STORY OF THE RC FPERFORMANCE

限界域での性能を追求

“F”を冠するレクサスのプレミアムスポーツRC F。絶え間なく走る歓びを追い求める“F”のエンジニアは、限界域での走行性能に挑み開発。サーキットを舞台に、すっきりとした懐の深い走りを進化させました。その独自のテイストは、ワインディングロードや市街地でのリニアなドライビングフィールへとつながり、あらゆる道で走りを楽しめるスポーツカーが誕生しました。





モータースポーツで得たテクノロジー

サーキットでは、特に限界域での車両コントロール性に取り組み、「意のままに走る歓び」を得るため、空力性能や軽量化を徹底しました。
エクステリアデザインは「機能をどうカタチにするか」がより重要となります。日本のSUPER GTや米国のデイトナ24時間レースなどモータースポーツで蓄積したノウハウを最大限デザインに落とし込みました。空力性能に特化した、言うなれば「レース育ちのスタイリング」です。
軽量化は、新たに設計するすべての部品を対象とし、レーシングカーさながらグラム単位で軽さを追求しました。結果、RC Fで約ー20kg*1、“Performance package”では約ー70kg *1の軽量化を実現。アクセルワークで荷重をコントロールするスポーツ走行を自在に楽しめます。
操縦性にも大きく手を加えています。限界域でのグリップ性能にすぐれるタイヤを新たに開発し、さらにサスペンションの横剛性を高めたことで、ダイレクトなステアリングレスポンスを獲得。ドライバーとクルマとの一体感を高め、懐の深いハンドリングを実現しました。


よりダイレクトに、よりリニアに

ワインディングロードや市街地で、軽快なドライビングを提供するためにアクセルレスポンスや加速性能を強化しました。
レクサスで初*2となるエアクリーナーパイプ内への整流フィン設置や、セカンダリ吸気ダクトの始動回転数を下げたことで、鋭いアクセルレスポンスを実現。さらにスロットル特性を最適化し、アクセルペダルの踏み込みに応じた反応をリニアにしました。加えて減速比のローギヤ化により、あらゆる速度域でレスポンスにすぐれた加速を手に入れました。
アクセルの感覚そのままに加速し、ステアリングに軽く力を加えるだけで狙ったラインをトレース。あらゆるシーンで、クルマとの一体感を味わいながら、意のままに操る歓びに満たされる。そんな“F”らしさを具現化したRC F。このクルマは、スポーツカーがもたらす歓びを刷新します。

*1.
旧型RC Fとの比較。
*2.
2019年5月現在。