SAFETYOTHER SAFETY

安心感につながる
先進安全テクノロジー

接触事故の低減に寄与する駐車支援システム
パーキングサポートアラート[PKSA*1*2]&パーキングサポートブレーキ[PKSB*2*3

パーキングサポートアラート[PKSA]

クリアランスソナー、リヤクロストラフィックアラート[RCTA*4]、リヤカメラディテクション[RCD*5]をパッケージ化し、低速走行時の衝突の危険をお知らせします。

パーキングサポートブレーキ[PKSB]

従来のインテリジェントクリアランスソナー[ICS*6]、リヤクロストラフィックオートブレーキ[RCTAB*7]に加え、対後方歩行者サポートブレーキをパッケージ化し、衝突被害の軽減に寄与します。

パーキングサポートアラート (クリアランスソナー)[PKSA] /
パーキングサポートブレーキ (静止物)[PKSB]

低速走行時に壁などの静止物までの距離と危険度を、大型カラーヘッドアップディスプレイ*8とマルチインフォメーションディスプレイ、およびフロント・リヤブザーなどでお知らせします。低速走行時に壁などの静止物と衝突する可能性が高いと判断した場合、自動 (被害軽減) ブレーキをかけます。

パーキングサポートアラート (リヤクロストラフィックアラート)[PKSA] / パーキングサポートブレーキ (後方接近車両)[PKSB]

後退して出庫する際、自車後側方から接近する車両の存在を、ドアミラー、12.3インチワイドディスプレイ、およびリヤブザーでお知らせします。自車後側方から接近する車両と衝突する可能性が高いと判断した場合、自動 (被害軽減) ブレーキをかけます。

パーキングサポートアラート (リヤカメラディテクション)[PKSA] /
パーキングサポートブレーキ (後方歩行者)[PKSB]

後退して出庫する際、自車後方の歩行者の存在を、12.3インチワイドディスプレイ、およびリヤブザーでお知らせします。自車後方の歩行者と衝突する可能性が高いと判断した場合、自動 (被害軽減) ブレーキをかけます。






本機能は、ドライバーの運転支援を目的としているため、機能には限界があり、道路状況、車両状態、天候状態およびドライバーの操作状態、歩行者の状態等によっては、作動しない場合があります。詳しくはレクサス販売店におたずねください。本機能を過信せず、必ずドライバーが責任を持って運転してください。詳しくはレクサス販売店におたずねください。
パーキングサポートブレーキ[PKSB]が作動した場合でもブレーキ制御は2秒で解除されるため、そのまま前進・後退できます。また、ブレーキペダルを踏んでもブレーキ制御は解除されるため、再度アクセルペダルを踏むことで前進・後退できます。
歩行者以外の立体物に対しても作動することがあります。ブレーキ作動後はブレーキを踏んで周囲の確認をお願いします。

車両周辺の安全確認をサポートする
パノラミックビューモニター*9

車両の前後左右に搭載したカメラから取り込んだ映像を合成し、車両を上から見たような映像を12.3インチワイドディスプレイに表示。運転席から目視しにくい車両周囲の状況をリアルタイムで確認できます。

パーキングサポートブレーキ[PKSB]協調表示を行い、画面表示で注意喚起します。Lexus Safety System + A搭載車では、フロントクロストラフィックアラート[FCTA]&ITS Connect協調表示、プリクラッシュセーフティ協調表示を行い、画面表示で注意喚起します。

ブラインドスポットモニター
[BSM*10*11*12 /
後方車両への接近警報*11

ブラインドスポットモニター[BSM]は、走行中、ドアミラーでは確認しにくい後側方エリアに存在する車両に加えて、隣接する車線の最大約60m後方までモニターし、急接近してくる車両も検知します。車両を検知するとドアミラー内のインジケーターが点灯、車両を検知した状態でウインカーを操作するとインジケーターが点滅し、より注意を喚起します。また、後方車両への接近警報は、後方車両から衝突される可能性が高いと判断した場合、ハザードランプを高速点滅させて、後方車両に注意喚起します。 

デジタルインナーミラー*13

車両後方カメラの映像をミラー内のディスプレイに表示します。切替レバーを操作することで、鏡面ミラーモードからデジタルインナーミラーモードに切り替えることができます。後席の人やヘッドレストに遮られることなく、映像による後方の安全確認を可能としたほか、夜間の視認性確保、電動サンシェード (リヤウインドゥ) 使用時の視界確保、後席乗員のプライバシー確保も行えます。
“EXECUTIVE” / “version L”に標準装備
“F SPORT” / “I package”にメーカーオプション

後席自動リクライニング機能

後席に乗員がいない場合、ドライバーのシフト操作に連動してリヤシートが自動的にリクライニングするシステム。ヘッドレストが上がっていた場合はヘッドレストも自動で下降します。これにより、インナーミラー越しの後方視界をより広く確保します。
“EXECUTIVE” / “version L”に標準装備

4点式ポップアップフード*14

万一の歩行者との衝突時、瞬時にフードを持ち上げて衝撃吸収スペースを確保。歩行者の頭部への衝撃を緩和します。
全車に標準装備

予防連携機能

プリクラッシュセーフティが歩行者や自転車運転者と衝突する可能性が高いと判断した場合、ポップアップフード作動の準備を行います。
“EXECUTIVE” / “version L” / “F SPORT” / “I package”に標準装備

SRS*15エアバッグシステム

最大12個のSRSエアバッグ*16を装備しています。
全車に標準装備

予防連携機能

運転席・助手席SRSサイドエアバッグ、後席SRSサイドエアバッグ、前後席SRSカーテンシールドエアバッグは、プリクラッシュセーフティによって側面衝突の可能性が高いと判断した場合、作動する準備を整えます。
“EXECUTIVE” / “version L” / “F SPORT” / “I package”に標準装備

ITS Connect

クルマのセンサーでは捉えきれない見通し外の情報や信号等の情報を、道路とクルマ、あるいはクルマ同士が直接通信し、大型カラーヘッドアップディスプレイ*17やマルチインフォメーションディスプレイでの表示、ブザー音でドライバーに知らせ、安全運転を支援するシステムです。

本システムは「路側装置が設置された交差点」または「本システムが搭載された周辺車両」との間でのみ作動します。また、路側装置が設置された交差点であっても、交差点に進入する方向によっては、作動するシステムが異なる場合があります。本システムはあくまでも補助機能です。システムを過信せず、つねに道路状況に注意し、安全運転を心がけてください。
右折時注意喚起は、路側装置が設置された交差点であっても、路側装置の種類や、交差点に進入する方向によっては、対向車のみを検知し、歩行者がいることを注意喚起しない場合があります。なお、対向車や歩行者が路側装置 (感知器) の検出範囲外に存在している場合や、路側装置 (感知器) が車両の特徴や環境条件・経年変化等によって未検知や誤検知を起こす場合は、注意喚起しないことや、通知内容が実際の道路状況と異なる場合があります。ご利用可能なサービス提供場所については、レクサス販売店におたずねください。路車間通信システムに対応した路側装置は、2019年1月現在、宮城県、茨城県、埼玉県、東京都、神奈川県、愛知県、大阪府、福岡県に設置されています。
通信利用型レーダークルーズコントロールは、先行車や周囲の車両の走行状態によっては、スムーズな追従走行が行われない場合や、自車の速度や先行車との車間距離に影響がおよぶ場合があります。
上記の機能は一例です。

LEXUSの安全機能の先進性と思想を6つのシーンでご紹介

Lexus Safety System +、 Lexus Safety System + Aを安全にお使いいただく上での留意事項説明

Lexus Safety System +、Lexus Safety System + Aは予防安全パッケージです。
ご契約に際し、Lexus Safety System +、Lexus Safety System + A、およびその各システムを安全にお使いいただくための留意事項についてご説明いたします。

ご使用になる際のお客さまへのお願い
運転者には安全運転の義務があります。運転者は各システムを過信せず、つねに自らの責任で周囲の状況を把握し、ご自身の操作で安全を確保してください。
各システムに頼ったり、安全を委ねる運転をすると思わぬ事故につながり、重大な傷害におよぶか、最悪の場合死亡につながるおそれがあります。
ご使用の前には、あらかじめ取扱説明書で各システムの特徴・操作方法を必ずご確認ください。

LS は「セーフティ・サポートカーS<ワイド>」です。

セーフティ・サポートカーS<ワイド> (サポカーS<ワイド>) は、政府が交通事故防止対策の一環として普及啓発しているものです。自動 (被害軽減) ブレーキ [対歩行者・対車両]、ペダル踏み間違い時加速抑制装置、車線逸脱警報、先進ライトなどの安全運転を支援する装置を搭載し、高齢者を含むすべてのドライバーの安全をサポートします。
■ Lexus Safety System + A / Lexus Safety System + / パーキングサポートブレーキ

安全装置の各機能の作動には、速度や対象物等の条件があります。また、各機能はドライバーの運転支援を目的としているため、機能には限界があり、道路状況、車両状態、天候等により作動しない場合があります。詳しくは、取扱説明書をご覧いただくか、レクサス販売店におたずねください。
安全装置はドライバーの安全運転を支援するためのものです。機能を過信せず、安全運転を心がけてください。
*1.
PKSA: Parking Support Alert
*2.
字光式ナンバープレートは装着できません。
*3.
PKSB: Parking Support Brake
*4.
RCTA: Rear Cross Traffic Alert
*5.
RCD: Rear Camera Detection
*6.
ICS: Intelligent Clearance Sonar
*7.
RCTAB: Rear Cross Traffic Auto Brake
*8.
“EXECUTIVE”、“version L”、“F SPORT”、“I package”に標準装備。
*9.
画面に映る人や障害物は実際の位置や距離と異なります。映像を過信せず、必ず車両周辺の安全を直接確認しながら運転してください。なお、字光式ナンバープレートは装着できません。
*10.
BSM: Blind Spot Monitor
*11.
道路状況、車両状態および天候状態等によっては、ご使用になれない場合があります。詳しくはレクサス販売店におたずねください。
*12.
ブラインドスポットモニター[BSM]はあくまで運転補助機能です。本機能を過信せず、運転に際してはドライバーご自身で周囲の安全状況を直接確認してください。詳しくはレクサス販売店におたずねください。
*13.
初めての走行前や運転者が変わる場合には、必ずミラーの調整を安全な場所に停車して行い、走行中には絶対に行わないでください。調整を行わずに走行すると、映像が2重映りする場合があります。また、ムーンルーフ付き車両等で外部光による反射でディスプレイが見えにくい場合にはシェードを閉めてください。体調・年齢などにより、画面に焦点が合うまで時間がかかる場合があります。また着雪や雨滴、汚れ等により映像が見えづらくなる場合があります。その場合には鏡面ミラーモードに切り替えてご使用ください。夜間など暗い場所では周辺を明るく見せるために映像が自動的に調整されることにより、特有のちらつきが発生する場合があります。
*14.
衝突の条件によっては作動しない場合があります。ポップアップフードが作動した場合には、バンパーやフロントフード等の損傷有無にかかわらず、ポップアップアクチュエーター等の交換・修理が必要となります。なお、字光式ナンバープレートおよびフロントナンバーフレームは装着できません (ただし、純正用品のフロントナンバーフレームは装着できます)。詳しくはレクサス販売店におたずねください。
*15.
SRS: Supplemental Restraint System (乗員保護補助装置) SRSエアバッグシステムは衝突時の条件によっては作動しない場合があります。SRSエアバッグはあくまでシートベルトを補助する装置ですので必ずシートベルトをご着用ください。
*16.
後席の保護効果をより高める後左右席SRSシートクッションエアバッグは、“EXECUTIVE”と“version L”のみに標準装備となります。
*17.
“EXECUTIVE”、“version L”、“F SPORT”、“I package”に標準装備。大型カラーヘッドアップディスプレイでは表示されない注意喚起サービスもあります。
*18.
DSSS: Driving Safety Support Systems
*19.
CVSS: Connected Vehicles Support Systems
画面は合成です。
装備類の詳しい設定につきましては、主要装備一覧表でご確認ください。