DRIVING PERFORMANCE PACKAGING

走りの基本に立ち返り、追求した慣性諸元

FRらしい走りを創出するフロントミッドシップレイアウト

「鋭く優雅」な走りの実現のためにFRプラットフォームを新たに開発し、慣性諸元を突き詰めました。慣性諸元とは、重量物の配置により決まる重量配分や慣性モーメントのことで、車両の運動性能を向上させる重要なファクター。LCはその基本となるパッケージにフロントミッドシップレイアウトを採用し、タイヤの四隅配置、前後ショートオーバーハング、補機バッテリーのラゲージルーム配置など、重量配分と慣性モーメントを最適化しました。旋回時や減速・加速時において、自然で滑らかな車両挙動を実現しています。

すぐれた操縦安定性を生み出す低い重心高

クルマは重心が低いほど旋回時に発生するロールが小さくなり、姿勢変化に無駄のないスムーズなコーナリングが可能になります。LCは低重心化を図り、フロントミッドシップレイアウトの採用に加えて、エンジンユニットの低配置によりフロントフード、カウル、ルーフそれぞれの高さを低減して車両全高をローダウン。さらに、アッパーボディに軽量化素材のCFRP*1やアルミニウムを使用したほか、ドライバーのヒップポイントを車両重心高よりも低い位置に設定。低重心パッケージを徹底して追求し、すぐれた操縦安定性を生み出しています。

クルマとの一体感を生み出すドライビングポジション

ドライビングポジションは、低配置化に加えて、車両の前後重心点とドライバーのヒップポイントの距離を近づけた「近接配置」としました。ドライバーとクルマの旋回中心がほぼ一致することで、クルマとの一体感を味わうことができます。このように慣性諸元を徹底して突き詰めたパッケージにより、減速・旋回・加速といったコーナーを走り抜けていく一連の動きにおいて、操作に対する応答性の良さと、スムーズで穏やかな姿勢変化を実現。ドライバーとクルマが一体となり、リズミカルなドライビングを楽しむことができます。

*1.
CFRP: Carbon Fiber Reinforced Plastics (炭素繊維強化プラスチック)
*2.
LC500h “S package” / LC500h、LC500 “S package” / LC500に標準装備。
装備類の詳しい設定につきましては、主要装備一覧表でご確認ください。