架するプラットフォームを採用しています。同時に、ホイールのハブベアリングに着目し、ベアリングのプレロードを適正化することにより、ステアリング操作に対する車両応答性を高めています。さらに、サスペンションにおいても、前後ロール剛性バランスを見直し、操縦安定性の向上を図りました。また、ショックアブソーバーにフリクションコントロールダンパー*1を採用し、微低速域から高速域まで最適な減衰力を確保するなど、上質な乗り心地を追求しました。

「走る・曲がる・止まる」を統合制御するVDIM

エンジン、ブレーキ、ステアリングなどの機能をひとつのシステムとして統合制御し、理想的な運動性能がもたらす走りの楽しさと、危険な状況に至らせない高い予防安全性を両立します。例えば、濡れた路面のコーナーや雪道で車両が横滑りしそうな状況において、車両が不安定な動きをする前から制御を開始。ドライバーが制御されていることを感じることなく、イメージした走行ラインをスムーズに安定して走れるよう支援します。

VDIMが統合制御する主なシステム

  • ●ABS (電子制動力配分制御付)
  • ●VSC
  • ●TRC
  • ●電動パワーステアリング[EPS] 
  • ●電子制御ブレーキ[ECB]*2

RX450hL / RX450h全車 / RX300 “F SPORT”に標準装備

ワインディング走行などでドライバーを支援するアクティブコーナリングアシスト[ACA]

ワインディング走行等のシチュエーションで、思い描いたラインを走行できるようにサポートします。コーナリング中、アクセルを踏み込んだときに発生しやすい車両のアンダーステアを抑制し、すぐれた旋回性能を確保。高い車両安定性を実現します。

*1.
ショックアブソーバーのシリンダー内にゴムを組み込んだ構造で、油圧では制御できない高周波振動 (路面の微小な凹凸からの振動) を低減します。
*2.
電子制御ブレーキ[ECB]は最適なブレーキ制御を行うため、ブレーキ操作時にモーター音が聞こえる場合があります。RX450hL、RX450h全車に標準装備。
写真はイメージです。
装備類の詳しい設定につきましては、主要装備一覧表でご確認ください。