標準装備・メーカーオプション

主な標準装備

三眼フルLEDヘッドランプ (ロー・ハイビーム)
三眼フルLEDヘッドランプ (ロー・ハイビーム)
235/45R18タイヤ&アルミホイール
235/45R18タイヤ&アルミホイール
スピンドルグリル (メッシュタイプ)
スピンドルグリル (メッシュタイプ)
ウインドゥモール
ウインドゥモール 
メーター (オプティトロン)
メーター (オプティトロン)
ステアリングシフトノブ (本革)
ステアリング&シフトノブ (本革)
スカッフプレート
スカッフプレート
ヒルスタートアシストコントロール
ヒルスタートアシストコントロール
坂道発進時にブレーキからアクセルに踏みかえる際の車両の後退を緩和します。坂道で停車すると車両に搭載されたセンサーが坂道であることを検知。ドライバーがブレーキを踏むと作動し、約2秒間ブレーキ油圧を保持して車両のずり落ちを緩和します。
VDIM
VDIM
エンジン、ブレーキ、ステアリングなどの機能をひとつのシステムとして統合制御し、理想的な運動性能がもたらす走りの楽しさと、危険な状況に至らせない高い予防安全性を両立します。例えば、濡れた路面のコーナーや雪道で車両が横滑りしそうな状況において、車両が不安定な動きをする前から制御を開始。ドライバーが制御されていることを感じることなく、イメージした走行ラインをスムーズに安定して走れるよう支援します。
タイヤ空気圧警告表示 (マルチインフォメーションディスプレイ表示付)
タイヤ空気圧警告表示
(マルチインフォメーションディスプレイ表示付)
空気圧が低下したタイヤがあると、メーター内のインジケーターランプ点灯とともに、マルチインフォメーションディスプレイに空気圧の数値を反転表示します。イグニッションONで空気圧を検出するため、走行前に確認が可能です。
電波環境によっては空気圧の検出ができない場合があります。
SRSエアバッグシステム
SRSエアバッグシステム
SRSエアバッグシステムは衝突時の条件によっては作動しない場合があります。SRSエアバッグはあくまでシートベルトを補助する装置ですので必ずシートベルトをご着用ください。
自動防眩インナーミラー (フレームレス)
自動防眩インナーミラー (フレームレス)
電子キー&カードキー
電子キー&カードキー
写真はRC300h。
リモートタッチ (タッチパッド式)
リモートタッチ (タッチパッド式)
ピンチイン・ピンチアウトによる地図の縮小・拡大など、10.3インチワイドディスプレイのリモート操作を指先で行えます。タッチパッドの前後には「」 (戻る) ボタンと、マルチメディアや空調など各メニュー内で機能を切り替えられる「サブファンクションスイッチ」を設定しています。
静電式温度調整スイッチ
静電式温度調整スイッチ
金属のスイッチ部を指先でスライドさせるだけの直感的な操作でオートエアコンの設定温度を変えることができます。上下の矢印をタッチすることでも温度調整が行えます。
ラゲージルーム
ラゲージルーム
全車で9.5型のゴルフバッグを2個収納することができます。また、後席6:4分割可倒式シート (セキュリティロック付) により、ラゲージルームの使い勝手を向上しています。
ゴルフバッグの形状によっては収納できない場合があります。詳しくはレクサス販売店でご確認ください。
写真はRC350 “version L”。
タッチスイッチ式オーバーヘッドランプ
タッチスイッチ式オーバーヘッドランプ
ランプに直接指先で触れるだけの直感的な操作で、点灯・消灯が行えます。
ニーパッド (フロントコンソールサイド・ドアトリム)
ニーパッド (フロントコンソールサイド・ドアトリム)
フロントカップホルダー
フロントカップホルダー
ワンタッチウォークインシート / パワーイージーアクセスシステム
ワンタッチウォークインシート /
パワーイージーアクセスシステム (運転席オートスライドアウェイ&リターンメモリー機能)
後席へのスムーズなアクセスを可能にするウォークイン機構をフロントシートに採用しています。シートバックを前倒しすると、シートのスライド・リフトの各機能を制御し、自動で乗り込みやすい位置まで移動。シートバックを起こすと自動復帰します。パワーイージーアクセスシステムは、シートベルトの脱着などで運転席シートが自動的に前後にスライドし、運転席へのスムーズな乗降をサポートします。
後席6:4分割可倒式シート (セキュリティロック付) / 後席センタートレイ
後席6:4分割可倒式シート (セキュリティロック付) / 後席センタートレイ
長いサイズの荷物などを収納する際に、後席のシートバックを倒すことでラゲージルームの空間をフレキシブルにアレンジすることができる6:4分割可倒式シートを採用しています。
「ナノイー」
「ナノイー」
肌や髪にやさしい、水に包まれた弱酸性の「ナノイー」を、センターパネルの運転席側エアコン吹出口から放出し、室内を爽やかな空気環境に導きます。
「nanoe (ナノイー)」=nano-technology+electric
最先端のテクノロジーから生まれた“水につつまれている電気を帯びたイオン”。
オーディオ (microSD / サウンドライブラリ) &ビジュアル機能
オーディオ (microSD / サウンドライブラリ) &ビジュアル機能
microSDカードスロットを標準装備し、microSD及びmicroSDHCがご使用になれます。パソコン・オーディオ機器でmicroSDカードに保存した音楽ファイルを再生できます。また、microSDカードスロットに挿入されたmicroSDカードにCDから音楽を録音して再生できるサウンドライブラリ機能も搭載しています。
◎地上デジタルTVチューナーを標準装備
◎USB (2個) / AUX (音声) 入力端子に接続して、携帯音楽プレーヤーやUSBメモリー (MP3 / WMA / AAC / WAV / FLAC / ALAC / OGG Vorbis) を再生
◎Bluetooth®AVプロファイル対応の携帯音楽プレーヤーをワイヤレス再生
◎micro SDカードスロット部に音楽ファイル用のmicro SDカードを挿入して、MP3 / WMA / AAC / WAV / FLAC / ALAC / OGG Vorbisを再生
◎CD、CD-R/ RW (MP3 / WMA / AAC)、DVD、Blu-rayディスクを再生
◎Bluetooth®対応の携帯電話によるハンズフリー通話
サウンドライブラリは、車内で録音した音楽ファイルを車内でのみお楽しみいただく機能です。他のクルマで録音した音楽ファイルは再生できません。
ETC2.0サービス / DSSS運転支援機能
ハイブリッドナビ
G-LinkセンターにてVICSによる最新の道路交通情報に加え、ユーザーの走行情報から生成した独自のプローブコミュニケーション交通情報をもとに、道路状況を予測し、より短時間で到着する最適なルートを車載機に配信します。ルート案内中は、ナビゲーション画面にはつねにG-Linkセンターの最新地図を表示します。また、地下駐車場など通信環境の悪いエリアでは、車載機でルート探索を行うハイブリッドナビゲーションシステムです。
拡張ルート
5ルート (推奨、有料道路優先、一般道路優先、距離優先、別ルート) のルート探索パターンに加え、さまざまなシーンに応じたルートを提供します。ルートパターンは、随時、追加配信を予定しています。
その他のナビゲーション機能
エージェント (音声対話サービス)
ステアリングのトークスイッチを押して発話することにより、音声対話で簡単に目的地設定やエアコン、オーディオ、電話操作を行えます。走行中でも簡単かつ素早く目的地設定ができます。
目的地のWeb検索機能
G-Linkのネットワークを用いて、センターの豊富なデータベースから目的地の検索を行えます。入力された文字から候補の目的地が提示されるので、より少ない入力操作で目的地設定ができます。また、複数ワード検索「 (例) 表参道カフェ」への対応やあいまいな入力に対しての推定候補の表示など、自由度の高い検索ができます。
ハイブリッドナビは、G-Linkご契約の上で、マップオンデマンドご利用期間中の場合に限り、ご利用いただけます。
G-Linkセンターの最新地図はナビゲーションシステムに保存されません。
10.3インチワイドディスプレイ / マルチインフォメーションディスプレイ
10.3インチワイドディスプレイ /
マルチインフォメーションディスプレイ
10.3インチのワイドナビディスプレイとマルチインフォメーションディスプレイが連携。オーディオ情報、ハンズフリー電話の着信通知、簡易ナビ表示などがドライバー正面のメーター内マルチインフォメーションディスプレイに表示され、ステアリングスイッチで画面切り替え操作などが可能です。
ETC2.0サービス
ETC2.0サービス
路上に設置されたインフラ設備との双方向通信を行うETC2.0ユニット (VICS機能付) を搭載したナビゲーションシステムにより、安全運転をサポートする情報を画面表示や音声で提供します。
道路状況、車両状態および天候状態等によっては作動しない場合があります。安全確認は運転する方が十分に行ってください。
2009年度から高速道路を中心に路側機等を全国整備し、安全運転支援や広域な道路交通情報提供等のサービスが展開されています。ご利用可能なサービス提供場所 (ITSスポット) については、(一財) 道路交通情報通信システムセンター (VICSセンター) におたずねください。また、ETC2.0ユニット (VICS機能付) は今後新たに追加されるサービスやシステム変更には対応できない場合があります。あらかじめご了承ください。詳しくはレクサス販売店におたずねください。
ETCにおいてお客さまの決済情報を将来にわたり安全に保護するため、セキュリティ規格の変更が予定されています。掲載のETC2.0ユニットは新しいセキュリティ規格に対応しています。

メーカーオプション

フロント235/40R19+リヤ265/35R19タイヤ&アルミホイール
フロント235/40R19+リヤ265/35R19タイヤ&アルミホイール
タイヤチェーンを装着することはできません。あらかじめご了承ください。詳しくはレクサス販売店におたずねください。
ムーンルーフ (チルト&アウタースライド式)
ムーンルーフ (チルト&アウタースライド式)
ヘッドランプクリーナー
ヘッドランプクリーナー
寒冷地仕様 (LEDリヤフォグランプ、ウインドシールドデアイサー等) と同時装着となります。
寒冷地仕様では寒冷地での使用を考慮した装備の充実を図っています。また、北海道地区は寒冷地仕様が標準装備となります。
クリアランスソナー&バックソナー
クリアランスソナー&バックソナー
超音波センサーを利用して、車両前方や車両後方の障害物を検知。障害物との距離と接近部位の位置をマルチインフォメーションディスプレイに表示し、同時に音声とブザーでドライバーに注意を促します。
ソナーの感知範囲、作動速度には限界があります。必ず車両周辺の安全を確認しながら運転してください。
字光式ナンバープレートは装着できません。
ブラインドスポットモニター[BSM]
ブラインドスポットモニター[BSM]
走行中、ドアミラーでは確認しにくい後側方エリアに存在する車両に加えて、隣接する車線の最大約60m後方までモニターし、急接近してくる車両も検知します。車両を検知するとドアミラー内のインジケーターが点灯、車両を検知した状態でウインカーを操作するとインジケーターが点滅し、より注意を喚起します。
ブラインドスポットモニター[BSM]とリヤクロストラフィックアラート[RCTA]は同時装着となります。
リヤクロストラフィックアラート[RCTA]
リヤクロストラフィックアラート[RCTA]
駐車場から後退する際に、左右後方から接近してくる車両をブラインドスポットモニター[BSM]のレーダーにより検知。ドアミラー内のインジケーター点滅、およびブザーでドライバーに注意を喚起します。
道路状況、車両状態および天候状態等によっては、ご使用になれない場合があります。詳しくはレクサス販売店におたずねください。
ブラインドスポットモニター[BSM]およびリヤクロストラフィックアラート[RCTA]はあくまで運転補助機能です。本機能を過信せず、運転に際してはドライバーご自身で周囲の安全状況を直接確認してください。
詳しくはレクサス販売店におたずねください。
ブラインドスポットモニター[BSM]とリヤクロストラフィックアラート[RCTA]は同時装着となります。
装備類の詳しい設定につきましては、主要装備一覧表でご確認ください。
写真は特定のパッケージのものを全モデルに共用している場合があります。
画面は合成です。
室内写真には機能説明のためにボディの一部を切断したカットモデルが含まれています。
室内写真の計器盤は機能説明のために各ランプを点灯させたものです。実際の走行状態を示すものではありません。
ナビゲーション画面および一部のディスプレイは合成です。
装備および機能紹介の写真の一部はイメージです。
植込み型心臓ペースメーカー等の機器をご使用の方は、タイヤ空気圧警告表示とスマートエントリー&スタートシステムの電波により医用電気機器に影響を及ぼすおそれがあります。タイヤ空気圧警告表示については、車両左側、前後のホイールハウス内に搭載された発信アンテナから約45cm以内に植込み型心臓ペースメーカーを近づけないようにしてください。スマートエントリー&スタートシステムについては、車両に搭載された発信機から約22cm以内に植込み型心臓ペースメーカーを近づけないようにしてください。電波発信を停止することもできます。詳しくはレクサス販売店にご相談ください。
ABS: Anti-lock Brake System
BSM: Blind Spot Monitor
ECB: Electronically Controlled Brake system
EPS: Electric Power Steering
LDH: Lexus Dynamic Handling system
RCTA: Rear Cross Traffic Alert
SRS: Supplemental Restraint System (乗員保護補助装置)
TRC: Traction Control
VDIM: Vehicle Dynamics Integrated Management
VSC: Vehicle Stability Control
G-Linkは東京ガス株式会社の登録商標で、使用許諾を受けて使用しています。
「nanoe」「ナノイー」および「nanoe」マークはパナソニック株式会社の商標です。
“Blu-ray Disc™ (ブルーレイディスク) ”はブルーレイディスクアソシエーションの商標です。
“LEXUS” “Lfinesse” “D-4S” “VVT-i” “SPDS” “VGRS” “VDIM” “VSC” “TRC” “ECB” “OPTITRON” “TSOP”はトヨタ自動車 (株) の商標です。