インテリア オープンエアドライビング

ドライビングを心ゆくまで堪能する空間

「インテリアもエクステリア
である」
と考えた内装デザイン

フロントシートの肩口にはキルティングとパーフォレーションをあしらい、さらに金属と革を調和させたベルトガイドを。ヘッドレストにはブランドをさりげなく主張するLマークのエンボスを。そしてシート背面のウォークインレバーには金属調の縁取りを施すなど、「インテリアもエクステリアである」というコンセプトのもと、コンバーチブルならではのディテールを作り込んでいます。





インテリアとエクステリアがゆるやかに溶け合うコンバーチブル

緻密に色彩設計を施したインテリアカラー / ボディカラー / ソフトトップルーフカラーのコーディネート。
インテリアカラーと同色にした室内天井、フロントピラー、ドアトリムが、ルーフクローズ時には室内を統一感あるラグジュアリーさで包み込み、オープン時にはアクセントカラーとなってインテリアの非日常感を引き立たせます。ルーフを開いても閉じても、どんなシーンにおいても、人の目を惹きつけることをめざしたデザインです。















ルーフオープン時に
顔まわりの風を抑える
ウインドディフレクター /
ウインドスクリーン

季節を問わず快適なオープン走行を楽しめるように、ルーフオープン時の風流れを徹底的に研究。車内への巻き込み風をコントロールし、快適性を確保するためのアイテムを設定しました。

ウインドディフレクター

主に60km/hまでの街乗りシーンで快適性に貢献。車内への巻き込み風を後席の下方向へコントロールし、乗員の顔まわりに来る風を約20%低減 (60km/h走行時) します。

“Convertible”に標準装備






ウインドスクリーン

主に高速走行シーンで快適性に貢献。車内への巻き込み風を抑制し、乗員の顔まわりに来る風を約70%低減 (100km/h走行時) します。また、後方視認性や風切音にも配慮したメッシュパターンを採用しています。

Convertibleにディーラーオプション
ウインドスクリーン装着時は2名乗車となります。
フロントシートを後方に倒しても干渉しない位置に設置しています。
ウインドスクリーンを装着したままでもルーフは開閉可能です。


先進の空調システムでもてなすレクサス クライメイト
コンシェルジュ

オートエアコンと連動して、シートヒーター、シートベンチレーション、ステアリングヒーター、そしてLC500 Convertibleではネックヒーターも合わせて緻密に自動制御し、一人ひとりに最適な心地良さを提供します。また、シートの暖めすぎや冷やしすぎといった過度の働きを抑え、快適さを維持しながら省燃費を実現。あらかじめ好みの状態に設定しておくことで、一切の操作を行うことなく、つねに快適な状態を保ちます。
また、LC500 Convertibleには、ルーフの開閉に応じた空調制御を採用。ルーフの開閉を判定し、状態に応じてエアコン制御を自動的に切り替え。日射、外気温、車速等に応じて冷房・暖房の強さや風量を自動調整します。

「ネックヒーター」「ルーフの開閉に応じた空調制御」はLC500 Convertibleに標準装備。なお、レクサスクライメイトコンシェルジュは全車標準装備となります。


装備類の詳しい設定につきましては、主要装備一覧表でご確認ください。
走行シーンの写真の一部は合成です。
室内写真の計器盤は機能説明のために各ランプを点灯させたものです。実際の走行状態を示すものではありません。
ナビゲーション画面および一部のディスプレイは合成です。
装備および機能紹介の写真の一部はイメージです。
バージョンおよびシートマテリアルにより、シート各部の素材や色が異なります。詳しくはレクサス販売店におたずねください。