OMOTENASHIREAR SPACE

居住性を極めた
リヤスペース

22Way調整式リヤパワーシート
(ペルビックサポート機能付電動ランバーサポート)*1 /
電動オットマン (伸縮機構付 / 後左席) /
プリセットポジション (後左席)

エアブラダー (空気袋) の膨張・収縮でランバー前後上下、バックペルビス (腰後部)、ショルダーの調整を行うニューマチック (空気式) システムとモーターを併用し、シート全体で細やかな調整を実現しました。シートの角度調整は、乗り降りしやすい乗降モードから深いリクライニングまで対応。また助手席シートスライドにより、最大約1,020mmのゆとりあるレッグスペースを確保します。後左席の電動オットマンは、体格が大きい乗員にもゆったりとした座り心地を提供する長さまで伸びるようにしました。後左席にはお好みの姿勢が選べる3つのプリセットポジションも設定。「ビジネスモード」は通常の位置、「エンターテインモード」ではシートバックを休息に適した角度まで倒すとともに、後席用ディスプレイの視聴に適した位置まで助手席が移動します。「リラックスモード」では助手席を最前方に移動させ、後席のシートバックも大きく倒し、後席の空間を最大限まで広げます。フラッグシップセダンならではの上質なくつろぎをご堪能ください。
“EXECUTIVE”に標準装備

エアブラダー (空気袋) 配置図

温感リラクゼーション機能
(後左右席)

温感リラクゼーション機能は、シートバックおよびシートクッション内のエアブラダー (空気袋) を膨張させることで、乗員の背中から大腿部までを押圧し、心身のリフレッシュに寄与します。また、肩部の最上段と腰部の下から2段目の2カ所に専用ヒーターを設置し、温める時間と冷ます時間を繰り返す温度のマネージメントを行い、リラクゼーションに寄与します。全身 (リフレッシュ、ストレッチ、シンプル) と部位別 (上半身、下半身、肩、腰) の計7コースから、お好みのリラクゼーションをお選びいただけます。
“EXECUTIVE”に標準装備

より快適に映像を楽しめるリヤシートエンターテインメントシステム*2 /
リヤマルチオペレーションパネル

前席・後席のシートポジションに連動して見やすい角度に自動調整する機能で乗員をもてなす、後席用11.6インチディスプレイ (左右) を搭載。Blu-rayディスク*3プレーヤーやSDカードスロットを備え、モバイル端末に保存した映像や音楽等もMiracast*4やDLNA*4*5を介して鑑賞でき、HDMI端子でパソコンなども接続可能です。リヤセンターアームレスト上のリヤマルチオペレーションパネルでは、オーディオをはじめ、エアコン、シート機能、リラクゼーション機能、サンシェードとランプの操作を指先で直感的に行えます。
リヤシートエンターテインメントシステム“EXECUTIVE”*6に標準装備
リヤマルチオペレーションパネル“EXECUTIVE” / “version L” に標準装備

*1.
後左席は22Way。後右席は16Wayとなります。
*2.
走行中かつ助手側の後席用11.6インチディスプレイがドライバーから見える位置にある場合、もしくはエンターテインモードより助手席を前側にスライドさせた場合、後左席では安全のため動画を見ることはできません。
*3.
“Blu-ray Disc (ブルーレイディスク)”はブルーレイディスクアソシエーションの商標です。
*4.
Wi-Fiを使用し、モバイル端末に保存された映像や音楽等を車内ディスプレイで再生できます。モバイル端末がMiracast 、DLNAに対応していることを必ずご確認ください。
*5.
DLNA: Digital Living Network Alliance
*6.
セミアニリン本革シートを選択した場合のみ、リヤシートエンターテインメントシステムの非装着も選択できます。
写真は機能説明のためにボディの一部を切断したカットモデルです。
画面は合成です。
装備類の詳しい設定につきましては、主要装備一覧表でご確認ください。