LEXUS SAFETYADVANCED SAFETY TECHNOLOGY

心おきなく走るための先進テクノロジー

LEXUS SAFETY SYSTEM +

Lexus Safety System +

歩行者保護にも対応した機能を含む、4つの予防安全システムをパッケージ化。
事故低減効果の高い4つの予防安全機能(歩行者検知機能付衝突回避支援、車線逸脱防止支援、夜間視界支援、車間距離維持走行支援)を組み合わせることで、多面的な安全運転支援を可能にし、重大な事故の低減を図ります。

全車に標準装備

プリクラッシュセーフティ(歩行者検知機能付衝突回避
支援タイプ)

進路上の車両や歩行者をミリ波レーダーと単眼カメラで検出し、衝突する可能性が高いと判断した場合に警報やブレーキの制御により衝突回避、あるいは衝突被害の軽減を支援します。万が一、車両や歩行者と衝突しそうな場面に遭遇した場合には、警報の後、ドライバーがブレーキを踏むと、プリクラッシュブレーキアシストがブレーキ力を強力にアシストし、ドライバーの回避行動をサポートします。また、仮にドライバーがブレーキを踏めなかった場合でも、プリクラッシュブレーキが作動します。例えば停止車両に対し自車の速度が約40km/hの場合は、約40km/h減速し、衝突回避または被害軽減を支援。また、例えば歩行者との速度差が約30km/hの場合には、約30km/h減速し、衝突回避または被害軽減を支援します。

プリクラッシュブレーキは、対車両の場合は自車速度約10km/h以上、対歩行者の場合は自車速度約10km/h~80km/hで作動します。また、本機能はドライバーの運転支援を目的としているため、機能には限界があり、道路状況、車両状態、天候状態およびドライバーの操作状態、歩行者の状態等によっては、作動しない場合があります。詳しくはレクサス販売店におたずねください。プリクラッシュセーフティはあくまで運転を支援する機能です。本機能を過信せず、必ずドライバーが責任を持って運転してください。数値は社内測定値。

車間距離を保ちながら追従走行する
レーダークルーズコントロール
(全車速追従機能付)*2

ミリ波レーダーと単眼カメラで先行車を認識し、車速に応じた車間距離を保ちながら追従走行を支援します。先行車が停止した時は自車も停止して停止状態を保持、先行車が発進した時はドライバー操作により発進し、追従走行を再開します。高速道路の渋滞走行時など、停止・発進を繰り返すシーンで、ドライバーの運転負荷を大幅に軽減します。

本機能はドライバーの運転支援を目的としているため、機能には限界があり、道路状況、車両状態および天候状態等によっては、ご使用になれない場合があります。詳しくはレクサス販売店におたずねください。
ITS Connectをお選びいただくと、通信利用型レーダークルーズコントロールが利用可能になります。
車線逸脱警報機能
車両が車線から逸脱する可能性がある場合に、マルチインフォメーションディスプレイ、ヘッドアップディスプレイの表示および、ステアリングの振動、または警報ブザーにより注意を促します。
車線逸脱抑制機能
車両が車線から逸脱する可能性がある場合に、短時間、小さな操舵力をステアリングに与えて、車線からの逸脱を避けるのに必要なステアリング操作の一部を支援します。
車線維持支援機能
レーダークルーズコントロールと連携し、現在の車線内を走行するために必要なステアリング操作の一部をシステムが支援します。
※レーダークルーズコントロール作動時に車線維持支援機能を作動させるか否かは、カスタマイズ機能の「センタートレース」で設定変更できます。
※ステアリングから手を離すと作動を停止します。
ふらつき警報機能
車両がふらついて走行している時、または車線から何度もはみ出しそうになった場合に、警報ブザーおよびマルチインフォメーションディスプレイの表示により注意を促します。
※ステアリングをしっかり握っていない状態での運転が続くと、一部の機能は一時的に解除されます。
※車線維持支援機能以外は50km/h未満で解除されます。

車線キープをサポートする
レーンキーピングアシスト
[LKA*3

高速道路や自動車専用道路を走行中に、車線から逸脱する可能性を警告したり、車線からの逸脱を避けるためのステアリング操作を支援します。また、レーダークルーズコントロール (全車速追従機能付) の作動中は、車線維持に必要なステアリング操作支援も行います。

道路状況、車両状態および天候状態等によっては、ご使用になれない場合があります。また、レーンキーピングアシスト[LKA]は車線内自動走行を実現したものではありません。必ずドライバーご自身でステアリング操作を行ってください。詳しくはレクサス販売店におたずねください。
車線逸脱警報機能
車両が車線から逸脱する可能性がある場合に、マルチインフォメーションディスプレイ、ヘッドアップディスプレイの表示および、ステアリングの振動、または警報ブザーにより注意を促します。
車線逸脱抑制機能
車両が車線から逸脱する可能性がある場合に、短時間、小さな操舵力をステアリングに与えて、車線からの逸脱を避けるのに必要なステアリング操作の一部を支援します。
車線維持支援機能
レーダークルーズコントロールと連携し、現在の車線内を走行するために必要なステアリング操作の一部をシステムが支援します。
※レーダークルーズコントロール作動時に車線維持支援機能を作動させるか否かは、カスタマイズ機能の「センタートレース」で設定変更できます。
※ステアリングから手を離すと作動を停止します。
ふらつき警報機能
車両がふらついて走行している時、または車線から何度もはみ出しそうになった場合に、警報ブザーおよびマルチインフォメーションディスプレイの表示により注意を促します。
※ステアリングをしっかり握っていない状態での運転が続くと、一部の機能は一時的に解除されます。
※車線維持支援機能以外は50km/h未満で解除されます。

ロー・ハイビームを自動で
切り替えるオートマチック
ハイビーム[AHB*4*5

夜間走行時に、周囲の明かりの状況によりハイビームで走行可能と判断した場合、ロービームをハイビームに自動的に切り替え、前方視界確保をアシスト。先行車や対向車などを検出するとハイビームからロービームへ切り替え、ドライバーの切り替え忘れを防ぐとともに手動操作の煩わしさを軽減。スイッチ操作でオフにすることもできます。

先行車や対向車に直接ハイビームを
当てない
アダプティブハイビーム
システム
[AHS*6*7

歩行者との事故の多くが夜間に発生する現実に対し、ハイビームによって視界を確保することにより、夜間の視認性向上に寄与します。ウインドシールドガラスに搭載した光検出用カメラで先行車のテールランプや対向車のヘッドランプ、周囲の明るさを判別。ハイビームの照射範囲内に車両を検知すると、11個 (片側) のLEDの点灯・消灯を制御することで、ヘッドランプの照射範囲を細やかに調整し、先行車や対向車に直接ハイビームを当てないように部分的に遮光します。先行車や対向車を眩惑することなく、ドライバーの視界確保を支援します。

全車にメーカーオプション*8

通信によって運転を支援する
ITS Connect

クルマのセンサーでは捉えきれない見通し外の情報や信号等の情報を、道路とクルマ、あるいはクルマ同士が直接通信し、マルチインフォメーションディスプレイ表示やブザー音でドライバーに知らせ、安全運転を支援するシステムです。

全車にメーカーオプション

本システムは「路側装置が設置された交差点」または「本システムが搭載された周辺車両」との間でのみ作動します。また、路側装置が設置された交差点であっても、交差点に進入する方向によっては、作動するシステムが異なる場合があります。本システムはあくまでも補助機能です。システムを過信せず、つねに道路状況に注意し、安全運転を心がけてください。
右折時注意喚起は、路側装置が設置された交差点であっても、路側装置の種類や、交差点に進入する方向によっては、対向車のみを検知し、歩行者がいることを注意喚起しない場合があります。なお、対向車や歩行者が路側装置 (感知器) の検出範囲外に存在している場合や、路側装置 (感知器) が車両の特徴や環境条件・経年変化等によって未検知や誤検知を起こす場合は、注意喚起しないことや、通知内容が実際の道路状況と異なる場合があります。ご利用可能なサービス提供場所については、レクサス販売店におたずねください。路車間通信システムに対応した路側装置は、2018年9月現在、宮城県、茨城県、埼玉県、東京都、神奈川県、愛知県、大阪府、福岡県に設置されています。
通信利用型レーダークルーズコントロールは、先行車や周囲の車両の走行状態によっては、スムーズな追従走行が行われない場合や、自車の速度や先行車との車間距離に影響がおよぶ場合があります。
上記の機能は一例です。

JNCAP*11予防安全性能評価*12
おいて、2016年度最高ランクの
「ASV++」を獲得*13

Lexus Safety System +を安全にお使いいただく上での留意事項説明

Lexus Safety System +は予防安全パッケージです。
ご契約に際し、Lexus Safety System +およびその各システムを安全にお使いいただくための留意事項についてご説明いたします。

ご使用になる際のお客さまへのお願い
運転者には安全運転の義務があります。運転者は各システムを過信せず、つねに自らの責任で周囲の状況を把握し、ご自身の操作で安全を確保してください。
各システムに頼ったり、安全を委ねる運転をすると思わぬ事故につながり、重大な傷害におよぶか最悪の場合は死亡につながるおそれがあります。
ご使用の前には、あらかじめ取扱説明書で各システムの特徴・操作方法を必ずご確認ください。

RX は「セーフティ・サポートカー、セーフティ・サポートカーS<ワイド>」です。

セーフティ・サポートカー (サポカー)、セーフティ・サポートカーS<ワイド>(サポカーS<ワイド>) は、政府が交通事故防止対策の一環として普及啓発しているものです。セーフティ・サポートカー (サポカー) は、自動 (被害軽減) ブレーキ[対歩行者・対車両]の安全運転を支援する装置を搭載し、ドライバーの安全をサポートします。セーフティ・サポートカーS<ワイド>(サポカーS<ワイド>) は、自動 (被害軽減) ブレーキ[対歩行者・対車両]、ペダル踏み間違い時加速抑制装置、車線逸脱警報、先進ライトなどの安全運転を支援する装置を搭載し、高齢者を含むすべてのドライバーの安全をサポートします。

セーフティ・サポートカー (サポカー): Lexus Safety System +
セーフティ・サポートカーS<ワイド>(サポカーS<ワイド>): Lexus Safety System +/インテリジェントクリアランスソナー
RX450h “F SPORT”、RX300 “F SPORT”およびRX450h、RX300はメーカーオプションのインテリジェントクリアランスソナー装着時。
*1.
通常のLexus Safety System +の標準装備はレーンディパーチャーアラート[LDA]となりますが、RXは全車レーンキーピングアシスト[LKA]となります。
*2.
車間距離制御には状況により限界があります。装置を過信せず、安全運転をお願いします。
*3.
LKA: Lane Keeping Assist
*4.
AHB: Automatic High Beam
*5.
ロー・ハイビームの切り替え自動制御には状況により限界があります。運転時はつねに周囲の状況に注意し、必要に応じて手動で切り替えるなど、安全運転を心がけてください。
*6.
AHS: Adaptive Hi-beam System
*7.
道路状況、車両状態および天候状態等によっては、ご使用になれない場合があります。詳しくはレクサス販売店におたずねください。
*8.
三眼フルLEDヘッドランプ&LEDシーケンシャルターンシグナルランプ装着車のみ選択できます。
*9.
DSSS: Driving Safety Support Systems
*10.
CVSS: Connected Vehicles Support Systems
*11.
自動車アセスメント (JNCAP: Japan New Car Assessment Program): 国土交通省と独立行政法人 自動車事故対策機構が、安全な自動車の普及を促進する目的で、1995年度より公表している自動車安全情報。
*12.
予防安全性能評価: JNCAPに2014年度より導入され、車両の予防安全性能を、2014年度・2015年度は「ASV」、「ASV+」、2016年度からは「ASV+」、「ASV++」の2段階で評価。
  • 1.衝突被害軽減制動制御装置[対車両]<プリクラッシュセーフティ>
  • 2.車線逸脱警報装置<レーンディパーチャーアラート>
  • 3.後方視界情報提供装置<バックモニター等> (2015年度から追加)
  • 4.衝突被害軽減制動制御装置[対歩行者、昼間]<プリクラッシュセーフティ> (2016年度から追加)
*13.
Lexus Safety System +搭載およびバックカメラ装着車。
安全装置の各機能の作動には、速度や対象物等の条件があります。また、各機能はドライバーの運転支援を目的としているため、機能には限界があり、道路状況、車両状態、天候等により作動しない場合があります。詳しくは、取扱説明書、またはlexus.jpをご覧いただくか、レクサス販売店におたずねください。
安全装置はドライバーの安全運転を支援するためのものです。機能を過信せず、安全運転を心がけてください。