標準装備・メーカーオプション

“F SPORT”専用アイテム

“F SPORT”専用スピンドルグリル & “F SPORT”専用サイドグリル (メッシュタイプ)
“F SPORT”専用スピンドルグリル &
“F SPORT”専用サイドグリル (メッシュタイプ)
“F SPORT”専用のグリルメッシュを一新。縦基調パターンを継承しながら、小さなL字型ピースの集合体で構成される一層緻密なデザインへと進化しました。グリルとしての性能を確保しながらCADモデリングのTAKUMIが半年以上の時間をかけて作りこみ、ドライバーズセダンならではの凄みのある迫力と品格を感じさせます。
“F SPORT”専用アルミホイール (ダークプレミアムメタリック塗装)
“F SPORT”専用アルミホイール
(ダークプレミアムメタリック塗装)
すぐれた操縦安定性の確保とリヤタイヤのグリップ力を高めるため、フロント245/45RF20、リヤ275/40RF20の前後で異なるサイズのタイヤを採用しました。
“F SPORT”専用ホイールのデザインは鈍く光るダークプレミアムメタリック塗装を施し、エモーショナルな走りの高揚感を駆り立てます。
“F SPORT”専用エンブレム (フロントフェンダー)
“F SPORT”専用エンブレム (フロントフェンダー)
“F SPORT”専用本革 / ウルトラスエード®スポーツシート (運転席・助手席シートヒーター&ベンチレーション機能・後左右席シートヒーター付)
“F SPORT”専用本革 / ウルトラスエード®*1スポーツシート (運転席・助手席シートヒーター & ベンチレーション機能・後左右席シートヒーター付)
モータースポーツに参戦*2し、極限状態に耐えうるクルマづくりに挑戦しているレクサス。培った知見をシートにも反映し、前席のショルダー部の張り出しを強めた形状や摩擦抵抗の高いウルトラスエード®を要所にあしらい高いホールド性を追求。パーフォレーションには専用スピンドルグリルと同じL字型パターンを採用しています。
“F SPORT”専用TFT液晶式メーター
“F SPORT”専用TFT液晶式メーター
LFAの可動式メーターリングを継承する8インチカラーTFT液晶式メーター。視認性の高さと美しさを兼ね備えたモーショングラフィックスによる先進のインターフェースは、情報の優先度に沿って、重要な情報を瞬時に認識できる多彩な機能を搭載しています。スポーツ走行中のドライバーをインテリジェントにサポートします。
写真の計器盤は機能説明のために各ランプを点灯させたものです。実際の走行状態を示すものではありません。
“F SPORT”専用ディンプル本革ステアリング (パドルシフト付)
“F SPORT”専用ディンプル本革ステアリング
(パドルシフト付)
“F SPORT”専用ディンプル本革シフトノブ
“F SPORT”専用ディンプル本革シフトノブ
“F SPORT”専用アナログクロック (GPS時刻補正機能付)
“F SPORT”専用アナログクロック (GPS時刻補正機能付)
“F SPORT”専用アルミ製スポーツペダル&フットレスト
“F SPORT”専用アルミ製スポーツペダル&フットレスト
本アルミオーナメントパネル (名栗調仕上げ/シルバー)
本アルミオーナメントパネル (名栗調仕上げ/シルバー)
VDIM  (アクティブステアリング統合制御付) + LDH  (アクティブスタビライザー付)
VDIM*3 (アクティブステアリング統合制御付) + LDH*4 (アクティブスタビライザー付)
アクティブスタビライザーで上下運動の制御を可能とすることで、車両の6つの動き (前後、上下、左右、ヨー、ロール、ピッチ) を最適に制御するVDIM。常用域では、LDHとアクティブスタビライザーを統合制御してヨー運動とロール運動を制御。幅広い車速域において、意のままの車両応答と自然なロール姿勢を実現します。さらに、上下方向の動きをAVS、ロール方向の動きをアクティブスタビライザーで制御しフラットな車両姿勢を維持します。限界域では、滑りやすい路面においても、アクティブスタビライザーなどが協調制御を行い「走る・曲がる・止まる」に対して安全かつ快適なドライビングをサポートします。また、ドライブモードセレクトでSport S+モードを選択した場合、LDHとアクティブスタビライザーの特性を変化させることでステアリング操舵に対する前後輪の切れ角とロール運動を制御し、ドライバーにとって気持ち良い車両応答性と安心感のある車両姿勢、さらに快適な乗り心地を実現します。Comfortモード選択時は、旋回時における後席乗員の頭や身体の動きを少なくするために、後席で感じる左右、ロール、ピッチ運動をLDH、アクティブスタビライザー、AVSで制御し、後席でのより快適な乗り心地を実現します。VDIMは、快感の走りへと進化しました。
LS500 “F SPORT” 2WDのみの設定となります。
“F SPORT”専用ブレーキ
“F SPORT”専用ブレーキ
“F SPORT”専用モール (漆黒メッキ /フロントロアバンパー・ロッカー・リヤアッパー) &“F SPORT”専用リヤバンパーロアガーニッシュ (ブラック塗装)
“F SPORT”専用モール (漆黒メッキ /フロントロアバンパー・ロッカー・リヤアッパー) &“F SPORT”専用リヤバンパーロアガーニッシュ (ブラック塗装)

標準装備

ライセンスメッキモール、リヤロアバンパーモール
ライセンスメッキモール、リヤロアバンパーモール
ハンズフリーパワートランクリッド (挟み込み防止機能付)
ハンズフリーパワートランクリッド
(挟み込み防止機能付)
両手が荷物でふさがっている時でも、キーを携帯している状態であれば、リヤバンパーの下に足を出し入れすることでトランクリッドの自動開閉が行えます。
ラゲージルーム
ラゲージルーム
LS500は容量480L*5 (LS500hでは430L*5) を確保。全車、9.5インチのゴルフバッグを4個*6収納できます。
写真はLS500h。
フロントセンターコンソールボックス / 後席大型センターコンソールボックス
フロントセンターコンソールボックス /
後席大型センターコンソールボックス
フロントセンターコンソールボックスは、スマートフォンなどを置くのに適した中段トレイ付き。左右両開きのリッドにより、運転席側からも助手席側からもアクセスが容易です。後席大型センターコンソールボックスは、10インチのタブレット端末、ティッシュボックス、メガネケースを同時に収納可能*7な大容量としました。
写真はLS500h “version L”。
電動サンシェード (リヤウインドゥ)
電動サンシェード (リヤウインドゥ)
リヤウインドゥのサンシェードは、シェードの両端をリヤピラーの内側に入れる機構を採用し、リヤウインドゥ全面をシェードで覆います。
LEDコーナリングランプ / マルチウェザーライト
LEDコーナリングランプ*8 / マルチウェザーライト*9
LEDコーナリングランプは、右左折時に、車両進行方向や側方を照射することで、夜間や雨天でのコーナリング時の安全運転に寄与します。マルチウェザーライトは、夜間に霧の中を走行する時など、前方照射によるドライバーへの眩惑を低減し、車両手前の照射量を確保することで視界を確保します。
雨滴感知式オートワイパー (ダイレクトスプレー機能付)
雨滴感知式オートワイパー (ダイレクトスプレー機能付)
ウォッシャーノズルをブレードに内蔵したことで、ウォッシャー液の噴射エリアをブレード周辺に絞ることを可能とし、より良好な視界確保を実現します。停止時は、フロントフード内に格納することで、すっきりとした外観と風切り音の低減を実現します。
ランフラットタイヤ
ランフラットタイヤ
万一、タイヤがパンクし、空気圧がゼロの場合でも、時速80km/h以下で最長160kmまでの走行が可能です。*10
タイヤ空気圧警告表示 (マルチインフォメーションディスプレイ表示付)
タイヤ空気圧警告表示
(マルチインフォメーションディスプレイ表示付)
空気圧が低下したタイヤがあると、メーター内のインジケーターランプ点灯とともに、マルチインフォメーションディスプレイに空気圧の数値を反転表示します。イグニッションONの後、数分で空気圧を検出します。
TFTカラーマルチインフォメーションディスプレイ
TFTカラーマルチインフォメーションディスプレイ
ステアリングスイッチを操作することで、表示コンテンツを切り替えることができます。走行に関するさまざまな情報の表示、ナビ連携情報の表示、オーディオモードの選択や選曲、レーダークルーズコントロールの表示などが行えます。
ETC2.0サービス
ETC2.0サービス*11
路上に設置されたインフラ設備との双方向通信を行うETC2.0ユニット*12 (VICS機能付) を搭載したナビゲーションシステムにより、安全運転をサポートする情報を画面表示や音声で提供します。
高速道路で提供するETC2.0サービス
見通しのきかないカーブの先の渋滞や停止車両といった情報をカーブの手前でお知らせしたり、高速道路で合流してくる車両の存在を合流部の手前でお知らせします。また、進行方向先の交通状況やサービスエリア、パーキングエリアの混雑情報などもお知らせします。
*1.
ウルトラスエード®は東レ株式会社の登録商標です。
*2.
2018年8月現在。
*3.
VDIM: Vehicle Dynamics Integrated Management
*4.
LDH: Lexus Dynamic Handling system
*5.
容量はVDA方式。また、リヤエアコン付きの車両は容量が異なり、LS500h “EXECUTIVE”は400L、LS500 “EXECUTIVE”は440Lとなります。
*6.
9.5インチ口径のゴルフバッグに47インチドライバーを入れて搭載。クラブの長さやゴルフバッグの形状・大きさにより収納できない場合があります。
*7.
タブレット端末、ティッシュボックス、メガネケースの形状・大きさにより収納できない場合があります。
*8.
自車速度が約35km/h以上の場合は、作動しません。
*9.
マルチウェザーライトは約45km/h以下で作動します。また、マルチウェザーライト作動時、上下2段式アダプティブハイビームシステム[AHS]は自動で停止します。
*10.
気候や走行状況などによっては、80km/hまで速度を出せない場合があります。走行可能距離は条件によって異なります。なお、パンク走行後の再使用はできません。
*11.
道路状況、車両状態および天候状態等によっては作動しない場合があります。安全確認は運転する方が十分に行ってください。2009年度から高速道路を中心に路側機等を全国整備し、安全運転支援や広域な道路交通情報提供等のサービスが展開されています。ご利用可能なサービス提供場所 (ITSスポット) については、 (一財) 道路交通情報通信システムセンター (VICSセンター) におたずねください。また、ETC2.0ユニット (VICS機能付) は、今後新たに追加されるサービスやシステム変更には対応できない場合があります。あらかじめご了承ください。詳しくはレクサス販売店におたずねください。
*12.
ETCにおいてお客さまの決済情報を将来にわたり安全に保護するため、セキュリティ規格の変更が予定されています。掲載のETC2.0ユニットは新しいセキュリティ規格に対応しています。
装備類の詳しい設定につきましては、主要装備一覧表でご確認ください。
写真は特定のパッケージのものを全モデルに共用している場合があります。
画面は合成です。