DRIVING PERFORMANCE V8 ENGINE & 10AT

走りのリズムを創る10速ATと 官能のエンジンサウンド

伸び感とレスポンスが際立つV8 5.0Lエンジン

どこまでも加速していくような気持ちの良い伸び感。自然吸気ならではのレスポンス。LC500に搭載したエンジンユニットは、チタン製吸排気バルブや鍛造クランクシャフトなどの軽量化により、トップエンドまで気持ち良く伸び続けるトルク感とレスポンスを際立たせました。また、吸気系のデュアルインテーク化による吸気圧損の低減と、排気切替バルブによる背圧の低減により、エンジン性能を向上しています。

燃料消費率は定められた試験条件のもとでの値です。お客さまの使用環境 (気象、渋滞等) や運転方法 (急発進、エアコン使用等) に応じて燃料消費率は異なります。










切れの良い変速で走りのリズムを生み出す新開発Direct Shift-10AT

アクセル操作に即応するダイレクト感とスムーズな発進を両立するトルクコンバーター式ATを採用。発進時を除くほぼ全域でロックアップを作動させ、MT車のようなダイレクトな動力伝達を実現しています。10速化によるクロスステップと世界最速レベルの変速が作り出す走りのリズムに加えて、ドライバー意図を読み取って最適なギヤ段を選択する変速制御により、Dレンジで思いのままの気持ち良い走りを楽しむことができます。また、10速のハイギヤ化によりエンジン回転数を低く抑え、低燃費で静かな高速クルージングを実現しています。

  • 2017年3月現在。トヨタ自動車調べ。

走りと同調した響きを奏でるエンジンサウンド

発進時や低速走行からの加速で、力強い押し出し感を後方から響かせるエキゾーストシステムは、排気バルブの開閉により流路切り替えを行い、排気音色と音圧をコントロール。バルブオープン時は排気をテールパイプへ流し、迫力のサウンドを奏で、バルブクローズ時は排気をマフラーで消音し、こもり音のない静粛性を実現します。
加速時のエンジンサウンドは、雑味のある低周波を抑えると同時に、躍動感を感じさせる3つの高周波音のハーモニーを響かせます。
これによってエンジン回転数の変化とサウンドが渾然一体となり、走りとシンクロした高揚感溢れるサウンドを提供します。