SAFETY LEXUS SAFETY SYSTEM+

レクサスの予防安全パッケージ

写真は前面衝突試験後に内装部品の一部を組み替えた試作車です。試験直後の状態を表すものではありません。
Lexus Safety System+

統合安全コンセプト

安全の第一歩となるメンテナンスから、事故低減に寄与する予防安全、事故が起きた際の被害を軽減する衝突安全、そして事故後の迅速で的確な救護支援まで。「統合安全コンセプト」は、レクサスがめざす安全に対する考え方であり、車両に搭載されるさまざまな安全システムを独立して機能させるのではなく、連携を図り、高度な安全性を追求していくというものです。LCは、新開発のプラットフォームでキャビン骨格に高強度の部材を採用するとともに、衝突エネルギーを効果的に吸収する構造により、すぐれた衝突安全性を実現しました。また、予防安全パッケージ「Lexus Safety System+」を搭載。レクサスの複数の予防安全機能を組み合わせ、多面的な安全運転支援を可能にしています。

人・クルマ・交通環境の「三位一体の取り組み」とともに、実際の事故から学び、改善を繰り返す「実安全の追求」の推進から生まれた予防安全システムが「Lexus Safety System+」です。2種類のセンサー (ミリ波レーダーと単眼カメラ) による高い認識性能と信頼性、事故低減効果の高い予防安全装備のパッケージ化、そして、世界トップレベルの歩行者検知機能付衝突回避支援を実現しながら、これまで取り組んできた安全システムの連携を進化させました。この革新的な予防安全システムにより、レクサスは、皆さまに高い安心感をご提供します。

プリクラッシュセーフティシステム (歩行者検知機能付衝突回避支援タイプ)

進路上の車両や歩行者をミリ波レーダーと単眼カメラで検出し、衝突する可能性が高いと判断した場合に警報やブレーキの制御により衝突回避、あるいは衝突被害の軽減を支援します。万が一、車両や歩行者と衝突しそうな場面に遭遇した場合には、警報の後、ドライバーがブレーキを踏むと、プリクラッシュブレーキアシストがブレーキ力を強力にアシストし、ドライバーの回避行動をサポートします。また、仮にドライバーがブレーキを踏めなかった場合でも、プリクラッシュブレーキが作動します。例えば停止車両に対し自車の速度が約40km/hの場合は、約40km/h減速し、衝突回避または被害軽減を支援。また、例えば歩行者との速度差が約30km/hの場合には、約30km/h減速し、衝突回避または被害軽減を支援します。

プリクラッシュブレーキは、対車両の場合は自車速度約10km/h以上、対歩行者の場合は自車速度約10km/h~80km/hで作動します。また、道路状況、車両状態、天候状態およびドライバーの操作状態等によっては、作動しない場合があります。詳しくはレクサス販売店におたずねください。プリクラッシュセーフティシステムはあくまで運転を支援する機能です。本機能を過信せず、必ずドライバーが責任を持って運転してください。数値は社内測定値。
車線逸脱警報機能
車両が車線から逸脱する可能性がある場合に、マルチインフォメーションディスプレイ、カラーヘッドアップディスプレイ (メーカーオプション) の表示および警報ブザーにより注意を促します。
車線逸脱抑制機能
車両が車線から逸脱する可能性がある場合に、短時間、小さな操舵力をステアリングに与えて、車線からの逸脱を避けるのに必要なステアリング操作の一部を支援します。
車線維持支援機能
レーダークルーズコントロールと連携し、現在の車線内を走行するために必要なステアリング操作の一部をシステムが支援します。
レーダークルーズコントロール作動時に車線維持支援機能を作動させるか否かは、カスタマイズ機能の「センタートレース」で設定変更できます。
ステアリングから手を離すと作動を停止します。
ふらつき警報機能
車両がふらついて走行している時、または車線から何度もはみ出しそうになった場合に、警報ブザーおよびマルチインフォメーションディスプレイの表示により注意を促します。

車線キープをサポートするレーンキーピングアシスト[LKA*1*2*3

高速道路や自動車専用道路を走行中に、車線から逸脱する可能性を警告したり、車線からの逸脱を避けるためのステアリング操作を支援します。また、レーダークルーズコントロール (全車速追従機能付) の作動中は、車線維持に必要なステアリング操作支援も行います。

道路状況、車両状態および天候状態等によっては、ご使用になれない場合があります。また、レーンキーピングアシスト[LKA]は車線内自動走行を実現したものではありません。必ずドライバーご自身でステアリング操作を行ってください。詳しくはレクサス販売店におたずねください。














ロー・ハイビームを自動で切り替えるオートマチックハイビーム[AHB*4*5

夜間走行時に、周囲の明かりの状況によりハイビームで走行可能と判断した場合、ロービームをハイビームに自動的に切り替え、前方視界確保をアシスト。先行車や対向車などを検出するとハイビームからロービームへ切り替え、ドライバーの切り替え忘れを防ぐとともに手動操作の煩わしさを軽減。スイッチ操作でオフにすることもできます。




車間距離を保ちながら追従走行するレーダークルーズコントロール (全車速追従機能付)*6

ミリ波レーダーと単眼カメラで先行車を認識し、設定した車間距離を保ちながら追従走行を支援します。先行車が停止した時は自車も停止して停止状態を保持、先行車が発進した時はドライバー操作により発進し、追従走行を再開します。高速道路の渋滞走行時など、停止・発進を繰り返すシーンで、ドライバーの運転負荷を大幅に軽減します。

道路状況、車両状態および天候状態等によっては、ご使用になれない場合があります。詳しくはレクサス販売店におたずねください。

















Lexus Safety System +を安全にお使いいただく上での留意事項説明

Lexus Safety System+は予防安全パッケージです。
ご契約に際し、Lexus Safety System+およびその各システムを安全にお使いいただくための留意事項についてご説明いたします。

ご使用になる際のお客さまへのお願い
運転者には安全運転の義務があります。運転者は各システムを過信せず、つねに自らの責任で周囲の状況を把握し、ご自身の操作で安全を確保してください。
各システムに頼ったり、安全を委ねる運転をすると思わぬ事故につながり、重大な傷害におよぶか最悪の場合は死亡につながるおそれがあります。
ご使用の前には、あらかじめ取扱説明書で各システムの特徴・操作方法を必ずご確認ください。
*1.
LKA: Lane Keeping Assist
*2.
ステアリングをしっかり握っていない状態での運転が続くと、一部の機能は一時的に解除されます。車線維持支援機能以外は50km/h未満で解除されます。
*3.
通常のLexus Safety System+の標準装備はレーンディパーチャーアラート[LDA]となりますが、LCは全車レーンキーピングアシスト[LKA]となります。
*4.
AHB: Automatic High Beam
*5.
ロー・ハイビームの切り替え自動制御には状況により限界があります。運転時はつねに周囲の状況に注意し、必要に応じて手動で切り替えるなど、安全運転を心がけてください。
*6.
車間距離制御には状況により限界があります。装置を過信せず、安全運転をお願いします。
Lexus Safety System+