Lexus Teammate

人の感性に寄り添った高度運転支援技術

これまでLSで磨き上げた予防安全技術を
統合・進化させ、
新たに開発した「Lexus Teammate」。
それは、クルマが人から運転を奪うのでも、
単に人に取って代わるのでもなく、
ドライバーとクルマが対話しながら、
つねにお互いの状態を確認し補い合うことで、
安全な運転、快適な移動を理想としています。

Lexus Teammateの機能

[ Advanced Drive ]
高速道路や自動車専用道路での運転を支援
ドライバーを見守り異常を検知
体験動画を見る 詳しくはこちら ▼

ソフトウェアアップデートにより、
つねに最新の運転支援へ進化します。

更新情報を見る
イメージ イメージ
[ Advanced Park ]
スイッチ操作で駐車を支援
体験動画を見る 詳しくはこちら ▼

[Advanced Drive]

高速道路・自動車専用道路などにおいて、
目的地を設定すると、車線・車間維持、分岐、車線変更、
追い越しなどを行いながら、分岐まで運転を支援。
人の気持ちに寄り添った滑らかな走りで、
長時間運転の疲労を軽減します。

“EXECUTIVE Advanced Drive”に
標準装備
“version L Advanced Drive”に
標準装備

※本システムは自動で運転するシステムではありません。
システムを過信せず、運転者はつねに
自らの責任で周囲の状況を把握し、
いつでも運転操作できるよう備えてください。

FUNCTION DETAILS

高速道路・自動車専用道路の運転時における機能をシーン別に紹介

高速道路等本線走行支援
走行中
ADVANCED DRIVE
❶ ドライバーの状態をクルマが見守る

ドライバーモニターカメラでドライバーの状態を検知。
例えばドライバーの眠気を察知した場合、
ディスプレイなどへの表示に加え、
シートベルトを振動させ通知します。

また、ドライバーの姿勢が崩れるなど
体調の急変を検知し、
運転が困難になったと
システムが判断した場合、
自車を減速・停止させる機能も搭載しています。

眠気兆候を検知した時の表示(●が左右に繰り返し点滅)
イメージ
大型カラーヘッドアップディスプレイ
イメージ イメージ
12.3インチメーターディスプレイ
路肩退避や車線内停車と、救命要請を行う
ドライバー異常時対応システム
ドライバーモニターカメラがドライバーの姿勢が崩れるなど体調の急変を
検知し、運転継続が困難になったとシステムが判断した場合、自車を減速・
停止させるシステムです。
路肩に隣接している車線を走行中
イメージ イメージ
路肩に隣接しない車線を走行中
イメージ イメージ
留意事項
  • ※路肩に隣接している車線を走行していても、退避可能な路肩を検索
    できなかった場合や、路肩に障害物が
    あるとシステムが判断した場合
    など、状況によっては路肩へ退避せず、自車線内で停車する場合が
    あります。
  • ・アドバンスト ドライブは自動で運転するシステムではありません。
    システムを過信せず、運転者は自らの責任で常に周囲の状況を把握し、
    いつでも運転操作をできるように備えてください。
  • ・ドライバーモニターは、運転者の異常時に、
    自損・加害事故のリスク回避・低減および早期の運転者の救命・救護に
    寄与するための機能です。居眠り運転や注意散漫な運転、
    体調が悪い場合の運転を対象とするものではありませんので、
    体調が悪い場合は運転を控え、運転時は常に周囲の状況に注意を払い、
    安全な運転を心がけてください。
  • ・ドライバー異常時対応システムが作動した場合、
    同トリップ内の
    アドバンスト ドライブの使用が制限される場合があります。
詳しくは取扱説明書をご覧ください
高速道路等本線走行支援
車線変更時
ADVANCED DRIVE
❷ 車線変更をサポート

ナビゲーションで設定した目的地に向かって、
本線上での車線変更や、
本線からの分岐を支援します。

目的地へ向かう車線変更

ジャンクションの手前で目的地方面にあらかじめ車線変更し、余裕のある分岐を支援します。

イメージ イメージ
低速車を追い越す車線変更

前方に遅い車両があるとシステムから追い越しを提案し、ドライバーの承認により車線変更を実施します。

イメージ イメージ
車線が減少する手前で車線変更

車線減少レーンを走行中、車線がなくなる前に車線変更を支援します。

イメージ イメージ
ドライバーのウインカー操作による車線変更

ドライバーのウインカー操作により車線変更を支援します。

イメージ イメージ
留意事項
  • *低速車を追い越す車線変更、車線が減少する手前での車線変更、
    およびドライバーのウインカー操作による車線変更は、目的地設定を
    していない場合でも利用できます。
  • ・アドバンスト ドライブは自動で運転するシステムではありません。
    システムを過信せず、運転者は自らの責任で常に周囲の状況を把握し、
    いつでも運転操作をできるように備えてください。
  • ・車線変更の際には、ハンドルを保持し、運転者が周囲の安全を
    確認してください。
詳しくは取扱説明書をご覧ください
高速道路等本線走行支援
並走・追い抜き時
ADVANCED DRIVE
❸ 安全な間隔を確保

周辺を走行している車両との並走・追い抜き時に、
左右の間隔を十分に確保した状態で
車線維持を行います。
対面通行路がある場合は、
対面通行路に近づきすぎないよう
側方間隔を自動調整します。

イメージ イメージ
留意事項
  • ・アドバンスト ドライブは自動で運転するシステムではありません。
    システムを過信せず、運転者は自らの責任で常に周囲の状況を把握し、
    いつでも運転操作をできるように備えてください。
  • ・車線変更の際には、ハンドルを保持し、運転者が周囲の安全を
    確認してください。
詳しくは取扱説明書をご覧ください
ジャンクションでの分岐支援
目的地方向へ分岐時
ADVANCED DRIVE
❹ 自動的な車線分岐

本線からの分岐レーンが始まる手前から
ウインカーを自動点滅し、
車線変更を支援します。
例えば、ジャンクション内を目的地方面へ
分岐したり、高速道路や自動車専用道路を退出する
場合には
出口レーンに車線変更を行ったりします。

ジャンクション内を目的地方面へ分岐
イメージ イメージ
留意事項
  • ・アドバンスト ドライブは自動で運転するシステムではありません。
    システムを過信せず、運転者は自らの責任で常に周囲の状況を把握し、
    いつでも運転操作をできるように備えてください。
  • ・車線変更の際には、ハンドルを保持し、運転者が周囲の安全を
    確認してください。
詳しくは取扱説明書をご覧ください
ジャンクションでの分岐支援
カーブ走行中
ADVANCED DRIVE
❺ カーブでの速度抑制

カーブ手前で車速が高ければ減速し、
旋回時の安心感を確保します。

イメージ イメージ
留意事項
  • ・アドバンスト ドライブは自動で運転するシステムではありません。
    システムを過信せず、運転者は自らの責任で常に周囲の状況を把握し、
    いつでも運転操作をできるように備えてください。
  • ・車線変更の際には、ハンドルを保持し、運転者が周囲の安全を
    確認してください。
詳しくは取扱説明書をご覧ください
高速道路等本線走行支援
走行中
ADVANCED DRIVE
❻ 緊急ブレーキをサポート

進路上の車両を検出し、衝突の可能性があると
判断した場合、
各ディスプレイへの表示とブザー等で
ドライバーに知らせ、
衝突の可能性が高いと
判断した場合は、高い制動力を発生させ、
ドライバーの回避行動を支援します。

イメージ イメージ
留意事項
  • *LiDAR:Light Detection And Ranging
  • ・アドバンスト ドライブは自動で運転するシステムではありません。
    システムを過信せず、運転者は自らの責任で常に周囲の状況を把握し、
    いつでも運転操作をできるように備えてください。
詳しくは取扱説明書をご覧ください
高速道路等本線走行支援
走行中
ADVANCED DRIVE
❼ スムーズな追従走行 -ITS Connect連携-

前方に通信可能車両がいる場合、
先行車両の加減速情報を
通信で取得することにより、
スムーズな追従走行を行います。

イメージ イメージ
留意事項
  • ・アドバンスト ドライブは自動で運転するシステムではありません。
    システムを過信せず、運転者は自らの責任で常に周囲の状況を把握し、
    いつでも運転操作をできるように備えてください。
  • ・車線変更の際には、ハンドルを保持し、運転者が周囲の安全を
    確認してください。
詳しくは取扱説明書をご覧ください
高速道路等本線走行支援
合流地点
ADVANCED DRIVE
❽ 相手車両の合流をサポート

合流地点では、本線に合流してくる車両に対して
早めに減速して
車両距離を確保。
相手車両のスムーズな合流を支援します。

イメージ イメージ
留意事項
  • ・アドバンスト ドライブは自動で運転するシステムではありません。
    システムを過信せず、運転者は自らの責任で常に周囲の状況を把握し、
    いつでも運転操作をできるように備えてください。
  • ・車線変更の際には、ハンドルを保持し、運転者が周囲の安全を
    確認してください。
詳しくは取扱説明書をご覧ください
ADVANCED DRIVE
マルチセンシングシステム
/ AIテクノロジー

最先端のマルチセンシングシステムにより、
車両周囲を高い信頼性と精度でカバー。

また、走行中に得られる膨大なデータを処理し、
AIテクノロジーを用いて状況を予測・対処しながら、
複雑な道路状況下においても
安全性とすぐれた走行安定性を実現します。

イメージ イメージ
ADVANCED DRIVE
直感的に分かりやすい
大型ディスプレイ

さまざまな情報を人の感覚に寄り添った
カラーグラフィックスで表示するインターフェイス。
自車の走行状況や周辺車両の存在を
アニメーションで表示します。

イメージ イメージ
大型カラーヘッドアップディスプレイ
イメージ イメージ
12.3インチメーターディスプレイ
留意事項
  • ・アドバンスト ドライブは自動で運転するシステムではありません。
    システムを過信せず、運転者は自らの責任で常に周囲の状況を把握し、
    いつでも運転操作をできるように備えてください。
詳しくは取扱説明書をご覧ください
全体MAPに戻る
利用可能な自動車専用道路はこちら
Area Map Lexus Teammate 対象マップ Area Map Lexus Teammate 対象マップ
※一部店舗ではAdvanced Drive搭載車がご用意できない場合もございます。

[Advanced Park]

車両の全周囲を高精度で検知し、スイッチ操作で
ステアリング、シフト、アクセル、ブレーキ操作を制御します。
外出先での並列駐車や縦列駐車はもちろん、
自宅の駐車場でも支援が可能です。
駐車操作が苦手なドライバーをはじめ、
すべての人に安全・安心・簡単な駐車を提供します。

LS500h全車に標準装備

駐車位置のメモリー機能を搭載し、
区画線のないスペースでも駐車を支援

区画線で区切られた駐車場や、隣接車両のある駐車場で、並列駐車および縦列駐車・出庫を支援。また、あらかじめ駐車位置を登録することで、区画線のない駐車場や隣接車両がないスペース でも駐車支援が可能です。

図

※駐車スペースが複数ある場合は変更できます。
※アドバンスト パーク[Advanced Park]はあくまで運転を支援する機能です。アドバンスト パーク[Advanced Park]を過信せず、必ずドライバーが責任を持って周囲の状況を把握し、安全運転を心がけてください。
※アドバンスト パーク[Advanced Park]は駐車環境や周辺状況によっては使用できない場合があります。
※字光式ナンバープレートは装着できません。

  • ※装備類の詳しい設定につきましては、
    主要装備一覧表でご確認ください。
  • ※ナビゲーション画面および一部のディスプレイは合成です。
  • ※装備および機能紹介の写真の一部はイメージです。