STORY OF THE RC EXTERIOR DESIGN

クーペの魅力を描き出した、
スポーティ&エレガントなRC

美しく走る、ピュアなクーペ。それは、レクサスが考えるクーペの本質を表すと同時にRCの原点です。クーペ専用モデルとして開発したRCのパッケージデザインは、美しく走ることを徹底的に追求しています。
FR駆動に、クルマとの一体感を生む低いドライビングポジション。その基本レイアウトから描き出したのは、エンジンフードからフロントピラー、リヤへと連続する一体感を追求したダイナミックかつ流麗なプロポーション。そして、ワイド&ローに構えたフロントとリヤビュー、豊かに張り出したホイールフレアによって強調された躍動感です。 FRクーペ本来の美しさをレクサス独自の感性で大胆かつエレガントに表現しました。

唯一無二を生み出す
デザインアイコン

エクステリアデザインは、ディテールにまでレクサスクーペであることを印象づけながらも、RCの独創性を際立たせています。
レクサスクーペが持つエレガンスを継承する象徴的なアイコンが、スピンドルグリルのメッシュデザインです。ドットとメッシュの組み合わせを下部から上部へ形状と大きさを変化させたグラデーションで構成。華やかな印象を表現するだけでなく、空力性能の向上とラジエーターの冷却という機能も兼ね備えています。また、ヘッドランプから下へ延びるティアドロップ型のバンパーコーナー造形や、車両のより後方に配置してFRのプロポーションを強調するコンパクトなドアミラーもレクサスクーペの代表的なアイコンです。
RC独自の魅力を主張する洗練したアイコンは、縦一列に重なり合うように配置した超小型三眼ヘッドランプです。一灯あたり直径わずか30mmのランプをフェンダーのラインに沿って並べ、エレガントな世界観を強めています。また、面発光するクリアランスランプと、リヤコンビネーションランプはいずれもLEXUSのL字シグネチャーを強調したデザインで、昼夜問わず存在感を示します。いかなるシーンにおいてもレクサスクーペであり、RCであること。レクサスがめざしているのは、どのクーペにも似ていない「唯一無二」のデザインです。

“LEXUS” “Lfinesse” “D-4S” “VVT-i” “SPDS” “VGRS” “VDIM” “VSC” “TRC” “ECB” “OPTITRON” “TSOP”はトヨタ自動車 (株) の商標です。