SAFETYLexus Safety System + ALexus CoDrive

今後の自動運転につながる
高度運転支援技術

Lexus CoDrive*1(レーダークルーズコントロール (全車速追従機能付)・
レーントレーシングアシスト[LTA*2]・レーンチェンジアシスト[LCA*3])

Lexus CoDriveは、ドライバーの運転意図と調和した操舵支援や、レーンチェンジの運転支援を可能とする機能により、カーブが多い高速道路や渋滞時でも途切れのない運転支援を実現します。
“EXECUTIVE” / “version L” / “F SPORT” / “I package”に標準装備

レーダークルーズコントロール (全車速追従機能付)*4

Lexus Safety System + Aのレーダークルーズコントロールでは、ミリ波レーダーによる広角の検知角度と、ステレオカメラによる広い前方認識範囲により、特に前方車両に対する割り込み検知にすぐれた認識性能を確保。発進・追従・離脱加速の際は乗員の安心感を確保しながらスムーズに加速し、追従減速の際は減速度の急変を抑えた滑らかな減速感を実現します。

本機能はドライバーの運転支援を目的としているため、機能には限界があり、道路状況、車両状態および天候状態等によってはご使用になれない場合があります。Lexus CoDriveは高速道路や自動車専用道路での使用を前提として設計しています。また、車線内自動走行を実現したものではありません。本機能を過信せず必ずドライバーご自身で運転操作を行ってください。詳しくはレクサス販売店におたずねください。
レーントレーシングアシスト[LTA]

レーントレーシングアシスト[LTA]のスイッチをONにすると、車線からの逸脱を避けるためのステアリング操作を支援します。さらに、高速道路や自動車専用道路を走行中、レーダークルーズコントロールの作動時に、車線維持に必要なステアリング操作を支援します。

安全性の観点から、ドライバーはステアリングを持ち続ける必要があります。手を放すと、ステアリングホイールのリング部に搭載されたセンサー等で検知して警告を行います。ただし、センサーが手放しを検知できない場合があります。
レーダークルーズコントロール (全車速追従機能付) を使用していない場合でも、車線逸脱警報機能、車線逸脱抑制機能は作動します。
車線維持支援機能

緩やかなカーブでの支援に加え、滑らかにふらつき少なくレーン中央をキープする走行が可能です。白 (黄) 線が検出困難な場合でも先行車に追従する支援を行います。また、急カーブなどで曲がりきれず車線を逸脱する可能性がある場合には、表示による注意喚起を行い、ドライバーのステアリング操作を促します。

状況によっては注意喚起が表示されない場合があります。
カーブ速度抑制機能*6

レーダークルーズコントロールで走行中、レーントレーシングアシスト[LTA]のスイッチをONにした状態では、ナビゲーションの地図データに基づきルート案内中のカーブや自車線のカーブに対して、車線維持支援機能で曲がり切れない速度と判定された場合に大型カラーヘッドアップディスプレイ*5、マルチインフォメーションディスプレイへの表示で注意喚起を行うとともに、穏やかな減速を行うことでドライバーに操作を促します。

車線逸脱警報機能 / 車線逸脱抑制機能

車線から逸脱するおそれがある場合に大型カラーヘッドアップディスプレイ*5、マルチインフォメーションディスプレイへの表示、およびステアリングの振動または警報ブザーにより警告するとともに、車線からの逸脱を避けるためのステアリング操作を支援します。さらに、車線の判断については、白線だけでなくアスファルトと草・土・縁石などの境界から逸脱すると判定した場合も支援します。

レーンチェンジアシスト[LCA]

高速道路や自動車専用道路を走行中、車線維持支援機能が作動中にレーンチェンジのための操舵、加減速、車線変更先車両監視の支援を行います。ドライバーのウインカー操作が支援開始の合図となり、レーンチェンジの操舵支援を行います。レーンチェンジ終了後に方向指示灯が自動消灯します。







LEXUSの安全機能の先進性と思想を6つのシーンでご紹介

Lexus Safety System +、 Lexus Safety System + Aを安全にお使いいただく上での留意事項説明

Lexus Safety System +、Lexus Safety System + Aは予防安全パッケージです。
ご契約に際し、Lexus Safety System +、Lexus Safety System + A、およびその各システムを安全にお使いいただくための留意事項についてご説明いたします。

ご使用になる際のお客さまへのお願い
運転者には安全運転の義務があります。運転者は各システムを過信せず、つねに自らの責任で周囲の状況を把握し、ご自身の操作で安全を確保してください。
各システムに頼ったり、安全を委ねる運転をすると思わぬ事故につながり、重大な傷害におよぶか、最悪の場合死亡につながるおそれがあります。
ご使用の前には、あらかじめ取扱説明書で各システムの特徴・操作方法を必ずご確認ください。

LS は「セーフティ・サポートカーS<ワイド>」です。

セーフティ・サポートカーS<ワイド> (サポカーS<ワイド>) は、政府が交通事故防止対策の一環として普及啓発しているものです。自動 (被害軽減) ブレーキ [対歩行者・対車両]、ペダル踏み間違い時加速抑制装置、車線逸脱警報、先進ライトなどの安全運転を支援する装置を搭載し、高齢者を含むすべてのドライバーの安全をサポートします。
■ Lexus Safety System + A / Lexus Safety System + / パーキングサポートブレーキ

安全装置の各機能の作動には、速度や対象物等の条件があります。また、各機能はドライバーの運転支援を目的としているため、機能には限界があり、道路状況、車両状態、天候等により作動しない場合があります。詳しくは、取扱説明書をご覧いただくか、レクサス販売店におたずねください。
安全装置はドライバーの安全運転を支援するためのものです。機能を過信せず、安全運転を心がけてください。
*1.
今後の自動運転につながる高度運転支援技術。過度な高速走行をしている時には各機能が正しく作動しないおそれがあります。
*2.
LTA: Lane Tracing Assist
*3.
LCA: Lane Change Assist
*4.
車間距離制御には状況により限界があります。装置を過信せず、安全運転をお願いします。
*5.
“EXECUTIVE”、“version L”、“F SPORT”、“I package”に標準装備。
*6.
Lexus Safety System +のレーントレーシングアシスト[LTA]には、カーブ速度抑制機能は含まれません。
例えば次のような条件下では、車線維持支援機能、車線逸脱警報機能、車線逸脱抑制機能、レーンチェンジアシスト[LCA]が正常に作動しない場合があるため、使用しないでください。
●車線と見間違えるような路側構造物がある時 (ガードレール、縁石、反射ポールなど) ●分合流付近を走行中 ●急カーブを走行中 ● 雨・雪・霧などで車線が見えにくい時 など
例えば次のような条件下ではシステムの作動条件が満たされず車線維持支援機能、車線逸脱警報機能、車線逸脱抑制機能、レーンチェンジアシスト[LCA]の作動をキャンセルする場合があります。
●車線を見失った時 ●ドライバーの追加運転操作を検知した時 (ステアリング、ブレーキ、アクセルの操作など) など
注意喚起 (車線維持支援機能)、車線逸脱抑制機能は約50km/h以上で作動します。
車線逸脱警報機能は約50km/h以上または車線維持支援機能支援中に作動します。
レーンチェンジアシスト[LCA]は約50km/h~130km/hで作動します。公道を走行するときは、法定速度または制限速度を遵守してください。
カーブ速度抑制機能とレーンチェンジアシスト[LCA]はナビゲーションにて自動車専用道路と認識していない場合には作動しません。
車線逸脱警報機能、車線逸脱抑制機能は走路の境界がはっきり見えない場合、または直線的ではない場合には正常に作動しない場合があります。
故意に車線から逸脱して走行するなど、システムの作動を確認する行為はたいへん危険です。絶対におやめください。
車線維持支援機能が先行車に追従する支援を行う場合、先行車が車線を右、または左に片寄って走行、または車線変更した時は、先行車の位置に合わせて自車も片寄って走行し、レーンをはみ出すおそれがあります。先行車がふらついた時は、自車もふらついて走行し、レーンをはみ出すおそれがあります。
例えば次のような条件下ではシステムの作動条件が満たされず、レーンチェンジアシスト[LCA]が作動しません。
●ステアリング手放し警告をしている場合 ●レーンチェンジアシスト[LCA]が作動できない条件下で、一定時間ウインカーの使用を継続した時など
例えば次のような条件下では、レーンチェンジアシスト[LCA]が正常に作動しない場合があります。
●周辺車両が接近している時 ●周辺車両が大型車 (トラック、バス、トレーラーなど)、二輪車などの場合 ●速度差が大きい追い越し、追い越され時など
例えば次のような条件下ではシステムの作動条件が満たされずレーンチェンジ中であってもレーンチェンジアシスト[LCA]の作動をキャンセルする場合があります。
●周辺車両が接近している時など
次のような状況では、カーブ速度抑制機能は作動しません。
●自動車専用道路の本線上とジャンクション上以外を走行する時 ●直線に近い緩やかなカーブを走行している時 ●サービスエリア、パーキングエリアやインターチェンジおよび、それらに分岐する場所の周辺を走行する時 ●料金所、一般道出口およびそれらに分岐する場所の周辺 ●一時停止、信号およびそれらに分岐する場所の周辺
次のような状況では、カーブ速度抑制機能が正しく作動しないおそれがあります。
●ナビゲーションのルート案内中に、案内ルートと異なるルートを走行した時 ●道路整備等によって実際の道路形状と地図情報との乖離がある時 ●実際の自車位置を正しく認識できていない時 ●分岐付近を走行している時
運転者のアクセルペダル操作によって、加速意思があるとシステムが判断した場合、カーブ速度抑制機能は停止されます。
写真の一部は合成です。
装備類の詳しい設定につきましては、主要装備一覧表でご確認ください。