LEXUS SAFETY LEXUS SAFETY SYSTEM+

ミリ波レーダーと単眼カメラで
衝突回避などを支援する予防安全システム

Lexus Safety System+

歩行者保護にも対応した機能を
含む、
4つの予防安全システムを
パッケージ化。

事故低減効果の高い4つの予防安全機能 (歩行者検知機能付衝突回避支援、車線逸脱防止支援、夜間視界支援、車間距離維持走行支援) を 組み合わせることで、多面的な安全運転支援を可能にし、重大な事故の低減を支援します。

全車に標準装備

プリクラッシュセーフティ (歩行者検知機能付
衝突回避支援タイプ)

進路上の車両や歩行者をミリ波レーダーと単眼カメラで検出し、衝突する可能性が高いと判断した場合に警報ブザーやブレーキの制御により衝突回避、あるいは衝突被害の軽減を支援します。万が一、車両や歩行者と衝突しそうな場面に遭遇した場合には、警報の後、ドライバーがブレーキを踏むと、プリクラッシュブレーキアシストがブレーキ力を強力にアシストし、ドライバーの回避行動をサポートします。また、仮にドライバーがブレーキを踏めなかった場合でも、プリクラッシュブレーキが作動します。例えば停止車両に対し自車の速度が約40km/hの場合は、約40km/h減速し、衝突回避または被害軽減を支援。また、例えば歩行者との速度差が約30km/hの場合には、約30km/h減速し、衝突回避または被害軽減を支援します。

プリクラッシュブレーキは、対車両の場合は自車速度約10km/h以上、対歩行者の場合は自車速度約10km/h~80km/hで作動します。また、道路状況、車両状態、天候状態およびドライバーの操作状態等によっては、作動しない場合があります。詳しくはレクサス販売店におたずねください。プリクラッシュセーフティはあくまで運転を支援する機能です。本機能を過信せず、必ずドライバーが責任を持って運転してください。数値は社内測定値。

車線逸脱の可能性をドライバーに
知らせる
レーンディパーチャー
アラート[LDA*1
(ステアリング振動機能付)

道路上の白線 (黄線) をカメラで認識。ドライバーがウインカー操作を行わずに車線を逸脱の可能性がある場合、警報ブザーもしくはステアリング振動*2、さらにディスプレイ表示により注意喚起します。また、車両のふらつきを検知して、警報ブザーとメーター表示により休憩を促します。

本システムは幅約3m以上の車線を自車速度約50km/h以上で走行時に作動します。また、道路状況、車両状態および天候状態等によっては、ご使用になれない場合があります。詳しくはレクサス販売店におたずねください。レーンディパーチャーアラートはあくまで運転補助機能です。本機能を過信せず、必ずドライバーが責任を持って運転してください。

先行車や対向車に直接ハイビームを
当てない
アダプティブハイビーム
システム[AHS*3*4

歩行者との事故の多くが夜間に発生する現実に対し、ハイビームによって視界を確保することにより、夜間の視認性向上に寄与します。ウインドシールドガラスに搭載した光検出用カメラで先行車のテールランプや対向車のヘッドランプ、周囲の明るさを判別。ハイビームの照射範囲内に車両を検知すると、LEDの点灯・消灯を制御することで、ヘッドランプの照射範囲を細やかに調整し、先行車や対向車に直接ハイビームを当てないように部分的に遮光します。先行車や対向車を眩惑することなく、ドライバーの視界確保を支援します。

車間距離を保ちながら追従走行するレーダークルーズコントロール (全車速追従機能付)*5

ミリ波レーダーと単眼カメラで先行車を認識し、車速に応じた車間距離を保ちながら追従走行を支援します。先行車が停止した時は自車も停止して停止状態を保持、先行車が発進した時はドライバー操作により発進し、追従走行を再開します。高速道路の渋滞走行時など、停止・発進を繰り返すシーンで、ドライバーの運転負荷を大幅に軽減します。

道路状況、車両状態および天候状態等によっては、ご使用になれない場合があります。詳しくはレクサス販売店におたずねください。











Lexus Safety System +を安全に
お使いいただく上での留意事項説明

Lexus Safety System+は予防安全パッケージです。
ご契約に際し、Lexus Safety System+およびその各システムを安全にお使いいただくための留意事項についてご説明いたします。

ご使用になる際のお客さまへのお願い
運転者には安全運転の義務があります。運転者は各システムを過信せず、つねに自らの責任で周囲の状況を把握し、ご自身の操作で安全を確保してください。
各システムに頼ったり、安全を委ねる運転をすると思わぬ事故につながり、重大な傷害におよぶか最悪の場合は死亡につながるおそれがあります。
ご使用の前には、あらかじめ取扱説明書で各システムの特徴・操作方法を必ずご確認ください。
JNCAP*6予防安全性能評価に
おいて、
2015年度最高ランクの「ASV+」*7を獲得*8

LX は「セーフティ・サポートカー」です。

セーフティ・サポートカー (サポカー) は、政府が交通事故防止対策の一環として普及啓発しているものです。自動ブレーキ (対歩行者・対車両) の安全運転を支援する装置を搭載し、ドライバーの安全をサポートします。

■ Lexus Safety System +

安全装置の各機能の作動には、速度や対象物等の条件があります。また、道路状況、車両状態、天候等により作動しない場合があります。詳しくは、取扱説明書、またはlexus. jpをご覧いただくか、レクサス販売店におたずねください。
安全装置はドライバーの安全運転を支援するためのものです。機能を過信せず、安全運転を心がけてください。
*1.
LDA: Lane Departure Alert (車線逸脱警報)
*2.
マルチインフォメーションディスプレイのカスタマイズ機能を使用して、警報ブザーとステアリング振動の警報手段を切り替えることができます。
*3.
AHS: Adaptive Hi-beam System 
*4.
道路状況、車両状態および天候状態等によっては、ご使用になれない場合があります。詳しくはレクサス販売店におたずねください。
*5.
車間距離制御には状況により限界があります。装置を過信せず、安全運転をお願いします。
*6.
自動車アセスメント (JNCAP: Japan New Car Assessment Program) : 国土交通省と独立行政法人 自動車事故対策機構が、安全な自動車の普及を促進する目的で、1995年度より公表している自動車安全情報。
*7.
予防安全性能評価: JNCAPに2014年度より新たに導入され、2014年度、2015年度は「ASV」、「ASV+」の2段階、2016年度から「ASV+」、「ASV++」の2段階で評価。
①衝突被害軽減制動制御装置[対車両]<プリクラッシュセーフティ>
②車線逸脱警報装置<レーンディパーチャーアラート>
③後方視界情報提供装置<バックモニター等> (2015年度から追加)
④衝突被害軽減制動制御装置[対歩行者、昼間]<プリクラッシュセーフティ> (2016年度から追加)
*8.
Lexus Safety System +、マルチテレインモニター/パノラミックビューモニター装着車
写真はイメージです。
Lexus Safety System+