標準装備・メーカーオプション

標準装備

CFRPルーフ
CFRPルーフ
フロント245/45RF20+リヤ275/40RF20ランフラットタイヤ&鍛造アルミホイール (ポリッシュ仕上げ)
フロント245/45RF20+リヤ275/40RF20ランフラットタイヤ&鍛造アルミホイール (ポリッシュ仕上げ)
CFRPスカッフプレート
CFRPスカッフプレート
ポップアップハンドル
ポップアップハンドル
走行時にはドアに格納され、車体側面の空気流を乱すことのないフラッシュサーフェスタイプ。車両の運動性能向上に寄与します。操作は、電子キーを携帯した状態でハンドル前端部を押し込むとアンロックとなり、ハンドルが電動でポップアップし、ドアを開けることができます。降車時にはポップアップしたハンドル後端部を押し込むことでロックし、格納されます。
インサイドドアハンドル
インサイドドアハンドル
ロックボタンのないシンプルな構造で、自然に手に馴染む曲線を追求。ドアハンドル操作でアンロックが行え、ロック時はグリーンの照明が点灯します。
アナログクロック (GPS時刻補正機能付)
アナログクロック (GPS時刻補正機能付)
文字盤にはレクサスのイニシャルであるL字パターンのレリーフ装飾を施しました。運転席から見た時に目盛りと指針が合うよう、目盛りを立体にしています。
ワンタッチウォークインシート
ワンタッチウォークインシート
フロントシートのショルダー部に設置したレバーでシートバックを前倒しすると、連動してシートのスライド・リフトの各機能を制御し、自動で乗り込みやすい位置まで移動。シートバックを起こすことで、元のポジションに自動復帰するメモリー付です。
電子キー&カードキー
電子キー&カードキー*1
電子キーは、薄く、軽く手に馴染む造形に加えて、新開発の表皮素材と金属素材を精緻に融合し、手に触れた時の上質感と使いやすさを両立しています。
レクサス クライメイト コンシェルジュ
レクサス クライメイト コンシェルジュ
オートエアコンと連動して、シートヒーター、シートベンチレーション、ステアリングヒーターを緻密に自動制御し、一人ひとりに最適な心地良さを提供します。また、シートの暖めすぎや冷やしすぎといった過度の働きを抑え、快適さを維持しながら省燃費を実現。あらかじめ好みの状態に設定しておくことで、一切の操作を行うことなく、つねに快適な状態を保ちます。
ブラインドスポットモニター [BSM]
ブラインドスポットモニター [BSM*2] *3*4
走行中、ドアミラーでは確認しにくい後側方エリアに存在する車両に加えて、隣接する車線の最大約60m後方までモニターし、急接近してくる車両も検知します。車両を検知するとドアミラー内のインジケーターが点灯、車両を検知した状態でウインカーを操作するとインジケーターが点滅し、より注意を喚起します。
リヤクロストラフィックアラート [RCTA]
リヤクロストラフィックアラート [RCTA*5] *3*4
駐車場から後退する際に、左右後方から接近してくる車両をブラインドスポットモニター [BSM] のレーダーにより検知。10.3インチワイドディスプレイへの表示、ドアミラー内のインジケーター点滅、およびブザーでドライバーに注意を喚起します。
ドライブスタートコントロール
ドライブスタートコントロール
シフト操作時における急発進・急加速を抑制し、衝突時の被害軽減に寄与します。例えば、後退時に衝突して慌てたドライバーが、アクセルを踏み込んだままシフトを「R」から「D」へ変更した際、表示で注意を促すとともに、エンジン出力 / ハイブリッドシステム出力を抑えます。
VDIM
VDIM
エンジン、ブレーキ、ステアリングなどの機能をひとつのシステムとして統合制御し、理想的な運動性能がもたらす走りの楽しさと、危険な状況に至らせない高い予防安全性を両立します。例えば、濡れた路面のコーナーや雪道で車両が横滑りしそうな状況において、車両が不安定な動きをする前から制御を開始。ドライバーが制御されていることを感じることなく、イメージした走行ラインをスムーズに安定して走れるよう支援します。
4点式ポップアップフード
4点式ポップアップフード*10
歩行者との万一の衝突時、瞬時にフードを持ち上げて衝撃吸収スペースを確保。歩行者の頭部への衝撃緩和に寄与します。
クリアランスソナー&バックソナー
クリアランスソナー&バックソナー*11
超音波センサーを利用して、車両前方や車両後方の障害物を検知。障害物との距離と接近部位の位置をマルチインフォメーションディスプレイ、およびカラーヘッドアップディスプレイ (メーカーオプション) に表示し、同時に音声とブザーでドライバーに注意を促します。
SRSエアバッグシステム
SRS*12エアバッグシステム
ランフラットタイヤ
ランフラットタイヤ
万一、タイヤがパンクし、空気圧がゼロの場合でも、時速80km/h以下で最長160kmまでの走行が可能です。*13
タイヤ空気圧警告表示 (マルチインフォメーションディスプレイ表示付)
タイヤ空気圧警告表示 (マルチインフォメーションディスプレイ表示付)
空気圧が低下したタイヤがあると、メーター内のインジケーターランプ点灯とともに、マルチインフォメーションディスプレイに空気圧の数値を反転表示します。イグニッションONで空気圧を検出するため、走行前*14に確認が可能です。
ETC2.0サービス
ETC2.0サービス*15
路上に設置されたインフラ設備との双方向通信を行うETC2.0ユニット*16 (VICS機能付)を搭載したナビゲーションシステムにより、安全運転をサポートする情報を画面表示や音声で提供します。
高速道路で提供するETC2.0サービス
見通しのきかないカーブの先の渋滞や停止車両といった情報をカーブの手前でお知らせしたり、高速道路で合流してくる車両の存在を合流部の手前でお知らせします。また、進行方向先の交通状況やサービスエリア、パーキングエリアの混雑情報などもお知らせします。
ラゲージルーム (LC500)
ラゲージルーム (LC500)
容量約197L (VDA方式)。
10.3インチワイドディスプレイ
10.3インチワイドディスプレイ
見やすく、使いやすいインターフェースデザインにより、スムーズな操作が可能です。画面左側に設定した「サブメニュー」では、メニュー内の各種機能を切り替えることができます。
「Miracast*17
Wi-Fiを使って、モバイル端末の画面を車内のディスプレイに表示します。お気に入りの映画、音楽、スポーツなど、さまざまなコンテンツを10.3インチのワイド画面で楽しむことができます。
リモートタッチ (タッチパッド式)
リモートタッチ (タッチパッド式)
ピンチイン・ピンチアウトによる地図の縮小・拡大など、10.3インチワイドディスプレイのリモート操作を指先で行えます。タッチパッドの前後には「」(戻る) ボタンと、マルチメディアや空調など各メニュー内で機能を切り替えられる「サブファンクションスイッチ」を設定しています。
ハイブリッドナビ
ハイブリッドナビ*18*19 VICS WIDE
G-Link*20センターにてVICS*21による最新の道路交通情報に加え、ユーザーの走行情報から生成した独自のプローブコミュニケーション交通情報を基に、道路状況を予測し、より短時間で到着する最適なルートを車載機に配信します。ルート案内中は、ナビゲーション画面にはつねにG-Linkセンターの最新地図*22を表示します。また、地下駐車場など通信環境の悪いエリアでは、車載機でルート探索を行うハイブリッドナビゲーションシステムです。

拡張ルート
5ルート (推奨、有料道路優先、一般道路優先、距離優先、別ルート) のルート探索パターンに加え、さまざまなシーンに応じたルートを提供します。ルートパターンは、随時、追加配信を予定しています。
エージェント (音声対話サービス)
ステアリングのトークスイッチを押して発話することにより、音声対話で簡単に目的地設定やエアコン、オーディオ、電話操作を行えます。走行中でも簡単かつ素早く目的地設定ができます。
目的地のWeb検索機能
G-Linkのネットワークを用いて、センターの豊富なデータベースから目的地の検索を行えます。入力された文字から候補の目的地が現れるので、より少ない入力操作で目的地設定ができます。また、複数ワード検索 (例「表参道 カフェ」) への対応やあいまいな入力に対しての推定候補の表示など、自由度の高い検索ができます。

メーカーオプション

フロント245/40RF21+リヤ275/35RF21ランフラットタイヤ&鍛造アルミホイール (ポリッシュ仕上げ+ブラック塗装)
フロント245/40RF21+リヤ275/35RF21ランフラットタイヤ&鍛造アルミホイール (ポリッシュ仕上げ+ブラック塗装)
カラーヘッドアップディスプレイ
カラーヘッドアップディスプレイ*23
運転に必要な情報をウインドシールドガラスの視野内に投影します。車速、レーン表示のほかに簡易ナビゲーションなど、さまざまな情報をエンジンフードの上部にあるかのような距離感でワイドに表示。内容に応じてアイコンの重要なパートをカラーで表示することで、情報を瞬時に分かりやすく認識することができます。
*1.
植込み型心臓ペースメーカー等の機器をご使用の方は、電波により医用電気機器に影響を及ぼすおそれがありますので、車両に搭載された発信機から約22cm以内に植込み型心臓ペースメーカーを近づけないようにしてください。電波発信を停止することもできますのでレクサス販売店にご相談ください。
*2.
BSM: Blind Spot Monitor
*3.
道路状況、車両状態および天候状態等によっては、ご使用になれない場合があります。詳しくはレクサス販売店におたずねください。
*4.
ブラインドスポットモニター [BSM] およびリヤクロストラフィックアラート [RCTA] はあくまで運転補助機能です。本機能を過信せず、運転に際してはドライバーご自身で周囲の安全状況を直接確認してください。詳しくはレクサス販売店におたずねください。
*5.
RCTA: Rear Cross Traffic Alert
*6.
ABS: Anti-lock Brake System
*7.
VSC: Vehicle Stability Control
*8.
TRC: Traction Control
*9.
ECB: Electronically Controlled Brake System 電子制御ブレーキ [ECB] は最適なブレーキ制御を行うため、ブレーキ操作時にモーター音が聞こえる場合があります。
*10.
衝突の条件によっては作動しない場合があります。ポップアップフードが作動した場合には、バンパーやフロントフード等の損傷有無にかかわらず、ポップアップアクチュエーター等の交換・修理が必要となります。なお、字光式ナンバープレートおよびフロントナンバーフレームは装着できません。詳しくはレクサス販売店におたずねください。
*11.
ソナーの感知範囲、作動速度には限界があります。必ず車両周辺の安全を確認しながら運転してください。
*12.
SRS: Supplemental Restraint System (乗員保護補助装置) SRSエアバッグシステムは衝突時の条件によっては作動しない場合があります。SRSエアバッグはあくまでシートベルトを補助する装置ですので必ずシートベルトをご着用ください。
*13.
気候や走行状況などによっては、80km/hまで速度を出せない場合があります。走行可能距離は条件によって異なります。なお、パンク走行後の再使用はできません。
*14.
電波環境によっては空気圧の検出ができない場合があります。
*15.
道路状況、車両状態および天候状態等によっては作動しない場合があります。安全確認は運転する方が十分に行ってください。2009年度から高速道路を中心に路側機等を全国整備し、安全運転支援や広域な道路交通情報提供等のサービスが展開されています。ご利用可能なサービス提供場所 (ITSスポット) については、 (一財) 道路交通情報通信システムセンター (VICSセンター) におたずねください。また、ETC2.0ユニット (VICS機能付) は、今後新たに追加されるサービスやシステム変更には対応できない場合があります。あらかじめご了承ください。詳しくはレクサス販売店におたずねください。
*16.
ETCにおいてお客さまの決済情報を将来にわたり安全に保護するため、セキュリティ規格の変更が予定されています。掲載のETC2.0ユニットは新しいセキュリティ規格に対応しています。
*17.
モバイル端末が「Miracast」に対応していることを必ずご確認ください。走行中は安全のため画像が消え、音声のみとなります。
*18.
走行中は安全のため一部操作できない機能があります。また、TV放送は安全のため走行中は画像が消え、音声のみとなります。外部メディアの映像は、録画機器の種類や使用するSDカードによって再生できない場合があります。
*19.
ハイブリッドナビは、G-Linkご契約の上で、マップオンデマンドご利用期間中に限り、ご利用いただけます。
*20.
G-Linkは、新車・CPO (レクサス認定中古車) をご購入いただいたお客さまに限り、ご提供いたします。ご利用には別途契約が必要となります。G-Link基本利用料は、新車ご購入の場合は新車登録後3年間無料、CPOご購入の場合はご購入後2年間無料です。無料期間終了後のG-Link基本料や利用手続きについては、レクサス販売店にお問い合わせください。G-Linkは、LTE (Long Term Evolution) 通信を利用しており、電波の届かない場所ではご利用になれません。G-Linkはトヨタコネクティッド (株) が提供するサービスです。「G-Link」は東京ガス株式会社の登録商標です。
*21.
VICS (道路交通情報通信システム) は提供情報の変更により、一部の情報が表示されなくなる場合があります。新しい提供情報を反映したナビ用地図ソフトをご購入いただくことで、より正確に情報を表示することが可能となります。詳しくはレクサス販売店におたずねください。
*22.
G-Linkセンターの最新地図はナビゲーションシステムに保存されません。
*23.
サングラス (特に偏光サングラス) をかけた際に、カラーヘッドアップディスプレイが見えづらくなる場合があります。
装備類の詳しい設定につきましては、主要装備一覧表でご確認ください。
写真は特定のパッケージのものを全モデルに共用している場合があります。
画面は合成です。